『君が主で執事が俺で -They are My noble Masters-』

『君が主で執事が俺で -They are My noble Masters-』

『君が主で執事が俺で -They are My noble Masters-』は、
2007年にWIN用として、
きゃんでぃそふとから発売されました。

実はタカヒロ作品では、これが一番好きだったりします。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
主人公(上杉錬)とその姉・美鳩は
義父の家庭内暴力により劣悪な家庭環境で育っていた。
姉と錬は自立するため都会(七浜市)へ家出する。
資金の無い都会での生活に苦しむ姉弟。
そんな中、ひょんな事から
久遠寺家のお嬢様に拾われる事になった。
かくして主人公とその姉美鳩は、
家付きの労働場所を手にいれたのである。
姉はメイドに。主人公は執事となり、労働を開始する。
安らぎの地を得たと思いきや、その家の3人姉妹も、
先輩のメイド達も個性的な連中ばかり。
騒がしい日々がはじまった。

<感想>


今回は、ほとんど私の好みの話ばかりなので、
あまり参考にならないと思いますが、
一応書いておきたいと思います。

タカヒロさんの作品は、
きゃんでぃそふと時代からプレイはしていました。
姉ゲーも好きだし、ツンデレ特化というのも、
興味を抱かせるに十分でしたからね。
しかし、いざプレイしてみても、
大抵の場合はあまり満足できませんでした。
だから新ブランドができ、本作が発売されても、
すぐにはプレイしませんでした。

その後、『真剣で私に恋しなさい!』が発売されました。
『真剣で私に恋しなさい!』は、
正確には覚えていないのですが、
おそらくすぐにプレイしたはずです。
というのも、原画のファンだったので、
いわゆる絵買いしたわけですね。
原画が好きだったから手を出してみたものの、
プレイしていて、どうにも自分には合いませんでした。

そうなると、絵が特に好みでない本作は、
ますますプレイする理由が出てきません。
絵が好みでないというだけでなく、世間での評判でも、
本作の方が高いという事情はなかったですからね。
だからずっと未プレイだったのですが、
とある機会に、本作を格安で入手でき、
それでやってみたってところです。

それにしても、やっぱりやってみないことには、
わからないものですね。
タカヒロ作品の中でも、本作の人気は、
決して高いものではないと思います。
でも、私は、この作品が一番好きなのです。
理由は良くわからないけれど、
主人公が他作品と比べてうざくなく、
それで楽しめたのでしょう。

<総合>


総合では佳作としておきます。

タカヒロ作品が好きな人は本作の評価は低くなるかもですが、
逆に他の代表作が合わない人だと、案外私みたいに、
本作が一番楽しめることもあるかもしれませんね。

ランク:C-(佳作)

AMAZON


駿河屋


DL版


関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


Summer Pockets      まおてん     シャムロックの花言葉
カテゴリ「2007」内の前後の記事

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3332-3da5b2d6
| ホームへ戻る |