『孕女 ~俺はこの学園で復讐を成し遂げる~』

『孕女 ~俺はこの学園で復讐を成し遂げる~』

『孕女 ~俺はこの学園で復讐を成し遂げる~』は、
2007年にWIN用として、TinkerBellから発売されました。

ボテ腹、強気、陵辱ということで、
好きな要素が多かったので期待したのですが・・・



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
濃厚で実用性の高いエロスを提供する‘TinkerBell’から、
孕ませ系徹底凌辱復讐アドベンチャーが登場!
復讐の名の下に、女たちを犯しまくって、
たっぷり中出しして、孕ませられる絶望感を刻みつけろ!

<感想>


上記のとおり、好きな属性が多かったことと、
TinkerBellは本作が発売される直近の過去作、
つまり2006年や2007年の他の作品は、
良作や何か特徴のある作品ばかりだったことから、
それなら楽しめるだろうと期待した作品でした。
あとは、ヒロインの立ち絵のキャラデザが、
個人的に好みだったこともありますね。

なので、わりと発売前は期待していたのですよ。
しかし、まずグラフィックに関してですが、
立ち絵と一枚絵で同一人物に見えなく違和感があったり、
過去作より妙に塗りが濃くて、
プレイをするうちにその違和感も生じてきて、
あまり良いとは思えませんでした。

このブランドは、二分論だと、
抜きゲー扱いされる作品が多いですが、
直近過去作では、わりとストーリーの良いものもありましたが、
本作では平凡な陵辱ものでしかありませんでした。

タイトルにもあるように、ボテ腹もうりのはずですが、
その要素もかなり低かったですからね。
ここに期待した人も満足できなかったと思います。

<総合>


総合では凡作といえるでしょう。

それまで、褒めるにしろ、
何か欠点があって総合では辛めに評するにしろ、
いずれにしても何かしらの特徴があったことから、
この時期はわりと注目していたブランドでした。
その意識が薄まった、つまり興味が薄れたのは、
特徴に欠ける本作からとなるように思います。
それくらい、残念な作品でしたね。

ランク:E(駄作)

AMAZON


駿河屋


DL版



関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


Summer Pockets   きゃんきゃんバニープルミエール3     シャムロックの花言葉
カテゴリ「2007」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3331-28909808
| ホームへ戻る |