『SeaBed』

『SeaBed』

『SeaBed』は2016年にWIN用として、
paleontologyから発売されました。

雰囲気の良い、百合ミステリーでしたね。

SeaBed

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
過ぎ行く時はとてつもなく深い海の底に沈み続けている。
ときに浮かぶあの日の景色と匂いは揺れて泡のように消える。
心療クリニックの精神科医楢崎は、
人がものを忘れる仕組みについて研究していた。
人はなぜ忘れるのか、大事なことを忘れない方法はあるのか。
彼女はある患者の心の奥深くを探るうちに、
深い深い海の底へと辿り着く。
都内に事務所を構えるデザイナー佐知子は、
取り憑かれたようにものを作り続ける。
同僚の心配も他所に、仕事を続けた彼女は
心を病み過去の恋人の幻が見えるようになる。
彼女は恋人の跡を追って暗く長いトンネルを見つける。
療養所で暮らしている貴呼は、
幼稚園からずっと一緒だった同性の恋人と
どのように別れたのか思い出せない。
彼女は恋人に似た女性と出会い、
徐々に思い出を取り戻していく。
記憶の扉を開き続けていく彼女は、
最後に冷たく静かな部屋へと足を踏み入れる。
それぞれの目的の元、
過去を求めさまよう三人が行きつく場所は何処か。
三つの物語は淡々とした日々の中で静かに進行し、
やがて同じ場所へと還っていく

<感想>


本作のストーリー上のジャンルとしては、
百合+ミステリーになります。
それにちょっとした旅行記的な要素が加わった感じですね。
これらが組み合わさった物だけでも数が少ないことから、
多くの人が新鮮な気持ちで楽しむことができるでしょう。

ただ、上記の要素が組み合わさったことで、
本作ならではの魅力が生み出されたことも確かなのですが、
様々な点で惜しさも残る作品だったのかなと。

まず本作の魅力の一つは、百合にあります。
百合といっても、典型的な商業百合ではないので、
そういうのを求めると、少し地味に見えるかもしれません。
どういうことかと言いますと、本作の場合は、
主人公ら2人の23年間を描いた作品であり、
二人が二人でいることが極めて自然なのです。
そういう、二人がいて当たり前な自然さが魅力なのであり、
人によっては究極の百合の形ではあるのだけれど、
最近の百合ゲーや漫画にあるような典型的なものを求めると、
少し違うと思われてしまうわけですね。
その点の注意は必要なのですが、
ライターの描写力や、個々のエピソードから考えると、
二人の積み重ねた年月を順に描いただけでも、
おそらく良い百合作品になっていたことでしょう。
しかし本作では、そこにミステリー要素が混ざり、
時系列が分かりにくくなったことで、
単純な百合としての魅力が発揮しきれなかったと。
また、ミステリー要素にしても、ラストが曖昧なので、
ミステリーにラストの爽快さを求めると、
そっち方面でもすっきりしない可能性があります。
つまり、百合単体で製作していれば、
ピンク色の80くらいの強さになれたのに、
ミステリー色等が混ざったことで、
紫色に変化して、でも強さは80のままみたいな、
いろいろ混ざって方向性は変われど、
面白さ自体には変化がないみたいな印象なのです。
全体としての面白さは変わらないのかもしれませんが、
百合なら百合、ミステリーならミステリーで、
何か特定の部分を求め、その点だけを追求するなら、
もっと面白くなれたのではという疑問も出てくるわけですね。

それと、本作はラノベ1本分の値段です。
その値段で、ラノベ1本分以上のテキスト量があり、
もちろん十分な面白さを有しつつ、
グラフィックやサウンドが加わるわけですからね。
しかも、CG枚数は、ミドルプライスの作品くらいありますし。
したがって、何よりもコスパを重視するのであれば、
本作は十分に、名作と言うに値するといえるでしょう。

ただ、個人的には、引っかかるところもありまして。
本作は、画面全体にテキストが表示される、
いわゆるビジュアルノベルになります。
しかも、CGの表示にあたり、特に配慮もなされていません。
そのため、せっかくのCGがあまり活かせておらず、
魅力を存分に発揮しきれなかったように思います。

<総合>


ストーリー構成にしろ、グラフィックにしろ、
良い部分も十分にあるのですが、
もう少し他の方法もなかったのかなと、
もやっとした何かひっかかる部分もありまして。
よって、総合では良作とします。

もっとも、上記のとおり、非常にコスパの良い作品です。
この手のジャンルが好きならば、
少なくとも買って元の取れる作品ですので、
おすすめだと思いますね。

ランク:B(良作)

SeaBed

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


消えた世界と月と少女   少女グラフィティ    少女と年の差、ふたまわり。
カテゴリ「2016」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3364-c753accc
| ホームへ戻る |