『古書店街の橋姫』

『古書店街の橋姫』

『古書店街の橋姫』は、2016年にWIN用として、
ADELTAから発売されました。

これが同人なのかと思うくらい、
総合力はとても高い作品でしたね。

古書店街の橋姫

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
大正十一年六月 梅雨の神保町
会津から上京してきた玉森は、帝大合格を目指す浪人生。
しかし底知れない空想癖とだらしない性格が災いし、
たった二年で下宿先に見限られてしまう。
とある縁で古書店・梅鉢堂に
住み込みで働くことになった玉森は、
同郷の親友らに甘えながらも
浪人生という猶予期間を謳歌していた。
そんな中、頼りにしていた親友の相次ぐ自殺と怪死。
雨の降る三日間をなぜか繰り返していることに気づいた玉森は、
彼らを掬うため神保町を奔走する。
何が現実で、何が幻覚なのか。
友人の死の謎を追う、ポップオカルトな大正ミステリー

<感想>


2500円くらいでこれをやられてしまったら、
フルプライスのエロゲはもうどうしようもないよなと、
そう思ってしまうような作品でした。

そう思ってしまった主な理由は、
グラフィックの力によるものだと思いますが、
他のノベルゲーにはないような、
独特の雰囲気を作ることにも成功していますし、
サウンドやボリュームなど他の要素も、
フルプライス作品と同等以上ですし、
総合力としては、かなり高いレベルにある作品だといえます。

だからもし私が、男性向けゲームをせず、
女性向けゲームしか知らなかったとすれば、
本作を絶賛していたかもしれませんし、
そのくらいのレベルの作品ではあると思います。

ただ、唯一気になったのがストーリーでして。
なんていうか本作は、
ゼロ年代前半によく見かけたようなタイプの作品であり、
その頃の男性向けノベルゲーをやっていた人だと、
あまり新鮮味は感じられないのかなと思います。

<総合>


総合では良作としておきます。

ストーリーが思ったほどでなかったことから、
どうしても辛めの評価となってしまいましたが、
作品全体から感得できる世界観や完成度には、
一見の価値があるとは思いますね。

ランク:B-(良作)

古書店街の橋姫

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


捻くれモノの学園青春物語   イブニクル2    きゃんきゃんバニープルミエール3
カテゴリ「2016」内の前後の記事

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3363-7f56eac3
| ホームへ戻る |