『SeptemCharm まじかるカナン』

『SeptemCharm まじかるカナン』

『SeptemCharm まじかるカナン』は、
1998年にWIN用として、Teriosから発売されました。

発売前から、非常に注目されていた作品ですよね。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
魔法の王国”エヴァグリーン”を統べる
至高の女王”ツユハ”の居城の最深部、
中央院に厳重に凍結保存されていた”種”が
何者かに盗み出された。
”種”の奪還の任務を受けたのは二人の兄弟、
兄のハヅナに弟のナツキ。
”種”を追い人間界へと舞い降りたナツキは、
一人の魔法の素質を秘めた少女ちはやを
魔法戦士に選び任務に就く。
学校、そしてレストランと、
ナツキ達を翻弄するかのごとく繰り広げられる事件。
人々を豹変される”種”の力とは…。
ナツキと少女ちはやを待ち受けるものは…。

<感想>


テリオスのデビュー作になります。
ブランドとしてはデビュー作だったものの、
原画の横田守さんは、
エルフ(シルキーズ含む)の原画などで、
アダルトゲームの原画としても知名度は抜群でしたし、
当時は凄く人気がありましたからね。
本作も発売前から、非常に注目を浴びていました。
当時の売上ランキングが今手元にないのですが、
ベスト10以内には確実に入っているでしょうしね。

まぁ、原画が横田守さんで、
シナリオが佐野一馬さんですからね。
つまり「猟奇の檻シリーズ」のコンビなわけで、
ブランドとしては初めてであっても、
製作側の実績は既に十分だったといえます。

だからこその、前人気の高さだったのかもしれませんが・・・
個人的には、本作が発表された段階で、
少しがっかりした記憶もあります。
猟奇の檻シリーズの新作とまではいかないにしても、
そういうミステリー系の、
シリアスな物を望んでいたものですから。

あとは、原画の出来そのものですね。
PC98時代の横田さんの原画はどれも非常に良かったのですが、
この作品頃から原画に少し癖が出てきて、
あまり良いと思えなくなりました。
まぁ、ゼロ年代前半くらいまでは、
横田さんは凄く人気があったと思うので、
私個人の感想でしかないのかもしれませんが。

ジャンルとしては、変身ヒロインモノになります。
当時、『カードキャプターさくら』とかが人気でしたから、
その影響があるのでしょう。
内容については、普通といったところでしょうか。
特に面白いというものでもなかったですが、
まだ当時は、音声のない作品も多かったですから、
音声があるというだけでも、良かったかと思います。

<総合>


総合では佳作としておきます。

今やって面白いというものでもないかもしれませんが、
当時非常に注目を浴びていたことは事実ですし、
時代を象徴する作品の中の一つとは言えるように思いますね。

ランク:C-(佳作)



関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


美少女万華鏡 -理と迷宮の少女-  Root Film   Summer Pockets REFLECTION BLUE
カテゴリ「1998」内の前後の記事
トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3318-102d2296
| ホームへ戻る |