『蜥蜴の尻尾切り ~切れないしっぽ~』

『蜥蜴の尻尾切り ~切れないしっぽ~』

『蜥蜴の尻尾切り ~切れないしっぽ~』は、
2016年にWIN用として、CYCLETから発売されました。

シンプルだけれども、
だからこそ心打たれる物語というところでしょうか。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
「切り離した尻尾を……取り戻したんだ」
「猪上 秀(いのうえ しゅう)」は、
駅のホームで悲しい表情をした少女を見つける。
他人と思っていた少女は、
実は他人と思い込もうとしていた少女で、
少女が何者にも変えがたい存在だと気づいた時には、
すでに駆け出していた。
秀はすべての力をふり絞って走り、
少女が線路に飛び込む直前に、その手を掴みとった。
そして秀は、少女の口に舌を入れる。
それは切り離した尻尾である少女
「城戸崎 荊(きどざき いばら)」を
取り戻すと同時に、
運命をともにすることを決意した瞬間だった。

<感想>


本作は、『蜥蜴の尻尾切り』のFDの一種であり、
アナザールートのようなものですね。
本編をプレイせず、本作だけをプレイしても、
特にストーリーが分からなくなることとかはありません。
そのため、本作からのプレイでも、大きな支障はないです。
もっとも、本編をプレイしていると、
よりキャラクターへの理解度が深まります。
特に本作は短編であることから、
本編をプレイした方がより楽しめるのは、間違いないでしょう。

さて、肝心の本作の中身なのですが、
本作は秀と荊の二人の純愛になります。
病魔に侵された荊と、
彼女を想い、やがて一緒の病に感染しながらも、
性行為を続ける秀。
次第に皮膚は爛れていくことから、
画像的には見栄えは良くありません。
人によっては、グロゲーに見えることでしょう。
(まぁ、グロってのは、ある意味、
とてもサイクらしいのですが。)
しかし、次第に腐り朽ちていくのだとしても、
二人の関係はまさしく純愛なのです。
間もなく訪れる死までの、短い間ではあるものの、
二人はお互いの尻尾を守ったのであり、
それがサブタイトルに表れているといえるのでしょう。

本作は二人の関係だけを描いたシンプルな作品ですが、
それだけに、ストレートに伝わってくるのであり、
本編が好きな人ほど心を打たれるのだと思います。

というわけで、良い話だとは思うのですが、
題材的には珍しいわけでもなく、
意外性はなかったのかなと。
まぁ、皮膚が爛れていく中でHが繰り返されており、
実用性という観点からは疑問が残るものの、
そのCGにより迫力が増し、
よりストーリーの重みが増してくるわけでして。
その辺は、エロゲらしくて良かったのかなと思います。

<総合>


総合では佳作としておきます。

個人的には、シンプルで意外性のない短編ということで、
あまり楽しみ切れなかった作品でした。
それもあり、評価は辛めになっていますが、
はまる人ははまるだけの魅力も持った作品だと思いますので、
いわゆるシナリオゲーが好きな人で、
死生観とか、そういう題材が好きな人とかには、
おすすめできる作品だと思いますね。

ランク:C-(佳作)



関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


捻くれモノの学園青春物語   イブニクル2    きゃんきゃんバニープルミエール3
カテゴリ「2016」内の前後の記事

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3366-1dfc60fe
| ホームへ戻る |