『サキガケ⇒ジェネレーション!』

『サキガケ⇒ジェネレーション!』

『サキガケ⇒ジェネレーション!』は2014年にWIN用として、
Clochetteから発売されました。

画面の使い方の上手い作品でしたね。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・現代日本、初土湖という湖のほとりにある
美那浜町が舞台となる。
ゲーム好きの主人公は、自らが通う『初土学園』に
『エンターテインメント研究会』と称する同好会を作り、
同じくゲーム好きの妹・海棠璃々子と
親友・綿貫敦盛の三人で放課後になるたびに集まって
ゲームを楽しんでいた。
そんな日々の中に現れた転入生・雪之宮杏音は
『エンターテインメント研究会』の面々に
「まだ誰もプレイしたことのないゲームを
プレイしてみたくはありませんか?」と告げる。
「是非プレイしたい」と沸きあがる三人に対し、
璃々子の親友・紅藤友梨亜は不信感をあらわにする。
璃々子にすら明かしてはいないが
友梨亜は現実(リアル)の‘魔法使い’であり、
杏音から魔法の気配を感じとっていたのだ。
だが、そんな説明するわけにもいかない理由では
三人のゲームやりたい欲求を押しとどめることはできず、
結局友梨亜も含めた五人で、
杏音が持ち込んだまだ試作段階だというゲーム
『Wizard Generation』をプレイすることになる。

<感想>


クロシェットの作品は売れているということで、
その時代その時代に売れている作品は、
どうしても気になります。
ファンの意見からすると、キャラが良いということでしょうが、
正直なところ、他よりも大きな黒目のキャラは、
私にはあまり可愛いとは思えないし、
本作に関しては塗りも、少しけばく見えます。
なので、あまり主観的には好みではないのだけれど、
こういうのが今は受けるんですかね。

キャラに関する好みは置いておくとして、
ストーリー等も優れているとは思わないのですが、
設定等様々なところに、
いろいろ売れそうな要素はあるのかなとは思いましたし、
その辺が他所との違いなのかもしれませんね。

さて、ここまでだと貶しているように見えてしまいますが、
実のところ、クロシェットの中でも、
この作品が一番好きだったりします。

その時代を代表するブランドというのは、
その時代の環境を活かした作品を、
作ることができるところなんだと思います。
10年代のエロゲが、
それ以前のエロゲから一番変化したことは、
ワイド画面が標準化されたことだと思います。
PCのディスプレイがワイド化されたことにより、
エロゲもワイド画面に対応して作られるようになりましたが、
ハッキリ言うと、ワイド画面を活かした作品って、
あまりないと思います。
それだけに、ワイド時代に、
ワイド画面を活かした作品を作れるブランドというのは、
人気が出て当然なのでしょう。
クロシェットは、過去作である、
『カミカゼ☆エクスプローラー! 』においても、
ワイド画面の良さを指摘されていました。
その良さに本作では磨きがかかっていまして、
単に立ち絵を表示させるだけでなく、
カットインやフェイスウインドウを併用し、
画面全体を存分に使おうとしている点は、
非常に好感が持てました。

フィギュアスケートとかだって、
同じ演技をしていても、中央でちょこちょこやられるより、
リンク全体を使った方が見栄えがしますし、点も伸びます。
エロゲも、画面がある程度の大きさであるのに、
画面下部のテキスト欄だけで進行しているような、
プレイヤーの視線が画面下部で固定されてしまうような、
そんな作品もあります。
いくらテキストが上手くても、
それは一つの作品としては間違っていると思います。
クロシェット作品のキャラの魅力の説明は、
ファンの方にお任せしたいと思いますが、
そのキャラの魅力を引き出すサポートをし、
陰から支えているのは、
こうした画面の使い方にもあるのだと思いますね。

<総合>


総合では良作としておきます。

クロシェット作品の中でも、
ストーリーの良い作品、可愛いキャラのいる作品となると、
他にもあると思います。
ただ、この時代に適応しているところが、
ハッキリと分かるという点で、
個人的にはこの作品が印象深いなと思いました。

ランク:B-(良作)





関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


捻くれモノの学園青春物語   イブニクル2    きゃんきゃんバニープルミエール3
カテゴリ「2014」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3347-5d64bd9f
| ホームへ戻る |