『さくら、咲きました。』

『さくら、咲きました。』

『さくら、咲きました。』は2012年にWIN用として、
SORAHANEから発売されました。

『AQUA』に続く、ブランド第2弾になります。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
『臨時ニュースをお伝えします。
今日も桜が満開でしょう――』
テレビから流れる、いつもと変わらないニュース。
春という名前の時間が、今日も流れていた。
「さーくん。部活、なくなっちゃったんだっけ?」
昨日、2238年度の始業式と入学式が行われた。
そして、部活始業の日でもあった。
「なんかよくわかんねーけど……廃部になってた」
田舎町の学校の水泳部だからって、あんまりな扱いだ。
「だったら、生活部に入らない?楽しいよ!」
つばめの表情は、この時を待ってました!と、
いわんばかりの笑顔だった。
「めーは、いつも生活部のことを話するけどさ。
一体、どんな部活なんだ?」
「うーんと、簡単に説明すると……生きる活力を探求する、
楽しい部のことだよ!」
まったく訳がわからなかった。
「わたしたちってさ、トコシエだよね。
だから、とことん楽しく生きなきゃダメなんだよ」
老化のない世界、トコシエの世界。
永久にこの命が続くんだから、それはきっと……
「楽しくかぁ、そうかもしれないな」
「そうかもしれない……じゃなくて、そーなんだよっ!」
俺たちはまだ、生まれたばかりなのかもしれない。
この長い長い、命の中で。
「めー、時計見ろ!ぼやっとしてたら、もう時間だぞ!」
「本当だっ、もうこんな時間!おかあさん、行ってきます!」
「めー、待て!俺をおいてくなっ!」
この永遠にも似た春の中で、この咲き誇る桜の下で。
俺たちは春をする――

<感想>


ブランド2作目ですね。
デビュー作である『AQUA』が、
とても良い作品だったことから、
それで本作に興味を持った人も多かったかと思いますし、
実際、私もその中の一人でした。

本作をパッと見て、最初に思ったことは、
背景が綺麗だなということでした。
ヒロインも十分可愛いのですが、
それ以上に背景が綺麗なことは印象的でした。

本作には、上記のグラフィック以外にも良い点はあり、
その最たるものがシステムなのでしょう。
特にシナリオプレーヤーは、本当に便利なシステムです。
まぁ時間のある学生とかには、
あまり必要がないかもしれませんが、
社会人とかには本当にありがたいので、
他所の作品にも標準化してほしいくらいです。

それにしても・・・
少し余談になってしまいますが、
『AQUA』及び本作では、演出も優れていましたし、
シナリオプレーヤーをはじめとして、
システム面が大きな強みでもあったわけでして。
それだけに、本作の後に出た『はるかかなた』には、
一体何が起きたのかと思ってしまいましたよ。
例えば、システム部分が弱いブランドが、
システムに関し外部のソフトを利用するというのであれば、
まだ話は分かります。
しかしこのブランドは、その部分が長所なわけですから、
外部のソフトを使用する意味がないと思うのです。
絶対的な強みであったシナリオプレーヤーを捨てて、
外部のソフトを使用して、
その結果がバグまみれなわけですから、
全く意味が分かりませんよね。

というわけで、結果的には、
シナリオプレーヤーを搭載した作品も、
現時点ではこの作品が最後となります。

システム及びグラフィックが良いということで、
残るはストーリーとなるのですが、
問題はこの部分なのでしょう。
本作はSF要素の混ざった、
死生観を扱った作品になります。
それなりには面白いのですが、
話の規模が大きいわりに、設定とか少し大雑把であり、
作り込みが甘かったように思います。
このブランドの作品は、序盤はスローに進みつつ、
終盤で盛り上がっていきます。
『AQUA』の時も、序盤とかはスローでしたが、
それ以上に終盤が盛り上がり、
粗とかもいろいろあったはずなのに、
勢いで一気にもっていかれた感がありました。
本作も悪くはないのですが、端的に言うと、
前作ほどの勢いがなかったということなのでしょう。

<総合>


総合ではギリギリ良作としておきます。
前作ほどでないにしても、十分楽しかったですからね。

それにしても・・・
シナリオプレーヤーは標準化して欲しかっただけに、
この作品で止まってしまったことは、
今となっては非常に残念ですね。

ランク:B-(良作)

AMAZON


駿河屋


DL版


関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


美少女万華鏡 -理と迷宮の少女-  Root Film   Summer Pockets REFLECTION BLUE
カテゴリ「2012」内の前後の記事

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3360-1143da30
| ホームへ戻る |