『VA-11 Hall-A: Cyberpunk Bartender Action』

『VA-11 Hall-A: Cyberpunk Bartender Action』

『VA-11 Hall-A: Cyberpunk Bartender Action』は、
2017年に発売されました。

オリジナルは2016年に、steamにて発売されました。
その後、Playismで日本語化され、PC版だけでなく、
PlayStation Vitaからも発売されています。

va11ha.jpg

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

商品紹介・・・荒廃した世界にある、
バー『VA-11 HALL-A(ヴァルハラ)』のバーテンダーとなり、
様々な人々と交流していくビジュアルノベル。
主人公が住むディストピアの住民達は、
権力の支配から逃れるためにヴァルハラにやってくる。
バーテンダーであるあなたは
この闇の世界の住民達にカクテルを提供して、
様々な情報を入手していくことになる。
それらの情報から紡ぎだされるディストピアの日常とは…。

<ジャンル>


まず、どうでも良いことなのかもしれないけれど、
一つ気になることから。

ノベルゲームというのは、80年代から存在するわけで、
その形式も細かく見るといろいろあります。
その中の一つとして、画面全体にテキストを表示させつつ、
それでいて、キャラをシルエットで表示させないものを、
ビジュアルノベルと呼んでいました。
したがって、画面下部にあるテキスト欄のテキストを読みつつ、
選択肢を選ぶことで進む形式の作品は、
広義ではノベルゲームにはなるのですが、
ビジュアルノベルではありません。
ノベルゲームが最も多いのは、日本のアダルトゲームですが、
そこにおいては、画面全体をテキストで覆うタイプは、
現在はほとんどないことから、
公式にもビジュアルノベルを称する作品はほとんどありません。

steamは海外が中心であることから、
日本で発達したノベルゲーム事情に疎かったのでしょうね。
日本で発売されたノベルゲームは何でもかんでも、
ビジュアルノベルみたいな表記がなされることが多いです。
更には、日本産のRPGに対してJRPGと呼ぶように、
日本のADVに対してビジュアルノベルと呼ぶことも、
多く目にしています。
私は何でもかんでもビジュアルノベルという傾向には、
当初とても抵抗がありました。
しかし、steamでゲームをする人が、
日本におけるビジュアルノベルと使い方と、
海外でのそれとは違っているのだよと、
海外では日本産のADVを「VN」と呼んでいるのだと、
そう言っていたのを見て、
まぁそういうものかと納得したものでした。

しかし、本作は、ベネスエラのクリエイターによって、
製作された作品になります。
ベネズエラ産のVNとなると、上記の定義も崩れてしまいます。
なんかもう、VNという言葉の指すものがぶれすぎて、
もはや言葉として持つ意味はなくなっているように思います。
だからどうしたと言われると、
確かにゲームをするだけの人には関係はないのですけどね。
表記が何であれ、プレイする人にとって大事なのは、
ゲームの中身なのですから。
ただ、ゲームの歴史とかを語る際には、注意が必要です。
言葉の持つ意味が変化しているということを、
ろくに理解もせずに書かれている記事を、
これまでにも一杯見てきましたからね。
当たり前のようにVNと使われても、
その言葉が何を指すのかは、読み手によって全然違うのだと、
この言葉を使う人は把握しておく必要があるのでしょう。

まぁ、海外でVNと使われている分には、
もうあまり気にならなくなりましたが、
日本の批評家が安易にVNとか使っているのを見ると、
私はその時点で、
その人の言うことが信用できなくなってしまいます。

<ゲームデザイン>


前置きが長くなってしまいましたが、
本作は一部で高い人気を得ています。
その理由はなんなのかと考えると、
究極的には、ゲームデザインにあるのでしょう。

本作の主人公はバーテンダーです。
バーテンダーのやることは、
客と会話をしながら、客の要望に合わせて、
カクテルを作ることです。
だから本作でプレイヤーがやることは、
カクテルを作ることだけです。

でも、それで十分なのです。
上記の設定に従えば、
ゲームにとって必要な要素は、カクテル作りであり、
それが必須であると同時に、
逆にそれ以外は不要であるともいえるのでしょう。
ここに無配慮に選択肢とかデカデカと画面に表示されたら、
バーテンダーとして世界に溶け込んでいるプレイヤーを、
現実に引き戻しかねないのであり、
そうなると雰囲気は台無しです。
とても当たり前なことのようですが、
それすらできていない作品が多い中で、本作は、
必要なことをきちんとできていたということなのでしょう。

