『大迷宮&大迷惑 -GREAT EDGES IN THE ABYSS-』

『大迷宮&大迷惑 -GREAT EDGES IN THE ABYSS-』

『大迷宮&大迷惑 -GREAT EDGES IN THE ABYSS-』は、
2016年にWIN用として、ライアーソフトから発売されました。

希作品の入門作に相応しい作品でしたね。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

商品紹介・・・
それは、ここではないどこか。
いまではないいつか。
まだ若々しく荒々しい世界の一角。
大陸北西地域、“溜息の沙漠"を越えて、
“闇霧大森林"と“血みどろ首洗い川"の狭間に僅かばかり広がる
“ケンダリア平地"が尽きて“鉄拳山脈"へと続く山裾地帯に
その迷宮は入口を開けていた

Liar-Soft(raiLsoft)の人気作 『信天翁航海録』の
希&こめ コンビ復活!
大海原から舞台を移すのは前人未到の大迷宮! ?
一人の若き侍と三人の麗しき?美女が挑むのは、
スフィンクスとドラゴンに、あと蛸とか、
てんこもりのモンスターと、危険な謎とが冒険者を待ち受ける
“深淵の地下迷宮(ルビ:ジ・アビス)"
冒険者たちが繰り広げる、笑いと涙とエロスに
ちょっぴりシリアスな日常を描いたスチャラカ冒険奇譚。

<感想>


地の分の多さに加え、文学風の文体であることから、
エロゲテキストの中でも異彩を放ち、
好き嫌いは分かれるだろうなとは思いつつも、
はまる人ははまり、根強いファンもいるのが、
シナリオライターである希さんの作品になります。
その魅力が存分に発揮された作品となると、
また他の作品を挙げたくなるのですが、
プレイしていて単純に楽しかったなと思うのは、
個人的には『信天翁航海録』だったりします。

本作は、『信天翁航海録』と似たような路線であり、
読んでいて単純に楽しいと思える作品でした。
また、希さんの作品は、上記のような特徴のため、
テキストに非常に癖があり、
それで人を選ぶ傾向があったのですが、
本作は過去作と比べても癖が少なく読みやすいので、
従来のファンにうけるかは微妙なところもありますが、
逆に幅広い人に楽しんでもらえると思うわけで、
希さんの作品の入門作としても良いかもしれません。

さて、本作は、どこか変な連中が、
ダンジョンに潜るという内容であり、
上記の通り読んでいて楽しい作品になっています。
その意味での面白さは、過去作同様と言えるのでしょう。
ただ、プレイしていて気になることもありまして。
本作では、ゲームブックやTRPGに詳しい人の方が、
にやりとできるような場面がいくつもあります。
ゲームブックやTRPGを意識させる内容であるのなら、
本作は小説ではなくゲームなのですから、
それこそゲームブックのような分岐を、
もっと随所に入れて欲しかったと思います。
しかも本作はダンジョンを探索する作品なわけですから、
ダンジョン内部を表示して、
移動式ADVにした方が良かったとも思いますし。
結論から言うと、ゲームデザイン次第では、
もっと面白くなる可能性はいくらでもあったと思うのです。
ライアーソフトは、過去の作品とかでは、
わりとゲームデザインも考えた作品があったのですが、
この作品ではそれがなかったのが残念でした。

<総合>


総合では佳作としておきます。

もっとも、これは、ゲーム全体として考えた場合に、
納得いかなかった部分があったという結果ですからね。
したがって、テキストの楽しさだけでいうならば、
良作相当の作品だと思いますから、
その点を重視する人であれば、
楽しめる確率は高くなるように思いますね。

ランク:C(佳作)

AMAZON


駿河屋



関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


缶詰少女ノ終末世界        母爛漫      クダンノフォークロア
カテゴリ「2016」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3305-92f8fab6
| ホームへ戻る |