『眠れぬ羊と孤独な狼 -A Tale of Love, and Cutthroat-』

『眠れぬ羊と孤独な狼 -A Tale of Love, and Cutthroat-』

『眠れぬ羊と孤独な狼 -A Tale of Love, and Cutthroat-』は、
2017年にWIN用として、CLOCKUPから発売されました。

男性向けエロゲとしては比較的珍しい部類でしょうし、
こういう作品が増えること自体は良いことだと思いますね。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
俺は、今夜も眠れない――
新宿、歌舞伎町。
慢性的な不眠症に苦しむ【俺】は、
ラブホテルの住み込み清掃員として働きながら、
無気力な日々を送っていた。
【俺】にとって安眠を得る唯一の方法は、人を殺すこと。
そのために『暴力団の高級幹部・東儀衛子飼いの殺し屋』
という裏の顔を持ち、
おこぼれのように時折与えられる殺しの仕事で、
なんとか眠りにありついてきた。
危うい綱渡りの日々ではあるが、
それでも安定した、平穏な毎日。
そんなある日、【俺】 はデリヘル嬢・あざみと出会う。
彼女を抱くことでかつてない安眠を得た【俺】 は
あざみを手元に置こうと考える。
だが彼女は東儀に追われており、
あざみを手に入れることはすなわち、
東儀に刃向うこと――平穏な日常の崩壊を意味していた。

<感想>


ロマンノワールADVと名付けられた本作。
一般的にはハードボイルド風と言った方が、
イメージは掴みやすいでしょうか。
今の男性向けエロゲでは、
あまり多くないタイプの作品ですし、
18禁というのはエロだけではないということで、
こういう作品が増えること自体は良いことだと思います。

なので、出たこと自体は良いと思うのですが、
問題は肝心の中身ですね。
まずボリュームですが、フルプライスのわりには短いです。
長ければ良いってものでもないと思いますが、
ボリュームを気にする人は注意が必要です。
それと、無駄に長くする必要はないのですが、
描写不足と感じる人もいるわけですから、
もう少し増やしても良かったように思いますね。

また、クロックアップの作品であることから、
エログロを期待した人も少なからずいるでしょう。
しかし、メインヒロインとは純愛ばかりですし、
その他にしても過激なものはなく、
その方面からも少し物足りない内容でした。

内容的には、上記のとおり男性向けでは珍しいかもですが、
女性向けには似た雰囲気の作品がいろいろありますので、
どうせプレイするならそっちの優れたやつの方が先でしょうし、
本作の優先順位は下がってしまうでしょうね。

それから、プレイしていると、立ち絵の動きが乏しかったり、
そもそも立ち絵なしに進行することも増え、
ただ単純にテキストを読んでいるだけと、
ゲームらしさを感じられない場面も多くなりました。
この点は、個人的には大きなマイナスでした。

<総合>


総合では凡作でしょうか。

世界観の持つ印象以上に、ボリュームや演出など、
全体的に漂う手抜き感の方が勝ってしまい、
そのせいでテキストの持つ面白さも半減してしまったのかなと。
とにかく読んでいるだけという印象で、
何でエロゲで出したのか疑問が残ってしまいました。
まぁ、ひと昔前の、いわゆるシナリオゲーが好きな人ならば、
本作も気に入ると思いますので、
そういう人にはおすすめできるとは思います。
他方で、ノベルゲーとしての付加価値を求める人や、
現在の主流ユーザーの好む傾向からはずれており、
そういう人たちには物足りなく感じる可能性が高いかもですね。
もう少し丁寧に描写しつつ、
クロックアップらしいエロないしグロを増せば、
もっと良くなったと思うだけに、少し残念でした。

ランク:D-(凡作)





関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


美少女万華鏡 -理と迷宮の少女-  Root Film   Summer Pockets REFLECTION BLUE
カテゴリ「2017」内の前後の記事

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3346-f1e7633e
| ホームへ戻る |