『ルリのかさね ~いもうと物語り~』

『ルリのかさね ~いもうと物語り~』

『ルリのかさね ~いもうと物語り~』は、
2017年にWIN用として、
ねこねこソフトから発売されました。

ひと昔前の泣きげーを彷彿とさせる作品でしたね。

71B9_zxjfzLL1024.jpg

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
舞台は現代、郊外にある小さな神社。
その神主の一人息子であった主人公は、
●校生の時に親戚の子である初駒ルリと出会う。
まだ幼いルリとケンカしながらも、
いつしか親しくなってくるのだった。
そんなある日、
二人はお互いの両親を事故で同時に亡くしてしまう。
他に身寄りもなく突然、天涯孤独となった二人。
ルリはまだ●学校に入ったばかり、主人公も●校生だった。
悩んだ末に主人公は、ルリと二人で生きることを選ぶのだった。

<ストーリー>


何人かヒロインはいますが、メインヒロインはルリであり、
本作は主人公とルリとの、
二人の生活を描いた作品といえるでしょう。

若干のネタバレとなりますが、
本作は主人公がルリと出会うところから始まります。
徐々に仲良くなっていったところ、
両親の事故死を機に、一緒に生活を始めた二人。
天涯孤独となりつつも、二人で楽しく過ごし始めた矢先、
妹のように大事にしていたルリの病気が発覚します。
そこからは、書かざるとも想像はつくと思います。
したがって本作は、ストーリー上のジャンルとしては、
泣きゲーとか鬱ゲーと呼ばれるものになります。

私は純真で健気な子が、ひたむきに頑張る姿に弱いものでして。
主人公に苦労を掛けたくない、少しでも役に立ちたいと、
けなげに努力するルリが、とても可愛かったです。
だからこそ、その後のルリの姿は見ていてつらかったし、
この手の話には、むしろ年々弱くなっている感すらあります。

本作のルリルートには、ハッピーエンドと、
バッドエンドらしきものがあります。
「らしきもの」と表現したのには理由があって、
確かに結果的にはバッドなんだけれども、
その結末を迎えるにあたり、
一度はすれ違った二人が再度向き合って、
お互いが納得できるように頑張っているんですね。
その姿には心打たれるものがあり、
単純にバッドと割り切れるものではないし、
むしろこちらこそがトゥルーと思う人もいるでしょう。
単に悪い結末にするだけに終わらせるのではなく、
そうした状況においても、
二人の生き様を最後まできちんと描いたことは、
とても良かったと思います。

かように、主観的な満足度は高く、
久しぶりに満足できる泣きゲーをプレイできたのですが、
全く問題がないわけではありません。
本作をプレイして思ったのは、
何よりもまず、「古臭いな」ということでした。
ひと昔前の泣きゲーの構造、そのままなんですよね。
時代設定的にも、15年くらい前に発売されたと言われても、
あまり違和感ないですし。
泣きゲー大好きな人とか、
私のように昔の作品もプレイする人なら、
それでも満足できてしまうのでしょうが、
私ですら古いなと思うような類の作品を、
今の若い人がプレイしてどう思うのかなと。
その点は、プレイしていて、少し気になってしまいました。
まぁ、本作は若者に向けた作品ではないのだ、
ひと昔前のシナリオゲーとかを、
今でもありがたがっている人向けなのだと、
そう言われてしまえばそれまでですけどね。

<感想>


その他の要素として、
本作はフルプライスの作品ではありますが、
ボリュームは少なめです。
そういう意味でも、ひと昔前の作品っぽいですかね。
本作は結局はルリの物語なのだから、他のヒロインを削って、
ミドルプライスにした方が良かったとすら思いますし。
そのため、ボリュームを気にするような人だと、
本作はあまり向いていないかもしれません。

もっとも、個人的には、本作において、
ボリュームはあまり関係ないと思っています。
おそらく、他所の感想とかでも、
プレイ時間が短いという指摘をする人は多いでしょう。
しかし、そのようなプレイ時間の短さを指摘する人はいても、
主人公とルリの関係の描写が不足しているとか、
そういうことを言う人はいないと思います。
つまり、このボリュームの中で、
主人公とルリの関係を描くにあたり必要なことは、
きちんと詰まっているのです。
無能なライターほど、
何かを表現するのに量を要しますからね。
必要なものをコンパクトに表現できたというのは、
それは本作のライターに、
それだけの腕があるという証拠でもあるのです。

本作は、結局のところ、
ひと昔前の泣きゲーを今の技術で表現した作品といえます。
演出等は進化していますし、
個人的には主題歌も非常に好みでしたしね。
そういう意味では、今の技術で再構成したと表現することも、
言えるのかもしれません。
それはそれで徹底できれば、十分評価に値します。
ただ、必ずしもそうも言いきれないから、
厄介でもあるわけでして。
というのも、演出は良いけれど、
グラフィック自体は決して綺麗とは言い切れないですし、
私は細かいシステム周りは気にしないのですが、
UIに神経質な人だと、UIも古臭いと感じてしまうでしょう。
ある要素が古典的でも、その他の要素が現代的ならば、
特に気にもならないのでしょうけどね。
ひと昔前の泣きゲーを、少し古い絵と、
少し古いシステムで表現したとなると、
全体として古い、今さらな印象を抱かれても、
仕方ないのかもしれません。
その意味で、本作は人を選んでしまうのでしょう。

<総合>


総合では良作でしょうか。

上記のように人を選んでしまうのは仕方ないですし、
ストーリーとかも突っ込みどころはいろいろあるのですが、
個人的には設定とサウンドがツボにはまったこともあり、
十分に楽しめましたし、
今年の泣きゲー枠の中では筆頭クラスだと思います。

それにしても、ねこねこの作品は、
デビュー当初から気になってプレイしてきていましたが、
どこかしら引っかかるところが多かったですからね。
結果的に今のところ、本作が、
同ブランドの中でも一番好きな作品になった感じですね。

ランク:B(良作)





DL版


関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


美少女万華鏡 -理と迷宮の少女-  Root Film   Summer Pockets REFLECTION BLUE
カテゴリ「2017」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3321-ea6646a5
| ホームへ戻る |