『夜巡る、ボクらの迷子教室』

『夜巡る、ボクらの迷子教室』

『夜巡る、ボクらの迷子教室』は2017年にWIN用として、
SAMOYED SMILEから発売されました。

同人シナリオゲーの有名ライターが参加した作品でありつつ、
主題歌でも話題になった作品ですね。

yorumeguru01.png

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
「今残ってるウチの生徒達を卒業させろ」
教師という職に失望し、
腐って生きていた主人公「藤原晴生」は、
とある病室で、袂を分かっていた父親から依頼を受ける。
その依頼とは、来年で廃校になる夜間学校の教師となり、
残っている生徒を卒業させる事。
報酬として告げられたのは、父の莫大な遺産。
晴生の曇った心を動かすには十分な額であった。
夜間学校「藤原学園」―そこは、レールを外れ、
ドロップアウトした生徒が集う場所。
そして亡き母親が残した思い出の場所……
教壇に立つ主人公と向き合うのは、たった3名の生徒と、
その中の1人の娘である少女。
彼女達は「卒業」というゼロスタートを目指し、
彼は手にすることが出来なかったものを求めていく。
どこにいても、みんな同じ時を刻んでいる。
だけど、皆に同じ幸せは舞い降りてこない。
そんなアンフェアな人生に僕らは――

<テキスト>


SAMOYED SMILEというブランド自体は、
あまり有名とはいえないと思いますが、
私はシナリオゲーが好きですと言っておきながら、
この作品に注目していなかった人、
或いはこの作品がどういう傾向になるのか、
想像ができなかった人というのは、正直なところ、
情弱と言わざるをえないのかもしれません。
本作は複数ライターなのですが、
その中にはpororiさんや画用紙さんといった、
同人シナリオゲーで有名な人がいますからね。
もちろん、個々のライターについては、
合う合わないはあるでしょう。
しかし、少なくともその傾向等は事前にわかるはずですし、
この人たちが一緒に商業作品を出したならば、
一体どういう作品になるのだろうと、
期待せずにはいられないはずです。

本作を実際にプレイしてみても、
基本的には安心して楽しむことができました。
まぁ、一部ルートで主人公が崩壊していたり、
複数ライターの弊害も少しあったので、
その点は悪い意味で予想があたってしまい、
少し残念ではありましたけどね。

<ストーリー>


ストーリーは夜間学校の教師である主人公が、
生徒たちを卒業させようとするものであり、
その過程で生徒たちの問題を解決するというものになります。
基本的には、鬱ゲーと呼ばれるような、
重めのストーリーになります。
この辺は、本作のライター陣をみれば、
十分想像できるのかなと。

上記のとおり、一部ルートで少し崩壊しますが、
基本的には主人公は大人として、
しっかり頑張っていますので、
ガキ臭い学園もの主人公よりも、
落ち着いてみることができます。
また、学校を舞台にしたエロゲの多くは、
大抵の場合は学校という舞台を使わずとも成り立ちます。
しかし本作では、主人公が授業をするところ、
授業における苦闘をしっかり描いていまして。
それにより夜間学校を舞台にしたという点を、
しっかりとプレイヤーに意識させることに成功しています。
夜間学校を舞台にした時点でも珍しいのですが、
安易に各ヒロインの悩みに飛びつくのではなく、
その設定の土台部分をしっかり描いた点には、
とても好感が持てました。
主人公と土台がしっかりしているからこそ、
ストーリー自体も終始安定し、
こちらも読んでいて楽しむことができたのでしょう。

さて、そのうえで大事になってくるのが、
そこから先に伸びていく各ヒロインごとのストーリーですね。
上記のとおり、鬱ゲーと呼ばれるような内容の、
各ヒロインの抱えている問題の解消が描かれるわけですが、
まぁ、最近のエロゲでは少なくなったかもですが、
ライター陣の過去作とかも考慮すると、
特段テーマ自体に目新しいものはなかったですかね。

たぶん一番テーマ的にありがちなのは、
他の家族から疎外されているという、
「はやて」ルートだと思います。
もっとも、並の作品であれば、ヒロインの抱える問題を解消し、
それで終わりってなると思いますが、
本作でははやての抱える問題を解消し、
はやてとその家族の関係を修復させたのち、
そのはやてら家族の力を借りて、
今度は主人公の家族の抱える問題を解消することになります。
近年のエロゲは、ヒロインの個別ルートが用意されますが、
そこではヒロインの問題を解消するという内容のものが多く、
極端にいうならば、主人公の物語ではなく、
ヒロインの物語になってしまっています。
はやてルートでは、はやての問題を解消しつつも、
最後はグッと舵を主人公に引き戻しているわけで、
あくまでも主人公の物語として終わらせているのであり、
その点には非常に好感が持てました。

