『LEAP ~時にさらわれた少女~』

『LEAP ~時にさらわれた少女~』

『LEAP ~時にさらわれた少女~』は1995年にPC98用として、
アンジェから発売されました。

タイトルからも分かるように、
今回はタイムリープものになります。

leap01.png

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

簡単なあらすじとしては、
本作は、主人公と恋人のあいちゃんが、
保健室でHをするところから始まります。
しかし、主人公らがHを終えて保健室を出ると、
それ以降、あいちゃんの姿が見当たりません。
そこで主人公は、あいちゃんを探すことになります。

<アンジェ>


もう何度か書いているのですが、
アンジェというブランドは、小粒な作品が多いものの、
毎回のように異なる要素が組み込まれ、
非常に実験的な作品の多いブランドでした。

そうした実験的要素の中には、
たとえば、ヒロインの個別ENDのように、
今現在のエロゲに不可欠なものとして、
後に定着していくものもあれば、
その後に人気ジャンルとして流行したものもあります。
そういう意味では、アンジェというブランドは、
時代を先駆けていたブランドだったと言えるのでしょう。

<感想>


leap02.png

さて、本作は、上記のように、
ゲームジャンルとしてはノベルゲームになります。
この時期では、アダルトゲームにおけるノベルゲーも、
まだ多数派でないにしても、
決して珍しいものでもなくなっていました。
また、それ以外に他に変わった仕掛けもありませんので、
本作はアンジェにしては珍しく、
ゲームデザイン面ではあまり工夫がないと言えます。

その代わりといいますか、本作では、
ストーリーの構造での差別化を図ってきました。
主人公は恋人であるあいちゃんを探すことになるのですが、
学校中を探しているうちに、
時間を飛び越えタイムリープをしていたことが判明します。
どうも主人公は、女の子とHをすると、
タイムリープをしてしまうらしく、
女の子とのHとそれによるタイムリープを繰返しながら、
あいちゃんを追いかけるという流れになるのです。

ゼロ年代に入る頃から一時期、
ループ系のノベルゲーが増えていきました。
もちろん、ループとタイムリープとは異なります。
しかし、同じような場面を繰り返しつつ、
少しずつ解決に向かっていくということで、
広い意味では似ているともいえるでしょう。
そして、その広い意味で考えると本作は、
そういう作品の先駆けといえるのでしょうね。
そう考えると、ゲームデザインに工夫はないものの、
時代を先駆けたという意味では、
今回もアンジェらしい作品ではあったように思います。

もっとも、本作のストーリーに関しては、
どうしても賛否分かれるのかなと思います。
本作は、そもそも設定に少し無理がありますし、
結構強引なところがありますので、
整合性とか緻密に捉えるタイプの人とは、
かなり相性が悪いでしょうからね。
そういう人がプレイしたならば、
不満の方が大きくなるように思います。

他方で、ループモノにありがちな、
同じことの繰り返しのような退屈さはないですし、
タイムリープのためにHをすることから、
適度な間隔でHシーンも登場し、
アダルトゲームらしさはあります。
また、個々のシーンでは、割と良いセリフとかもありますので、
その場その場では結構楽しいので、
楽しめる人もそれなりにいるとは思うのです。

<総合>


総合では佳作としておきます。

悪くはないのですが、
アンジェの他の代表作等と比べると、
どうしても粗さが目立ってしまいますし、
インパクトも弱かったのかなと。
もっとも、当時としては、
比較的珍しい内容の作品でもありましたし、
単純に楽しめた作品ではありましたね。

ランク:C-(佳作)



関連するタグ PC98 /ADV /ノベル系 /


美少女万華鏡 -理と迷宮の少女-  Root Film   Summer Pockets REFLECTION BLUE
カテゴリ「1995」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3340-c4e064e9
| ホームへ戻る |