そして、バーには、様々な人がやってきます。
バーテンダーである主人公が望むもの、
望まないものに限らず、
様々な人がやってきて、様々な話や要望をしていきます。
違和感のない世界作りのためには、
多彩な住民と物語が必要となります。
本作には、様々な客がきて、いろんな話をしていき、
その客との交流が最大の醍醐味になっています。
つまり、必要なことがきちんとできていたということです。
残念ながら、今の日本のノベルゲームでは、
主人公との恋愛を絡めたようなものばかりになり、
主人公がバーテンダーであることを活かしたものは、
なかなか出てこないと思いますし、
そこが本作との違いなのでしょう。

私はADVにおいてゲームデザインを常に重視していますが、
今の日本においては、重視されなくなってきています。
でも、ゲームにおいて最も重要な要素であることを、
一見するとショボく見えるこの作品から、
再認識することができるのではないでしょうか。

<感想>


ムードを生み出すサウンドを聞きながら、
プレイヤーと個性的なキャラとのやりとりを楽しみ、
その交流を邪魔せず、かつ促進するようなゲームデザイン。
本作にファンが生まれるのも、
当然といえば当然なのでしょう。

ただ、本作が問題のない作品かというと、
決してそうではありません。

まず、プレイヤーが行うカクテル作りですね。
ここが凝っていれば、
バーテンダーシミュレーター的な楽しみ方もできたでしょう。
しかし、本作におけるカクテル作りは単調であり、
作業と言われかねません。
この部分だけに注目してプレイすると、
間違いなくガッカリすることでしょう。

また、本作では、このカクテル作りにより、
ストーリーの分岐が発生します。
一般的な選択肢でない選択肢により分岐させることは、
これまでにも幾つも例があります。
芸術を題材にした作品で、どの色を選ぶかで分岐とか、
そういう作品とかもありましたしね。
そして、そのような構造の場合、
分岐が分かりにくいと批判されることもあり、
本作もそれを免れるだけの工夫はなされていません。

グラフィックについては、
レトロゲーをリスペクトした作品ということで、
昔のゲームのような雰囲気となっています。
まぁ、画面は見ればすぐわかりますので、
俺は最新の美麗なグラフィックでなければだめという人は、
最初からプレイしないでしょうからね。
だから特に問題も生じないのでしょうが、
どうしても人を選ぶことは確かでしょうね。

私は、古いゲームの感想も多く書いていますが、
基本的には現在進行形でプレイしているのであり、
常にその時代の最新のものを求めています。
だから意図的に古くしたみたいな作品は、
正直なところ、あまり好きではありません。
もっとも、一概に否定するつもりはなく、
最新の技術を用いつつも8色で表現してやるぜとか、
そういう制限の中でこだわりを見せて作るのであれば、
それは十分にありだとは思うのですが、
本作からそういうところは伝わってきません。

そもそも、本作は、PC98時代をリスペクトと言ってますが、
そこに違和感があります。
本作のグラフィックを見ていると、
PC88時代後期の作品を見ているようです。
もっと言うならば、80年代から90年頭にかけての、
PCエンジンのADVのようだという感じですね。
PC88後期の優れたADVの演出は、
本作よりもっと良かったわけであり、
PC98に関しては、言わずもがなというやつです。
過去の時代をリスペクトするのは構わないけれど、
それで過去の作品より明らかに劣っているのでは、
そこに一体何の意味があるのか、疑問に思ってしまいます。

