『神愛 ~Shin ai~』

『神愛 ~Shin ai~』

『神愛 ~Shin ai~』は2002年にWIN用として、
Cycから発売されました。

BLゲーのライターとして有名な草香祭さんの、
貴重な男性向け作品ですね。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

商品紹介・・・
現実の世界と時代や文化の全く異なる3つの異世界を行き来して、
ヒロインたちと恋愛を成熟させるアドベンチャー。
ある日、見たこともない写真を手にすると、
その写真に写っていた場面へ転送されてしまい、
そこで出会ったヒロインたちと関わっていく。
異世界から現実へと戻されてしまうが、
異世界で出会ったヒロインと似た容姿の女の子と出会い、
親密になると新たな写真を手にする。
ストーリーの流れにあった写真を選んで
異世界でのイベントを出現させていくので、
現実界でのストーリーの運びがポイントとなる。
神の教えに翻弄する少女たちを救うのは神か、人か……。

<はじめに>


Cyc系列の作品は当時、
ゲームデザインの凝った作品が多かったです。
その観点からは、本作では、
単にマップ上から移動先を選ぶだけであり、
他にこれといった特徴もないことから、
一見すると地味に見えてしまいます。
そのため当初は、本作の存在を特に気にしておらず、
スルーしていました。

しかし、その後、別の作品をやったことにより、
この作品をやらねばと思うようになったわけです。
そういう私みたいな人、たぶん結構いるのではないでしょうか。
というのも、本作のシナリオライターの一人が、
草香祭さんだからです。

知らない人向けに捕捉すると、草香祭さんは、
本作までは男性向け作品のシナリオを書いていましたが、
翌年にはBLゲーの『薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク』を作り、
そこで注目度が一気に上がります。
その後にも『神学校』を作るなどして、
BLゲーのシナリオライターとしては、
第一人者的な存在でもあるわけでして。
そのライターの男性向け作品ですからね、
ストーリー重視の作品が好きな人ならば、
絶対に気になるはずなのです。

<感想>


さて、本作は、現実世界と、
異世界(古代日本・中世イスラム・中世西欧がモチーフ)とが、
交互に描かれる作品です。
具体的には、現代の主人公が写真を選ぶことにより、
夢の中で、選んだ異世界での話が進行します。
異世界には現代のヒロインとそっくりなヒロインがいて、
現実世界と異世界の両方で問題を解決していくことになります。

以上のように、異なる複数の世界観が描かれる作品であり、
その題材として宗教も扱っています。
ところで、ノベルゲーをやっていると、
時にライターの思想や主張が露骨に表れていて、
しかもその思想・主張が稚拙であるために、
プレイしていて辟易してしまうことも多々あります。
自分が年をとるほど、ライターの浅さに気付いてしまうようで、
何とも嫌なんですけどね。
例えば男性向けで某所で点数の高いノベルゲーをやってみると、
確かに中高生にはかっこいいと思われたり、
受けそうな思想だなとか思っても、だからこそ余計に、
自分は楽しめないということがあるんですよね。
本作の場合、題材が宗教なわけですから、
ライターの思想等がより出てきやすいともいえます。
だから、ライターの思想の押し付けが嫌な人は、
こういう題材の作品は避けがちでしょうし、
私も草香さんの作品でなければ、避けていたでしょう。
しかし、そうした心配は、本作では全くの杞憂に終わります。
各世界における宗教観がきちんと説明されつつも、
決して説教くさくならず、
ライターの思想を押し付けることもなく、
さすが草香さんと思わせるような、
実に上手い仕上がりとなっているのです。
だから骨太なストーリーを求める人には、
十分おすすめできる作品になっています。

また、背景で空の雲が動くなど、
この時期の作品としては凝ったところもありますので、
背景とか演出を重視する人も満足できるでしょう。

他方で、全体的に派手さがなく、とても地味な作品でして。
異世界のストーリーは良いとしても、
現実世界の方は異世界選びのための手段の面も強く、
システム面での兼ね合いもあり、
やや間延びした部分もありますしね。
そのため、キャラ萌えや、笑える日常シーンが好きな人には、
あまり向いていない作品だと思います。
ゲームデザインにも凝るブランドだけに、
もう一工夫欲しかったですね。

<総合>


総合では良作としておきます。

全体的に、良くできていた作品といえるでしょう。
2002年の中では、
少なくともストーリーに関しては最上位クラスだと思いますし。
ただ、上記のようにプレイ中に少し中弛みがあったこと、
派手さがないだけに、この中弛みがやや堪えたこと、
そして何より、草香さんの本領は、
BLゲーでこそ発揮されるのであり、
男性向けではその魅力が存分に発揮されていないこともあって、
名作には届かずといったところとなりました。

この市場は、男性ユーザーの方が多いでしょうし、
そうなるとBLゲーは、それだけでプレイしないという人も、
少なからずいると思います。
正直なところ、私自身もBLが好きなわけではないですからね。
でも、男性向けであれ、女性向けであれ、
シナリオが良いものは良いのです。
エロゲにシナリオを求めている人も結構いるわけですから、
そうであるならば、BLゲーだからとの理由だけで避けずに、
『神学校』とかもプレイしてもらいたいものです。
それで草香さんというライターに興味を持ったら、
草香さんの男性向け作品として、
本作や『ゴアスクリーミングショウ』に手を出してみるのも、
良いのではないでしょうか。
まぁ、本作は入手が難しくなっているのですが、
『ゴアスクリーミングショウ』辺りは手に入れやすいですしね。
エロゲに何を求めるかは人それぞれですが、
少なからずストーリー性を求めるのであれば、
この人の作品を知らないというのは、
私は損をしていると思うんですよね。

ランク:B-(良作)




関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


美少女万華鏡 -理と迷宮の少女-  Root Film   Summer Pockets REFLECTION BLUE
カテゴリ「2002」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

要望のあった攻略についてですが、下記のURLで見ることができます。

https://web.archive.org/web/20060512130324/http://www.sun-inet.or.jp:80/~s-kudo/L_A_M/sa/sinai.html

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3353-9a426a5b
| ホームへ戻る |