『D+VINE[LUV]』

『D+VINE[LUV]』

『D+VINE[LUV]』は2000年にWIN用として、
アボガドパワーズから発売されました。

アダルトゲームにおけるARPGと言えば、
今でもこれになるのでしょうか・・・

<概要>


ジャンルはダンジョン探索型のARPGになります。

あらすじ・・・伝説となってしまった古代の文明、
それも、本当にあるのかどうか分からない様なモノに
興味を示す人は少なかった。
彼らにとっては、そんな事よりも日々の暮しで精一杯だった。
古代遺跡の発掘(あるいは盗掘)なんて、
よほどのヒマ人か、酔狂な輩の、
一種の道楽のようなものだろう……
ごく普通に暮らす人々の認識は、その程度でしかなかった。
そして、数多くの冒険者(ヒマ人)たちが
探し求めた古代文明の財宝、
『旧世界の遺産』も、ついに発見されることは無かった。
やがて、冒険者たちも次第に姿を消していった……。
しかし、ここにも一人、そんなヒマ人がいた。
青年の名はハイド。
冒険者となって数年……
大陸じゅうの遺跡を旅して回っている。
それもこれも、失われた『旧世界』の財宝を見つけるためだ。
……しかし、未だ何の成果も見つけられずにいた。
そんな中、ハイドは『アーヴィル』と言う街を訪れていた。
大陸でも辺境に位置する、小さな街だ。
アーヴィルには、古くから一つの洞窟がある。
街の人たちは、モンスターの棲みつくこの洞窟を恐れ、
決して近付こうとはしなかった。……が、
最近になって、この洞窟の中から
古代の遺跡らしきものが見つかったと言うのだ。
そうしてハイドは、
アーヴィルの洞窟へと足を踏み入れる事となった。
しかし……彼がそこで見たものは、
財宝でも何でもなく……。
止まっていた『旧世界』の時間が、今、
ゆっくりと動き始めた……。

<感想>


この記事を書いたのは何年も前で、
すっかり掲載したつもりでいたのですが、
まだ掲載していなかったようでして。
びっくりしてしまいました。

さて、発売された当初は、
ARPGをプレイしたいなら『D+VINE[LUV]』ってくらい、
その手のジャンルが好きな人には有名な作品だったと思います。

ARPG自体、その後ほとんど発売されていませんし、
本作以上のが出てきたと話題になったような作品も、
特に記憶にありませんので、
今でも本作以上のARPGと言われて、
咄嗟に何か出てくる人は少ないのかなと。
そういう点も踏まえて、
逆算的に本作を一つの到達点に例える人がいたとしたら、
それは分らないでもない話ですね。
さすがに2000年の作品ですので、
そろそろ知らない人も増えていると思います。
でも、もし知らない人の中で、
ARPGをプレイしたい人がいるならば、
本作をプレイしてみることをオススメします。

・・・まぁ、一般的な観点からすれば、
そんなところなのでしょうね。
どこか尖った部分があるというのではなく、
全体的にバランスがとれ、とにかくやり込みと、
フルコンプにかかるボリュームの多さが特徴でした。
アダルトゲームしかプレイしない人もいると思うので、
そういう人には上記のように、
オススメできる作品ではあると思います。

ただ、個人的には、
洋ゲーとかバリバリやってた頃だったからな~
それらと比べるとゲーム部分も単調な作業ですし、
操作性も良くないですし、
そうなると本作はボリュームが多いだけの作品ともなり、
ゲームとしての印象は個人的には薄かったわけでして。
かと言って、洋ゲーにない魅力を、
特別に感じ取れるわけでもないしで、
これなら洋ゲーでもやってた方が良いやと、
そんな作品でもありました。
或いは、グラフィック等を目的にするなら、
コンソールの作品ですね。
まぁ、キャラとか結構好きだったのでね。
息抜きという点も含めれば、
全体としては楽しんだと思いますけれど。

ARPGはアクション系ということで、
いつものごとく採点対象外です。
あえて言うならば、基本は佳作ラインであり、
アダルトゲームとしては、
これ以上のゲーム性のARPGもないという点を重視すれば、
良作以上の扱いでも構わないのかなと。
・・・そんな感じですかね。

と言うわけで、個人的にはこのジャンルは、
コンソールやPCの洋ゲーの方が楽しめるので、
辛く見てしまいがちです。
ただ、上記のように、
アダルトゲームの枠内だけで考えるならば、
中々これ以上の作品もないわけでして。
自分に合いそうだなと思った人には、
ぜひ触れてもらいたい作品ではありますね。



ダウンロード版
D+VINE[LUV] dl

関連するタグ WIN /


美少女万華鏡 -理と迷宮の少女-  Root Film   Summer Pockets REFLECTION BLUE
カテゴリ「アクション系」内の前後の記事

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3349-b60469bb
| ホームへ戻る |