『ミザーナフォールズ』

『ミザーナフォールズ』

『ミザーナフォールズ』は1998年にPS用として、
ヒューマンから発売されました。

出すのが早すぎた作品でしたね。



<概要>


ゲームジャンルは3DADVになります。

あらすじ・・・
クリスマスの朝。
山沿いの田舎町「ミザーナフォールズ」の森林で、
1人の女子高生が倒れているところを発見され、
病院に運び込まれるが死亡した。
更に町長の娘が行方不明になっている事が判明し、
警察は2つの事件を関連付けて捜査を開始する。
町長の娘の同級生であるマシューは独自に調査を始めるが…。

<感想>


簡単に言ってしまうならば、
今のオープンワールド系のADVとかと、
同じようなシステムですね。
つまり、フルポリゴンで街が構築されており、
主人公はその街の中を動き回って、
捜査をすることになるのです。
また、ゲームはリアルタイムで進行し、
街の人々も時間に沿って行動しています。

この作品、元々がマイナーではあるのですが、
マイナーとはいえ当時の国民機たるPSでの発売ですからね。
十分触れる機会はあっただろ・・・
とも思える作品ではあります。
そして私が、もしPSでしかゲームをしていなかったならば、
こんな作品はなかったと思って、
この作品に衝撃を受けたかもしれません。

私の過去の記事を読んでいる人であれば、
中には気付いている人もいるかもしれませんが、
私は自由に動き回ってイベントを起こすタイプの作品が、
かなり好きだったりします。
90年代半ばにその手の作品が増えたこともあり、
高得点を付けた作品も結構ありますからね。
だから本質的には、
本作のようなタイプの作品は好きなのです。
街でも学校でも館でも構いませんが、
一定数以上のキャラが生活する空間が構築され、
その中で時間に従って皆が行動する。
そんな中でゲームをすすめるというのは、
一つの理想でもありましたからね。

ただ、そうしたゲームデザインと、
グラフィックの表示方法でフルポリゴンにすることとは、
決してイコールの関係にはならないはずです。
確かに、ハードの性能が向上した今日においては、
3Dのオープンワールド系にすることが、
最も適した手法だとは思います。
しかしそれは、あくまでも「今日においては」と、
限定されます。
その時代、その時代において、
ゲームデザインを表現する最適な方法は異なるのであり、
ポリゴン技術の発達していなかった90年代において、
フルポリゴンで製作することは、
最適な手法とはいえません。
実際、本作においても、グラフィックはショボかったですし、
フリーズとかの弊害もありましたからね。
90年代の技術で、作品内で一つの街等が作られ、
その中でリアルタイムに生活する人々を表現する方法としては、
たぶん最適な手法は『DUST』にあるのだと思います。
或いは同様の手法をとっている他のPCゲーとかもそうですね。
そうした作品を知っていると、本作は、
他に適した選択ができるにもかかわらず、
あえて無謀な選択しただけにしか思えないのです。
本作が早すぎた作品であることは間違いないですが、
それは発想が他の人より先に行っていたのではなく、
誰しも思いつくけど、まだ時期尚早だとして見送った方法を、
無謀にも挑んだだけのように見えるんですよね。
だから出るのが早すぎたのではなく、
出すのが早すぎたというだけなのです。
まぁ、見ため的には珍しさもありましたので、
それはそれで楽しめはしたのですが、
ゲームデザインにおいては、
当時の洋ゲーのPCゲーとかも考慮するならば、
少なくとも斬新とはいえないのだと思います。

また、フルポリゴンによる各種弊害があったとしても、
他の部分が良かったならば、
マイナス要素も吹き飛んだかもしれません。
しかし、本作は、ゲームバランスも大味でした。
そうなると、人によっては酷評されたとしても、
仕方ないのかもしれません。

<総合>


総合では佳作としておきます。

この時期にフルポリゴンに挑めばこうなるんだぜと、
具体例を示してくれた点については、
一定の意義があるようには思います。
また、街の雰囲気の良さも出ていましたしね。
ただ、後のオープンワールド系の先駆けのような、
そんな格好良いものではなく、
単純に手段選択を誤っただけに見えるわけで、
それにより生じた各種弊害のせいで、
全体としては少し残念な作品でもありました。

ランク:C-(佳作)





関連するタグ PS /ADV /


美少女万華鏡 -理と迷宮の少女-  Root Film   Summer Pockets REFLECTION BLUE
カテゴリ「1998」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3317-ca866cba
| ホームへ戻る |