『魔法少女アイ2』

『魔法少女アイ2』

『魔法少女アイ2』は2002年にWIN用として、
colorsから発売されました。

前年に発売された初代の続きになる作品ですね。



<概要>


あの事件から数年。
浪人生の秋俊は、都会に出てきて予備校通いをしていた。
何か大事なことを忘れてしまったような気がしていて、
モヤモヤとした毎日を送っている。そのため成績も今ひとつ。
そんなある日、秋俊は予備校からの帰り道で
化け物と戦う奇妙な格好をした少女を目撃する。
その光景にデジャヴを感じ、立ちつくす秋俊。
そうこうするうちに化け物を倒した少女は、
秋俊が居ることに気付いて驚いた。
戦いに際し、
人間が入って来れないよう周囲に結界を張っていたからだ。
さらには記憶操作の魔法も効かない秋俊に対して、
少女「リン」のとった行動は意外なものだった。
秋俊と同居するというのだ。
こうして、秋俊とリンの奇妙な共同生活が始まった――。

<感想>


変身ヒロインとか魔法少女モノが少し増えていた時期があって、
その後期辺りに位置する作品でしたかね。
大きくブームというわけでもなかったし、
自分が特に好きというジャンルでもなかったので、
今となっては少し記憶が曖昧なのですが、
2000年頃くらいから数年ほど、
何か増えていったな~って時期があったものですから。

本作は、魔法少女ものであると同時に、
触手に特化した作品とも言えまして。
Hシーンも触手を用いたものが大半になります。
触手ゲーはPC98時代には良い作品も多かったのですが、
WIN時代に入ると下火になりまして。
あまりまともな作品がないような時代が数年ほど続きました。
その中で出てきたのが本作なわけで、
触手好きには待望の作品と言えるのでしょう。

本作は、Hシーンも長くなり、
エロ重視な人でも満足な出来になり、
それでいてストーリーにも力を入れた作品でもありました。
つまり、特化によりエロだけに興味がある人はもちろんのこと、
エロ重視とはいえ最低限のストーリー性は欲しいという人でも、
満足しうる出来になっていたわけですね。
続編とかが散々だったので、今はアレですが、
この手の作品が好きならば、
熱烈なファンが生まれるのも分かる作品といえるのでしょう。

ただ、まぁ、少し気になる部分というのもありまして。
本作は前作の続きであり、
魅力的なヒロインがいるにもかかわらず、
主人公は既に恋人ありで、しかも本作は実質的に1本道です。
最近はヒロインごとの個別ルートがないと煩い人もいるので、
そういう人には向いていない作品ではあります。
前作をやっていれば、その辺は気にならないので、
前作をやるべきとも思えるのですが、
ライターが変わったことにより、前作ファンだと、
少し違和感を抱くおそれもあります。
なんというか、前作ファン向けとも新規ユーザー向けとも、
どちらとも言い切れないような、
微妙な立ち位置の作品なのです。

また、シリーズものの2作目であることに加え、
触手特化でHシーンに幅がないとか、
キャラも某アニメを彷彿とさせるとか、
プレイしていて既視感を伴うことが多く、
新鮮味をあまり感じられない作品でもありました。
私の場合は、ここが大きかったです。

<総合>


特定の属性の人を満足させるだけの魅力は十分にあり、
基本的にはよくできた作品だと思います。
なので、当該属性を重視する人が良作以上と判断するならば、
それは十分に納得できるように思います。
ただ、その一方で、やや単調に感じてしまうこと、
微妙な立ち位置から来る違和感を払拭できなかったことから、
個人的にはその後に興味を持てなくなった作品でもありました。

ランク:C(佳作)



DL版


関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


消えた世界と月と少女   少女グラフィティ    少女と年の差、ふたまわり。
カテゴリ「2002」内の前後の記事

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3365-af9b5fbc
| ホームへ戻る |