『美少女万華鏡 -罪と罰の少女-』

『美少女万華鏡 -罪と罰の少女-』

『美少女万華鏡 -罪と罰の少女-』は、
2017年にWIN用として、ωstarから発売されました。

2年ぶりの新作。
今度の舞台は現代になります。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
とある事情で休学し、入院生活を送っていた主人公・覡夕摩。
一年ぶりに美しい双子の姉・夕莉と再会し、
一緒に暮らし始めるのだが、
彼には決して彼女には言えない秘密があった。
それは、姉の夕莉を心から愛しているということ…。
その秘密が明らかになる時…愛は狂気となって、
彼に襲いかかるのだった…。
きらびやかなエロスに彩られた、万華鏡の小宇宙。
次々と回転する物語を、あなたの目で確かめてください。

<感想>


内容は、近親モノで、狂気を扱ったものになります。
現代を舞台としているので、
何かシリーズっぽくないなと感じた人もいるでしょうし、
その他の要素なども含めて考えると、
やっぱりシリーズらしいかなと思った人もいるでしょう。

とりあえず、このシリーズに対し良く言われることとして、
コスパの良さがあります。
ロープライスでありながら、
高品質なグラフィックとシナリオということですね。
その点に関しては、前作と同様の質を保っていますので、
前作までに満足している人であれば、
本作も十分に満足できるように思います。

個人的には、水準以上はあるとは思うのですが、
主に女性向け作品などで、
ロープライスでもっと化け物染みた作品があることから、
本作がそれほど特別にコスパが良いとも思わないわけでして。
そのため、特に加点要素にもなっていません。

八宝備仁さんの絵は昔から好きだったし、
グラフィックが良いのもシリーズの特徴です。
一枚絵の使い方で、さすがと思ったシーンもあったのですが、
キャラデザとか塗りとか、以前ほどの輝きがないようで、
相対的には全盛期ほどの良さは感じられませんでした。

ストーリーに関しては、狂気モノ自体は好きですが、
いまいち物語に入っていけないというか、
もっと動的なメリハリとか物語に引き込む何かを、
もう少し欲しかったようにも思います。
あと、個人的には、このシリーズに求めるものと、
ちょっと方向性が違ったかなという感じですね。

<総合>


総合では佳作としておきます。

従来からの熱烈なファンであれば、
今作も十分に楽しめる可能性は高いと思いますので、
そういう意味では手堅い作品ではあります。

ただ、上記のように、個人的には、
このシリーズに求めているものが、
本作では少し薄かったように思うわけで、
それに伴い、シリーズへの関心も薄れました。
前作路線なら今後も注目しますが、
今作路線だと、もういいかなって感じですね。

ランク:C-(佳作)





関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


美少女万華鏡 -理と迷宮の少女-  Root Film   Summer Pockets REFLECTION BLUE
カテゴリ「2017」内の前後の記事
トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3314-0c3e59a5
| ホームへ戻る |