『隷嬢学園 ~煉獄の学舎~』

『隷嬢学園 ~煉獄の学舎~』

『隷嬢学園 ~煉獄の学舎~』は2004年にWIN用として、
Psy-chsから発売されました。

可愛い絵柄でありながら、なかなかハードな陵辱ものでしたね。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
主人公、北沢秀一が親のツテで入学した『○○学園』。
この学園は近年、共学化されるまで、
名門の女子校として名を馳せており、
古くからの伝統によって女生徒上位、
女尊男卑がまかり通っていた。
元来、他人に指図されることに我慢できない性質の秀一は日々、
苛立ちを覚えながら生活していた。
そんな時、女生徒に暴行したとの噂が立ち、
元々素行があまりよくなかった秀一は
自主退学を勧告されてしまう。
女に嵌められたと、屈辱と怒りに身を震わせる秀一。
しかし、女達にも、学園にも、警戒され、
何もすることができなかった。
そんな折、秀一の元へ一本のビデオテープが送られてくる。
そこには、ある女の淫らな行為が映されていた。
『貴方の復讐を手助けする』
手紙には、そんな文面と、
主人公を自主退学に追いやった者の名前が書かれていた。
誰がこれを…?
秀一は、誰かの手の平で踊る事を忌々しく思いながらも、
送り主の意図を探りながら、復讐を実行に移していく。

<感想>


誰かからすすめられて、
それで興味を持った作品だったかな・・・
なんかもう、忘れてしまいましたけれど。

さて、本作は、復讐陵辱ものになります。
エロ重視の作品なので、
いわゆる抜きゲーと呼ばれる類の作品ですね。

特にこれといった秀でたところはないのですが、
恋愛ゲーでもいけそうなくらい、
ヒロインらのビジュアルは可愛かったです。
また、複数人プレイも多めでしたので、
その手の属性がある人であれば、更に楽しめるでしょう。

加えて、ストーリー重視の作品ほどではないですが、
本作にも一応のミステリー要素がありますので、
単にエロだけというではなく、
最低限のストーリー性もあり、
だれずに楽しむことができました。

この辺はまぁ、好みの問題なんでしょうけどね。
抜きゲーはとにかくエロさえあれば良いというのであれば、
同人や低価格の特化作品で、
ひたすらHシーンばかりんの作品の方が向いているのでしょう。
他方で、私みたいなタイプ、
つまり最低限のストーリー性があった方が、
キャラに愛着が沸いて楽しめるというタイプだと、
Hシーンばっかでも興奮できないわけでして。
なので、Hシーンばっかな特化作品よりも、
こういう作品の方がエロ的にも楽しめるんですよね。

<総合>


総合では佳作としておきます。

フルプライス及びその規模の陵辱ゲーは、
今ではすっかり貴重な存在になってしまいましたし、
ひと昔前も、中小ブランドが作ることが多いからか、
どこかしら欠けている作品が多かったわけでして。
だからこそ余計にも、本作のような、
全ての面で及第点以上と呼べるような陵辱ゲーは、
とても貴重なんですよね。

ランク:C(佳作)



関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


捻くれモノの学園青春物語   イブニクル2    きゃんきゃんバニープルミエール3
カテゴリ「2004」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3323-b466310f
| ホームへ戻る |