『それでも妻を愛してる2 ~女教師妻・茉莉花の場合~』

『それでも妻を愛してる2 ~女教師妻・茉莉花の場合~』

『それでも妻を愛してる2 ~女教師妻・茉莉花の場合~』は、
2017年にWIN用として、ルネTeamBittersから発売されました。

前作が面白かったので期待したのですが・・・



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
面倒見がよくて、それでいて勝ち気な性格をしている
女教師の『茉莉花』。
そんな彼女にずっと想いを寄せていた主人公『天海優登』は、
教え子として卒業する間際に告白。
一度振られたこともあったが、
褪せない優登の熱意に茉莉花は告白を受け入れてくれるのだった。
それからは幸せな日々が過ぎていく。
長く付き合うなかで結婚もして、記念日を重ねることができた。
ケンカをしたり、怒られたりすることはあれど
優登には掛け替えのない時間が過ぎていく。
これからもその幸せが続くと信じていた――――
優登は大学生になっていた。
そんな季節に茉莉花は遠い学校へ異動してしまう。
通うには遠すぎて、たまに帰ってくるぶんには容易な距離。
しかし、一緒に暮らすには難しいと茉莉花は単身赴任をしてしまう。
遠く離れて生活するようになって忙しい毎日が続いていく。
それでも寂しくないよう互いに連絡を取り合うことを心がけた。
そんな日々の中で’互い’に異性の陰がちらつくようになってくる。
『本当になんでもないのだろうか』
いくら信用しあった仲とはいえ、
顔を合わせて気持ちを聞くことも出来なくなると
不安が押し寄せてきてしまうようになる。
いつしかそれは我慢しきれないほどまでに募っていき
取り返しのつかない事を起こしてしまう……

<感想>


前作は約6年前になりますか。
寝取られゲーが増え始めて数年という状況の下、
これまで出てきた寝取られ要素を網羅せんとばかりに、
多くの寝取られ要素を盛り込み、
寝取られのカタログゲーのような内容だったのが前作でした。
作品の出た時期なども考慮すれば、
前作の存在意義はそれなりにあったと思いますし、
また単純にプレイしていて楽しい作品でした。

それをうけて、約6年ぶりに新作ですからね。
前作をプレイした者としては、期待したくもなります。

ただ、今年はそういう期待作がはずれることも多く、
本作もまた、その中に含まれてしまうのかなと。

本作にも、複数の間男が登場し、
様々な寝取られが発生します。
しかしながら、なんか印象が薄いわけでして。
全体的に、とにかく地味なのです。

単身赴任をして、夫と別々に生活をすることになったヒロイン。
本作は寝取られゲーというよりも、
そうした遠距離で離れて生活する夫婦の、
すれ違い生活を描いただけみたいな作品なんですよね。

<総合>


総合としては、凡作としておきます。

致命的にここが悪いという作品ではないので、
普通に楽しめる人もいると思いますけどね。
6年ぶりになんでこれを出そうと思ったのか、
その存在意義が分かりにくい作品となってしまったのが、
少し残念でしたね。

ランク:D-(凡作)



DL版


関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


缶詰少女ノ終末世界        母爛漫      クダンノフォークロア
カテゴリ「2017」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3290-8c77c8cb
| ホームへ戻る |