『百奇繚乱の館』

『百奇繚乱の館』

『百奇繚乱の館』は2017年にWIN用として、
アストロノーツ・シリウスから発売されました。

M&Mさん原画の、最近では少なくなった館モノですね。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
民俗学のゼミに所属する学生、青山芳人。
所属ゼミの教授を追ってとある地方に赴いた彼は、
人里離れた山中で道に迷い、とある洋館に辿り着く。
その館は莫大な資産を持つ旧華族の名家、
神門家の所有する豪邸だった。
館の客人として館に逗留することを許された芳人は、
神門家の次期当主を決める『影供の儀』に参加することになる。
神門家の美しくも謎めいた三姉妹、
神門家に招待され集められた儀の候補者たち、
そして先代当主神門兵蔵や現当主である神門史華、
館の住人たち。
男と女の欲望が交錯するこの館で、
芳人を待ち受ける運命とは……?

<感想>


本作の原画はM&Mさんであり、
M&Mさんの絵は好きだったので、
それで注目した作品ですね。

ただ、M&Mさんの絵は好きだったのだけれど、
今作は何かあまり惹かれないわけでして・・・
プレイしてみれば違う印象になるかとも思ったけれど、
プレイし始めてもそういうこともなく、
過去作ほどに惹かれないないんですよね。
塗りの問題ですかね・・・
薄暗い塗りに、エロさを感じられないのかなぁ。
まぁ、その辺は個人的な好みの問題かもしれませんけどね。

さて、本作は館モノになります。
20年ほど前はブームにもなったジャンルですが、
今はすっかり数が減ってしまいました。
現在は貴重な作品だけに、
館モノが好きな人には待望の作品といえるでしょう。
内容自体も、無難にまとまっていると思いますしね。

ただ、悪い作品ではないのですが、
個人的には、無難にまとまりすぎて、
どうにも印象に残らない作品でした。
館モノとエロスは半ば一体のものとも考えていますが、
上記のとおりエロさを感じられなかったことも、
かなり影響しているのかもしれません。

<総合>


総合では凡作としておきます。

もっとも、致命的にどこか悪いというわけではなく、
過去にいろんな館モノをやっていると、
あえてやるまでもなかったかなというだけですので、
この手の作品をプレイしたいのであれば、
問題なく楽しめる作品ではあると思いますね。

ランク:D(凡作)



DL版


関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


缶詰少女ノ終末世界        母爛漫      クダンノフォークロア
カテゴリ「2017」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3342-c8bafecd
| ホームへ戻る |