まぁ、グラフィックに関しては、
レトロ風にしたのだということで、
これはこれで良いとしても、問題はシステムです。
見た目をレトロ調にしたからといって、
その中身までレトロに合わせる必要はないのであり、
あくまでも現代の作品なのですから、
現代的なシステム周りを構築すべきです。
まぁ、steamのADVとかしかプレイしていないと、
あまり気にならないかもしれませんけどね。
それこそ、何年紙芝居ばっか続けているのかと揶揄される、
現代のアダルトゲームのノベルゲーにおいても、
システム周りは日々快適になるよう進化しているのです。
私も、何でいまだにエロゲをやっているのかとか、
たまに言われたりもしますが、
そこは一人の現役ユーザーとして、
今のアダルトゲームの良いところは、
しっかりと主張させてもらいます。
本作は現代のノベルゲームである以上、
現代の他のノベルゲームと比較されても、
それは仕方のないことでしょう。
そして本作は、今の日本の商業ノベルゲーと比べて、
システム周りは非常に弱いですし、
同人ゲームのそれと比べても弱いです。
私はノベルゲームのシステム周りには、
あまり煩くない方ですが、
ノベルゲーマーの中にはこだわる人もいます。
日本の最新のノベルゲームをプレイし続けている人が、
本作をプレイすると、
ストレスを感じてしまうおそれは十分にあります。
本作は、違和感なくその世界に没頭できるというのが、
生命線だと思うだけに、
システム面から生じるストレスは、
人によっては致命傷になりかねません。
レトロゲームをリスペクトするのは構いませんが、
現代の作品である以上、
現代の良いところは素直に取り入れるべきなのです。

違和感がなくプレイできることが生命線という点では、
洋ゲーの場合、翻訳も大事になります。
翻訳に関しては、不満もちらほら見かけますが、
本作の翻訳者とは一応面識があるので、
指摘だけにとどめておきます。

あとは、個人的な感想になってしまいますが。
様々な人との交流を楽しむ作品って、
私は実はかなり好きなんですよね。
私の記事を良く読んでいる人は、わかるかなとも思いますけど、
90年代半ば頃には、結構そうした作品があって、
その中で高く評価した作品も多いです。
だから好きなんだけれど、どうしても、
90年代半ばの優れた作品を想起してしまいます。
また、本作の世界観はサイバーパンクをベースにしていますが、
90年代半ばのPCゲーって、
サイバーパンクを題材にした作品が多かったです。
むしろ食傷気味になって、
もうこういうの要らないよと思ったくらいです。
それに加えて、本作のグラフィックもレトロ風ですからね。
そうなると、昔にあったような内容を昔風に表現し、
全部が昔風となってしまうと、
どうしても当時を思い出し比較してしまうし、
今更本作に何の価値があるのかなと、疑問に思ってしまいます。
これが最先端の美麗なグラフィックのもと、
こういう内容の作品であったならば、
過去にあったような作品を現代的に再表現したということで、
単純に評価できたと思うのですけどね。

<総合>


ゲームにおいて一番大事な部分がしっかりしていたので、
総合では良作と言って良いと思います。
根幹となる部分はしっかりしているのだけれど、
細部が大雑把な作品という感じですね。
そこがインディーズらしいといえばらしいのかもですが、
改善すべき点も多いことから、
完成度が高いとは言えないでしょう。
まぁアイデア先行でも、それが突き抜けていれば、
それで十分名作足りうるし、
むしろ私の好むところではあるのですけどね。
過去の作品をリスペクトするのは構わないけれど、
その影響下で小さくまとまってしまっているというか、
好きな作品を真似た範疇でおさまってしまっていて、
もう一つ個性が発揮しきれていないのかなと。

ただ、良作ではあるのだけれど、
昔の作風ををありがたがる懐古と呼ばれそうな人でありつつ、
それでいて昔のPCゲームには案外疎いような人で、
しかも最新のノベルゲームとか知らないような人でないと、
心底は楽しむことはできないようにも思いますし、
その点で人を選ぶ作品ではあるのでしょう。
まぁ、どれかに該当すればそれなりに楽しめるでしょうし、
steamのゲーマーには多そうなので、
市場には合致しているのかもしれませんけどね。
(PSVitaだと、またユーザー層が異なるうえに、
移植の兼ね合いもあるので、少し微妙ですが・・・)

いずれにしろ、今の日本のノベルゲーのクリエイターも、
この作品から学ぶことはありますが、
海外のインディーズのクリエイターも、
日本のノベルゲーから学ぶことも多いなと思うわけでして。
今のエロゲには閉塞感が漂っているけれど、
本作が絶賛される時点で、
steam系には違った意味で閉塞感を感じてしまったのは、
少し残念ではありました。

ランク:B-(良作)



関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


美少女万華鏡 -理と迷宮の少女-  Root Film   Summer Pockets REFLECTION BLUE
カテゴリ「2017」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3310-2788cfd9
| ホームへ戻る |