『妖縛奇譚』

『妖縛奇譚』

『妖縛奇譚』は2016年にWIN用として、
サークル 裏ぴろちゃきから発売されました。

広崎悠意氏による調教SLGシリーズになります。



<概要>


ゲームジャンルは調教SLGになります。

商品紹介・・・
■生贄を育てる心霊シミュレーションゲーム
伝説の残る山村。朽ちた屋敷。
背徳感漂う背景で、少女を嬲り続ける。目的は、壊す事。
悪霊は、恐怖と色欲と屈辱にまみれた生贄を欲している。

調教シーンは、常に動いている動画で表現。
1280X720、秒間30コマの動画で滑らかに動きます。

ヒロイン二人はフルボイス。
動画表現と相まって、臨場感のある調教を演出します。

■闇の気分を盛り上げる伝奇ストーリー
南部隆道に、父親と自分の死を予告するカードが届けられた。
真に受けていなかった道隆だが、予告通りに父親の訃報を受ける。
父親の葬儀のために、
時代に取り残されたような山村に帰郷した道隆には、
死の恐怖が日ごとに膨らんでいった。
父親が祟り殺されたという話を追ってゆき、
廃止された儀式の事を知る道隆……。
それは、大昔の生贄の儀式だった。

<感想>


某所とか、DMMとかを見ると、
製作者の名前が挙がっていないのですが、
この作品の場合、広崎悠意作品なのだと、
全面的に推した方が良いと思うのですが・・・
私も、広崎作品だから興味を持ったわけですし。

というわけで、知っている人は知っていると思いますが、
本作は、調教SLGの金字塔である「虜シリーズ」を製作した、
広崎悠意さんによる調教SLGになります。

なので、簡単に言ってしまえば、虜シリーズの亜種ですね。
ファンならやって損はしないでしょうし、
調教SLGって何かわからないという人は、
古さが気にならない人であれば、
個人的には虜シリーズからやって欲しいところです。

本作は、ヒロインが生きているかのように動いているので、
広崎さんの描くヒロインの肢体のリアルさと相まって、
リアリティが更に増していますね。
また、忍び泣くヒロインの声が、とても心地良く、
ゲームをしないにもかかわらず起動だけはして、
作業用BGM代わりにしていたものですw

本作の特徴を挙げるとするならば、
ヒロインには恨まれることと、
あとは今回はオカルト要素が強くなっていることでしょうか。
オカルト要素が強くなったことは、賛否は分かれると思います。
マンネリになっても仕方ないから、
変化を付けるのは良いことだと思う人もいるでしょうし、
逆にリアリティが魅力と感じていた人だと、
ベクトルが反対だよと思った人もいるでしょうからね。

<総合>


本作のプレイを通じて得ることのできる雰囲気というのは、
もはや広崎ゲーだけのオンリーワンなものであり、
他のエロゲでは代替できないものだと思います。
そういう意味では意義のある作品ではあるのですが、
広崎作品内で更に優れているかとなると、
もうひと押し足りないのも確かでして。
したがって、総合でも良作としておきます。

ランク:B-(良作)




関連するタグ WIN /SLG /


缶詰少女ノ終末世界        母爛漫      クダンノフォークロア
カテゴリ「2016」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3300-7e611cb9
| ホームへ戻る |