『逸脱愛 ~オレニヤラセロ~』

『逸脱愛 ~オレニヤラセロ~』

『逸脱愛 ~オレニヤラセロ~』は2006年にWIN用として、
Sukaradogから発売されました。

個性的なテキストにより話題となった『逸脱』の、
後継となる作品でした。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

商品紹介・・・
事故が原因で異常なまでの絶倫となってしまった、
主人公・逸見鷹征。
援●交●で知り合った少女・英美から
とある女家族の調教を持ち掛けられた彼は、
彼女の紹介で下宿人として
ターゲットとなる「芦屋家」に潜入し、
凌辱の機会を虎視眈々と狙う…。

常軌を逸したアブノーマルなエッチシーンで
マニアから人気を集めた凌辱AVG『逸脱』の流れを汲む作品。
絶倫の申し子であるセックスモンスターの主人公によって、
過激な凌辱調教シーンが繰り広げられていく。

<感想>


「俺は射精した」の名セリフを生み出すとともに、
変態ゲーとして、一部のマニア層に高い支持を得た『逸脱』。
本作はその後継作品になります。

マニアックで変態的なエロと、
独特でおバカなセリフが絶妙に絡みあい、
他の作品にはないオンリーワンな世界観を生み出した前作。
その雰囲気は本作にも受け継がれており、
前作ファンであれば、まず楽しめることでしょう。

他方で、このシリーズを未経験の人は、
何も先入観を持たずにプレイした方が良いかもしれませんね。
本作は、どっちかと聞かれれば、
実用性重視となるのでしょうが、
主人公のぶっ飛んだ言動により思わず笑えてくることから、
笑いが先にきてエロどころでないという人も、
少なからずでてくると思います。
そのため、変態特化の作品でありながら、
一概にエロ・実用性重視とは言い切れないのです。
まぁ、でも、その笑えるところも含めて、
本作の持つ一つの味になっているので、
世の中にはこういう作品もあるんだと、
こういうのこそが本当の意味でエロゲなんだと、
一度経験してみることは良いことだと思います。

さて、本作に関する個人的な感想としては、
まず絵が可愛くなったなということでした。
前作は、確かに変態とぶっ飛んだ言動が絡み合い、
非常に尖った作品にはなっていたのですが、
キャラ絵が貧相で、それで大分損をしたように思います。
本作は普通に可愛い絵になっているので、
他所の作品と比べても、
絵で見劣りすることはなくなったと言えるでしょう。

その点は良くなったのですが、
他方で、これはまぁ、プレイ前から分かっていたことですが、
本作は後継作であることから、
この世界観に出会うのは2度目となるわけでして。
そのため、初代と比べると、
どうしてもインパクトがなくなってしまいます。
前作とは異なったサプライズがあれば別なのですが、
そこまでのものはなかったですからね。

<総合>


本作も非常にぶっ飛んだ作品ではあるのですが、
前作をプレイしていると、
想定の範囲内となってしまうこともあり、
総合としては佳作としておきます。

もっとも、唯一無二のシリーズであり、
嘘屋ワールドが全開の作品でもありますので、
このシリーズを知らないという人には、
ぜひ経験してもらいたいと思います。
本作を名作と呼ぶ人は限られていると思うし、
一般受けするような作品でもないのですが、
名作と呼ばれるような、
万人受けするエロゲだけが全てではないのだと、
こういうエロゲも存在するのだということは、
多くのエロゲユーザーにしてもらいたいものですね。

ランク:C(佳作)

AMAZON


駿河屋


関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


缶詰少女ノ終末世界        母爛漫      クダンノフォークロア
カテゴリ「2006」内の前後の記事

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3345-2d623e86
| ホームへ戻る |