『ノラと皇女と野良猫ハート2』

『ノラと皇女と野良猫ハート2』

『ノラと皇女と野良猫ハート2』は2017年にWIN用として、
HARUKAZEから発売されました。

前作と全然違っていて、
今作は大分面白くなりましたね。

hobe_0378jp-006.jpg

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
ノラがネコになるという事実が発覚してから、数週間。
桜ヶ淵に夏が来た。
海の家のアルバイトでがっつり稼ごうとする
ノラやその仲間たち。
ところが突然、辺りが雪の世界に包まれる。
その元凶は、冥界からやって来たとある少女。
パトリシアに対抗心を燃やす彼女は、
忘れさられた氷の国からやってきた皇女・アイリスだった。
アイリスは得意の魔法でノラたちの学園を氷漬けにしてしまう。
果たしてノラたちは一体どうなってしまうのか。

<感想>


本作は前作の共通ルートの続きから始まる、
アナザーストーリーになります。
基本的にギャグ系の作品なので、仮に前作を知らなくても、
楽しめるといえば楽しめるのですが、
前作をやっておいた方が、キャラへの愛着は深まるでしょうね。
少なくとも、前作の体験版とかやって、
各キャラの設定くらいは把握しておいた方が良いのかなと。

さて、私は前作に対して、
演出等を評価し、一応佳作とはしていたものの、
ハッキリ言うと、主観的には全然楽しめませんでした。
邪魔でしかないナレーションや括弧書きの説明は、
私には苦痛でしかありませんでしたからね。
私個人の主観を除いて考えるとしても、
ノベルゲーであることを否定するかのようなあの構造は、
絵と音との相乗効果から成るノベルゲーとしては、
まったくもってダメだといえます。

だからまぁ、続編である本作に対しても、
最初は全く眼中にありませんでした。
しかし、ある時、ふと体験版をやってみたんですね。
そしたら、上記の前作の欠点が、なくなっているのです。
ギャグ自体は前作も楽しめるものでしたし、
演出も良くテンポも良い作品でしたから、
欠点さえなくなれば普通に面白いのです。
それで本作にも、手を出す気になったというわけです。

まぁ、体験版部分だけ良くて、
その後に変なものが混ざり込んでくる心配はあったのですが、
その心配は杞憂に終わりました。
ギャグ部分は最後まで面白かったです。

キャラは、個性的で楽しいキャラばかりですが、
その中でも、個人的にはユウラシアとノブチナが好きですね。
特にユウラシア。
あの斜めに傾いている立ち絵と、
呂律が回っていないかのように下手にも見えそうな声が、
妙にツボにはまったものですから。
なんかもう、凄く気に入りました。

ストーリーは、ルートによって結構格差がありました。
上記のとおり、ユウラシアはキャラとしては大好きだし、
サブキャラの時は最高に良い味を出しているのですが、
メインになるとかえってくどく感じてしまうし、
個別ルートも、ストーリーは悪かったので、
ちょっと残念でした。

逆にノブチナルートとかは楽しめましたが、
これもちょっと注意は必要ですね。
つまり、例えば抜きゲーだと思ったら、
思いのほかストーリーが良かった的な感じで、
ハイテンションなギャグゲーだと思ったら、
予想外にストーリーも普通に楽しめるってものなんですね。
だから、ストーリーが良いと聞いて、
ストーリーだけを期待して手を出すと、
なんかわりとありがちじゃねと、
物足りなく感じてしまう可能性は高いです。
また、接見時の描写とか、かなり適当ですからね、
リアリティを気にする人とかも向いていないです。
さらに、ノブチナルートは良いとしても、
それはノブチナの物語であって、
主人公の活躍がそんなでもないので、
主人公という観点を大事にする人も、
いまいちしっくりこないかもしれませんね。

あと、前作の後日談的なものもありますが、
かなり短いです。
前作の大ファンで、前作ヒロインが好きで、
それが目当ての人だと、
扱いの小ささに不満を抱いてしまうかもしれません。

総じて、ストーリーは、一部良いルートはあるけれど、
全体の完成度は低いと言わざるをえないのでしょう。
もっとも、書き出すと足りない点が目立ちますが、
キャラの魅力、テキストのテンポの良さに、
演出の良さも加わりますので、
勢いで最後まで一気に楽しめる作品であり、
その点においては、近年の作品の中でも、
トップクラスと言えるように思います。

ちなみに、一部でミニゲームもありますが、
ミニゲームの出来自体はともかくとして、
レースで走っている最中に会話が流れているのは、
なんか楽しくて良かったです。
こういうのは、もっと取り入れてほしいですね。

<感想>


完成度の低さや、続編でありつつ完結編でもないという、
若干のマイナス要素もありますが、
それを含めても十分に良作と言えるのでしょう。
理屈抜きに、ただ単純に楽しかったです。
今年を代表する作品の一つと言えるでしょうね。

はと作品は、実は同人時代から幾つもやっていて、
光るものもあると思いつつも、
いつも何かしら障害となる大きなマイナスがあり、
トータルでは楽しみ切れない作品ばかりでした。
そういう意味では、今回は大きなマイナス要素がなくなり、
初めて心から楽しめたように思います。
この水準を保てるのであれば、今後にも期待できますし、
次回作も楽しみになってきますね。

ランク:B(良作)

AMAZON


駿河屋


DL版


関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


美少女万華鏡 -理と迷宮の少女-  Root Film   Summer Pockets REFLECTION BLUE
カテゴリ「2017」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3315-45425d49
| ホームへ戻る |