かように、構成面等で良いなと思える部分もあるのですが、
全体としては、重い題材を扱うわりには、
その掘り下げが少し薄い傾向があり、
読んでいて、その程度で解決してしまうのかよと、
少し疑問に思ってしまうところもありました。
したがって、本作を鬱ゲーとして考え、
そのテーマの部分だけを重視すると、
少し物足りなく感じてしまうかもしれませんね。
本作のライター陣には、上記のとおり、
同人シナリオゲーで有名な方たちが参加しています。
しかし、正直なところ、一番尖って輝いていた時期は、
既に過ぎてしまっていると私は思っています。
そして、その事前の心配は残念ながら的中してしまっており、
本作も十分に楽しめる作品ではあるのだけれど、
本当に尖った良いシナリオを堪能したいのであれば、
同人時代の代表作をプレイした方が良いと思いました。

<グラフィック・サウンド>


上記のとおり、ストーリー自体は、
十分に楽しめる作品でありつつも、
過去の代表作と比べると、
いまいち輝きがないのかなと思います。
でも、ゲームって、それだけではないですからね。
すなわち、商業作品になることで、
良くなった部分もあるということですね。

具体的にはまず、主題歌が該当します。
私は正直なところ、あまりピンときてないのですが、
本作は発売前から主題歌も話題になっていましたので、
ここが魅力と感じる人も、一定数以上いると思います。

次にグラフィックですね。
最近のエロゲで一番の不満点は一枚絵なことが多く、
それは欲しいシーンでCGがなかったり、
きちんとシーンが描けてないものが多いからです。
その点、本作は、きちんとシーンが描かれていて、
そこは非常に好印象でした。
一例だけ挙げておきますが、
冒頭のCGはケンカしたあとに仲直りするため、
お互いが相手の好きなものを大量に買い込み、
ばったり出くわすシーンです。
テキストやシーンの説明がなくとも、
このCGを見ただけでもいろいろ想像することができますし、
それだけで楽しめてしまいます。
他にももっと良いシーンもありますので、
一枚絵は本作の魅力の一つといえるでしょう。

また、キャラデザは単純に私の好みというのもありますが、
目パチや口パクもちゃんとあります。
あと、抜きゲーの中の凄いやつには及びませんが、
Hシーンも一応動きます。

<感想>


その他の点としては、システムはあっさりめですね。
私にとって必要なものはありましたので、
個人的には全く不満はなかったです。
同人ゲーとか、steam系のADVとか、
もっと酷いのも一杯ありますからね。
でも、商業エロゲの充実した作品のと比べると、
明らかにシンプルなので、
UIとかにこだわる人には物足りないでしょうね。

ゲームシステムとしては、
一部でヒロインの内面がのぞけるモードがありましたが、
普通にヒロインの回想として描いても良いわけで、
あまり有効に機能はしていなかったのかなと。

キャラに関しては、はやてが好きですね。
単純に好みです。

ストーリーとも関連することですが、
本作のヒロインは、はやて、きな、りこの3人です。
りこはね、良い子で可愛いです。
でも、生徒は綾子であり、りこはその子供です。
主人公も大人ですし、普通そこで恋愛感情が芽生えるならば、
歳の近い綾子の方でしょうに。
この作品、この設定で綾子ルートがないことは、
何とも不自然に思えてしまいます。
エロゲユーザーの大半は炉理好きだろうから、
ユーザーのニーズに合わせたのかもしれませんが、
ストーリー重視の作品なだけにね、
綾子ルートで作るべきだったと思いますね。

<総合>


総合では良作といえるでしょう。

ストーリーに関しては、及第点以上ではあるものの、
過去の代表作を超えるとまでは言えず、
この点をもって名作とはいえないのでしょう。
特に、シナリオしか見ません、
テーマしか興味ありませんって人とは、
あまり相性が良くない作品とも思います。
しかし、他方で、グラフィックやサウンドや、
他のエロゲで薄くなりがちな点も大事に描写したことなど、
それらを総合的に考えると、十分な良作だと思いますね。

今回の経験を踏まえて、もう一本作れば、
名作も生まれてくるかもしれませんので、
もう一本はこのメンバーで作ってほしいですね。

ランク:B(良作)

AMAZON


駿河屋


DL版



関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


美少女万華鏡 -理と迷宮の少女-  Root Film   Summer Pockets REFLECTION BLUE
カテゴリ「2017」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3343-d6dd62ad
| ホームへ戻る |