『僕が天使になった理由』

『僕が天使になった理由』

『僕が天使になった理由』は、2013年にWIN用として、
OVERDRIVEから発売されました。

ボーカル曲が9曲あるだけでも凄いですが、
一枚絵の質やストーリーなど、見どころの多い作品でしたね。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
山と海に囲まれた異国情緒豊かな港町、伊乃郷市。
山頂の教会が見守るこの街で、少年と少女は出会った。
少年の名は桐ノ小島巴。恋も幸せも信じず、孤独を貫く少年。
少女の名はアイネ。愛を唄い、
幸せをもたらす為に生れた……天使。
桐ノ小島巴の人生は、他人の目にはおそらく
とてもつまらないものに見えていただろう。
友達は作らない、彼女なんてもちろんいない。
趣味らしい趣味もない。
寝て起きて登校して帰って寝る。
ただただ平凡なルーチンを繰り返すだけの日々。
そんな彼の平穏な生活は天使の登場によって終りを告げた。
「天使」。人々の恋の護り手。
「赤い糸」を紡ぎ、奏でる者。
目の前を通り過ぎていく「恋」という現象に込められた
様々な思い、そして様々な幸せの形。
それは、幸せというものの本当の意味を探す旅。
そしてその果てに、彼は歩み続けた理由を見つけ出す。

<グラフィック・サウンド>


今回は、ゲームのメインではない部分から入りますが、
まず本作には、ボーカル曲が9曲あります。
このブランドらしいといえばらしいのですが、
数の多さは業界の中でもトップクラスでしょうね。
この点だけで高評価ってなる人は稀でしょうけれど、
キャラごとに合った歌が流れると、
感動等もより一層増してきますからね。
本作が好きな人には、
更なる加点要素にはなるでしょう。

主題歌の数という情報は事前に得ていたので、
特に驚きでもなかったのですが、
プレイし始めて良い意味で裏切られたのがグラフィックでした。
本作は、立ち絵は普通なんですよね。
しかし、本作の場合は、一枚絵が非常に良かったのです。
きちんとシーンの大事な場面を切り取り、
描けているんですよね。
ワイド画面が標準化されて以降、
私は特に一枚絵の質に不満を持つようになりました。
ここ最近はマシなものが増え始めてきましたが、
本作発売時は酷いものが多かったです。
そういう相対的なものも含めると、
本作のグラフィックは更に好印象となります。

余談ですが、本作は背景も綺麗なのですが、
その背景が長崎の街並みをモデルにしていまして。
長崎に詳しい人、長崎に思い入れのある人ほど、
おぉ~あの景色だよと、楽しめるのではないでしょうか。
私自身、短期間ではありますが、
長崎にいたこともあるものですから、
何だかとても懐かしくなってきました。

<ストーリー・キャラ>


さて、本作では、主人公の下にある日、
天使のアイネがやってきます。
主人公はすぐに帰ってもらいたかったのですが、
アイネは持っていたギターの弦が切れてしまい、
帰るに帰れない状況になってしまいます。
その弦は縁を結ぶ赤い糸でできており、
他人の恋愛を成就させると糸が復活することから、
主人公はアイネに早く出て行ってもらうために、
手伝う羽目になります。
そのため本作では、他のカップルのシナリオが、
一話完結方式で6本ほどあり、
その後に各ヒロインのルートがあります。

本作は、おそらく現在の一般的な評価では、
あまり高得点にはなりにくいタイプなのでしょう。
というのも、本作には、様々な要素が含まれているからです。
本作は、基本的には鬱ゲーに属するような、
鬱な展開や重い展開が多いです。
また上記のように、本作には複数のカップルが登場するところ、
その中には男性同士、つまりはBLな内容もありますし、
カップルの女性の中には、陵辱されてしまう子もいる、
つまり不意打ちNTRもあるのです。
一つ一つの要素は、それほど濃いというわけでもないのですが、
人によっては含まれているだけで地雷となりそうな、
好き嫌いの分かれそうな要素が幅広く含まれていますので、
これは全然平気だけれど、あれはダメというように、
何かしらで引っかかってしまう人は、
現在のエロゲのユーザー層から考えると、
それなりに出てくると思います。

もちろん、私のような雑食性で、
何でも大丈夫というのであれば、
逆にプラス要因にもなりうるのですけどね。

更には、エンディングもしっかりと筋が通っているので、
ストーリーとしては良い終わり方なのですが、
いわゆるハッピーエンドとも違うわけでして。
ご都合主義でも良いから、幸せなハッピーをと考える人には、
この作品は合わないのでしょう。

というわけで、何だかずいぶん人を選ぶようにも思いますが、
恋愛というテーマのもと、
各カップルのストーリーが一話完結方式で描かれるので、
読んでいてメリハリがありますし、
最後までだれずに読むことができました。
最初は主人公とは直接関係のない、
他人の恋愛ばかりが描かれるわけですが、それが次第に、
他人に関心を持たない主人公に影響を与えていき、
最後はしっかりと主人公自身の物語として終わるわけでして。
そして最後まで全て読み終えたときに、
本作のタイトルの意味が分かると。
いかにもなハッピーエンドでないので、
終わった後に爽快感とかはないかもしれないけれど、
タイトルを見て、なるほどねとしっかり納得できるように、
上手くまとめてきたって感じですね。
合わない人はいるだろうなと思いつつも、
私はこれはこれで十分にありだと思います。

それから、キャラクターも好きなキャラが多かったですね。
そして大きかったのは、主人公の存在だと思います。
主人公は人付き合いが苦手で無気力な青年で、
エロゲでこの手の主人公だと、
本当にただウザいだけとなりかねないのですが、
本作の主人公には好感が持てました。
他人とのかかわりを極力避ける点も含めて、
その言動には意味があり、一貫性があることから、
終始ストーリーに安定感が生まれたのでしょうね。
主人公がぶれないから、ラストも納得できるわけで、
この主人公でなければ、
評価も大きく変わっていたかもしれません。

<総合>


総合では文句なしに名作といえるでしょう。

これだけいろいろ特徴があると、
傑作と言いたいところでもあるのですが、
ちょっとシステム周りが弱く、
ストレスを感じる部分もありましたので、
それで最初は、傑作にまでは及ばないかなとも思いました。
しかし、相対的には、ここ数年のフルプラゲーの中では、
他に該当しうる候補作もないこともふまえ、
ギリギリ傑作扱いで良いかと思っています。
まぁ、上記のとおり、人を選ぶ作品ではありますので、
好き嫌いの多い人に本作を薦める気は全くないですが、
ストーリー重視の作品が好きな人でありつつ、
だからといって文章だけにこだわるのではなく、
総合的に判断する人で、
なおかつ雑食性で何でもいけるという人には、
ぜひともプレイしてほしい作品ですね。

ランク:AA-(名作)

AMAZON


駿河屋


DL版


関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


缶詰少女ノ終末世界        母爛漫      クダンノフォークロア
カテゴリ「2013」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3356-4638b7a8
| ホームへ戻る |