『ガンブレイズ』

『ガンブレイズ』

『ガンブレイズ』は1994年にPC98用として、
アクティブから発売されました。

ゲーム機にも移植された、アクティブ初期の代表作ですね。

gunblaze01.png

<概要>


ゲームジャンルはRPGになります。

大まかなあらすじとしては、舞台となるのは、近世イギリス。
7つの海の支配者として大いなる発展を遂げたイギリス。
しかし、その一方で、大気は汚染され、
テムズ川からも汚臭が漂い、
犯罪も日常茶飯事と化していました。
主人公である、売れない探偵のマークは、
暴漢に襲われそうになっていたジュエルという少女と出会い、
秘密結社「薔薇十字団」の野望を阻止することになります。

<感想>


アクティブというのは、少々特殊なブランドでして。
多くのブランドの場合、
代表作と呼ばれる作品の中に何かしら他所にはない特徴があり、
まずは代表作をおさえておけということになります。
しかし、アクティブの場合は違っていて、
むしろ小粒でマニアックな作品の中に、
これはと思うような強烈な特徴を有していることが多く、
どうしても知る人ぞ知るみたいな位置付けになりやすいのです。

そのアクティブの作品の中で、
コンシューマーにも移植され、おそらく代表作と呼べる作品が、
この『ガンブレイズ』になります。
RPGは90年代に大人気だったジャンルですし、
移植されたという事情もありますので、
知名度という観点からアクティブの代表作を考えると、
この作品になるのかもしれませんね。

さて、サターンに移植された98年においては、
こういう設定のRPGも、
決して珍しくなくなったかもしれませんが、
本作のオリジナルが発売されたのは、94年になります。
その時期の家庭用ゲーム機では中世FTモノばかりでしたし、
本作のような設定の作品も珍しかったかと思います。
それに加えて、CGは良く出来ていて、
特にキャラデザが可愛かったことから、
設定やグラフィックのインパクトは結構あり、
本作の魅力となっていました。

他方で、肝心のゲーム部分は、
割と大雑把だったように思います。
また、94年のアダルトゲームって、
全アダルトゲームの歴史の中でも、
最もRPGの名作の多かった年でもありまして。
もちろん本作には、それらの中に混ざっても、
埋もれないほどの個性はありましたが、
だからと言ってそれらを超えるほどの内容でもなく、
相対的に沈んでしまった感は否めないのでしょう。

<総合>


個人的にはキャラが好きだったということもあり、
総合ではギリギリ良作としておきます。

この時期のRPGという観点からは、
必ずしも優先度が高いわけではないですが、
アクティブのファンや原画のファンには、
おさえておいてほしい作品でしょうね。

ランク:B-(良作)



関連するタグ PC98 /RPG /


缶詰少女ノ終末世界        母爛漫      クダンノフォークロア
カテゴリ「1994」内の前後の記事
トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3304-8fc89e8f
| ホームへ戻る |