『あやかし草子 ~逢魔が時の夢~』

『あやかし草子 ~逢魔が時の夢~』

『あやかし草子 ~逢魔が時の夢~』は、
2003年にWIN用として、Mermaidから発売されました。

炉理&おさわりの、無駄に大容量な作品でしたね。



<概要>


ゲームジャンルはポイント&クリック式ADVになります。

商品紹介・・・
主人公「桐生御魂」は晴明神社の末社。
代々「陰陽師」としての修行を続けてきた家系だが、
御魂はまったく無関心。
それどころか妖怪等を信じていない始末で、
神主である御魂の祖父「桐生寅吉」の頭を悩ましていた。
そんなある日、妖怪たちが蠢き始める。
修行を怠っていたせいで
「憑物落し」のやり方がわからない御魂は、
えっちによる精神開放という方法で、
憑物落しを成功させてしまう。

<感想>


今では、ごく一部の間で、有名となった作品ですね。
ゲームは5話構成で、1話につき、4体の妖怪と、
1体のボス妖怪が登場します。
移動先を選んで情報を集めつつ、
ボス妖怪を倒せば、次回へと進みます。

妖怪は、ぷにぷにした炉理な女の子ばかりであり、
Hすることで退治できます。
そしてこのH部分が、
画面上でキャラをクリックするシステムになっています。

マウスで少女をおさわりしていく形式の作品も、
90年代まではよくありましたし、
今は今で同人ゲーに少なからず存在します。
しかし、ゼロ年代のこの時期は、
商業はノベルゲーばかりになっていましたし、
同人及び低価格路線は今ほど市場が大きくないことから、
おさわりゲーもあまり存在していませんでした。
それだけに本作は、貴重な作品だったといえるでしょう。
また、上記のとおり、現在は主に同人ゲーにおいて、
おさわり系の作品が存在しますが、
同人ゲーはボリュームが少ないですからね。
本作のように、26人もの炉理なヒロインがいる作品は、
今でも極めて稀と言えるでしょう。
そういう意味では、本作の持つ価値というのも、
あまり失われていないのかもしれませんね。

まぁ、ストーリーが良いわけでもないし、
ゲーム部分が優れているわけでもないので、
それほど面白いって作品でもありません。
しかも、CD5枚組で3GBもあり、
インストールに無駄に時間がかかることから、
余計なストレスもかかります。
ただ、そういう部分もひっくるめて、
存在感のある作品ではあったのでしょう。

<総合>


総合では佳作としておきます。

この時代には稀だったというだけで、
私自身はPC98時代とかに、
散々この手の作品をやったこともあり、
個人的には、あまり好きな作品でもありません。
しかし、この時期に、世の主流とは異なる形式で、
明確なコンセプトの下で製作されたということ自体、
それはそれで評価に値するように思います。
現在はプレミア状態にありますが、
過度に期待しないで、
なおかつ炉理っ子のおさわりゲーが好きならば、
十分楽しめるのではないでしょうか。

ランク:C(佳作)






関連するタグ WIN /ADV /P&C式 /


缶詰少女ノ終末世界        母爛漫      クダンノフォークロア
カテゴリ「2003」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3348-747d1609
| ホームへ戻る |