『けらけら星』

『けらけら星』

『けらけら星』は1992年にPC98用として、
カクテルソフトから発売されました。

女性が中心になって製作され、話題になった作品ですね。
おバカな主人公たちが、見ていて微笑ましくなる、
青春ストーリーでした。

kerakera02.png

<概要>


ゲームジャンルは、コマンド選択式ADVになります。
「センシティヴで、ちょっとHなディスク・コミック」と、
パッケージに書かれているジャンル名にあるように、
読むことを意識した作品でした。

kerakera01.png

主人公は、都内某所の三流男子校に通う高校2年生。
その主人公の通う高校の隣には、超お嬢様学校があり、
主人公は親友と共に頻繁に覗きに行ったりするなど、
いろいろちょっかいをかけるのですが、
基本的にはお嬢様たちに相手にされていません。
そんな主人公の覗きを毎回阻止しにくるのが、
お嬢様学校の生徒会長である久美子(カメ子)。
物語後半では、お嬢様たちに裏切られ傷心状態の主人公に、
カメ子が学園祭の招待状を渡し、
主人公らは学園祭に乗り込むことになるのですが・・・
というストーリーになります。

<はじめに>


この作品の掲載が遅くなったのには、少々理由がありまして。
本作を発売したのはカクテルソフトになりますが、
カクテルソフトはアイデスという会社の中の、
一つのレーベル名になります。
他にはフェアリーテール等があり、
後に代表格であるフェアリーテールと、
カクテルソフトの頭文字をとり、
F&Cという社名に変更するわけですね。
そのアイデスは、91年の沙織事件の影響もあり、
92年には様々な方向性を模索していました。
そして、従来のような男性主体でゲームを作るのではなく、
女性主体でゲームを作っていこうという試みもなされまして、
そうして発売されたのが本作なのです。
だから本作の開発インタビューなんかを当時の雑誌で見ると、
出てきている人は女性ばかりであり、
本作を女性が作ったという部分が強調されています。

もちろん、女性が全部作ったというのであれば、
何も疑問はありませんし、私も早々に掲載していたと思います。
しかし、ADVの肝である本作のシナリオを担当したのは、
「葛西みなみ」という方でして。
私は、昔はクリエイターの個人名とかに対して、
あまり興味がなかったので、
誰がどういう人とか気にしていなかったんですね。
だから今になって慌てているわけです。
何が問題なのかというと、この葛西みなみさんを調べてみると、
後に『SEEK』とかを作った、
田所広成さんの別名義と解説してあるものがあります。
そうなると・・・本作の肝の部分を作ったのって、
おもいっきり男やんって思ったものですから、
どういうことなんだと悩んでしまったわけですね。
まぁでも、考えても分らないものは分らないし、
ゲームの中身とは関係ない話でもありますので、
もう深く考えずに記事を書くことにしました。

<感想>


さて、この作品を田所さんが書いたと考えると、
ある意味逆にしっくりくるわけでして。
本作は、基本バカゲーなんですね。
もっとも、いわゆるバカゲーといわれるような、
リアリティ無視のぶっ飛んだ内容ではなくて、
主人公とその親友が、おバカでスケベで、
いかにも当時いそうな感じの男子高生で、
序盤はその色合いが強いのです。

ゲーム中盤では、主人公らの頑張りもあり、
お嬢様学校の女子高生とお近づきになることができます。
しかし、お嬢様に対する幻想と現実とは異なるもの。
お嬢様に夢見ていた主人公らは、
そのお嬢様らの真実の姿を知ることで、
裏切られることになります。
傷心の日々を過ごすことになった主人公を救ったのは、
それまで主人公の邪魔をしていたカメ子であり、
そのカメ子との距離が縮まることにより、
物語は青春路線の色合いが強くなっていきます。
kerakera04.png

このまま青春路線で貫き通し、
爽やかに終わらせることもできたのでしょうが、
ここはライターの性分なんでしょうかね・・・
本作にはライターのコメントもオマケで載っているのですが、
その中で、悲恋物語である『卒業写真・美姫』に対し、
絶賛と非難の投書がたくさんきたと書いてありまして。
卒業写真・美姫』は素晴らしい作品であり、
悲恋(恋愛)ゲーの初期の傑作です。
だから、絶賛のコメントを送る気持ちは十分に分かります。
他方で、あの作品は、上記のとおり悲恋ものでしたからね、
ハッピーエンドを期待した人からは、
非難のコメントが送られてくるのも十分予想はできます。
そういう状況を踏まえたうえで本作が作られたわけですから、
非難コメントを減らしたいのであれば、
本作ではハッピーな青春路線にしても良かったはずですし、
現にアイデス社内の上からの指示では、
そういう作品にしろという指示だったのですが、
ライターの選んだ結末は、そうではなかったわけでして。
というのも、主人公は、ハッピーに終わらせるのではなく、
恋愛よりも親友との友情を優先させ、
全部ぶち壊してしまう行動を採ってしまうんですね。
主人公よ、お前、何でそこでそんなバカな行動とるのかなぁ、
でも、お前らしいよな~と、愛すべきバカ主人公に対し、
何とも言えない目で見守ったものです。
なので、バカで始まり、爽やか青春路線になりつつも、
結局は爽やかなバカで終わる作品となるわけです。
kerakera03.png

したがって、全体としてはバカゲーでも良いかもしれませんが、
主人公が主人公らしさを発揮し、
若者としての暴走の結果ともいえるわけですから、
一言でいうと「青春ゲー」なんだと思います。

本作のその他の点としては、
グラフィックに関しては、
一枚絵中心で進むタイプの作品でした。

<総合>


1992年にアイデスから発売された作品は複数ありますが、
『卒業写真・美姫』にしても、『新宿物語』にしても、
そして本作にしても、
どれもストーリーのジャンルは全然異なるのものの、
それでも一言で表現しようとすると、
「青春」と呼びたくなるような作品でして。

92年の時点では少なかった恋愛ゲーも、その後、
次第に増えていくようになります。
その大半の舞台は学園であり、
したがって高校生の恋愛となると、
それこそ青春と言えるはずなのですが、
90年代後半以降の恋愛ゲーは、
妄想の中の物語としての恋愛であり、
あまり青春という言葉が当てはまるようには思えません。
本作を含めた上記三作品とかの方が、
なんか当時の等身大の若者達の姿を描いているようで、
「青春」という言葉がしっくりくるように思うのです。
この言葉がしっくりくる作品は、
今現在はどれだけあるのでしょうか。
ふとそのことが、書きながら気になったものでした。

ランク:B-(良作)



関連するタグ PC98 /ADV /コマンド選択式 /


消えた世界と月と少女   少女グラフィティ    少女と年の差、ふたまわり。
カテゴリ「1992」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3336-52d313bb
| ホームへ戻る |