きゃんきゃんバニー スピリッツ

きゃんきゃんバニー スピリッツ

『きゃんきゃんバニー スピリッツ』は1991年にPC98用として、
カクテルソフトから発売されました。

きゃんきゃんバニーシリーズの第三弾になりますね。

CAN3.jpg

<ゲームデザイン>


ゲームジャンルはコマンド選択ADVになります。
内容的にはナンパものですね。

本作は「きゃんきゃんバニーシリーズ」の第三弾ということで、
シリーズ物ではあるのですが、各作品間につながりはありません。
次のプルミエールからはスワティがサポート役になるので、
初代サポート役である亜理子ちゃんも今回までの登場になります。

また、以後の作品はサポート役が代わるだけでなく、
ゲームの内容・方向性自体も変わっていきますので、
初代からの路線は本作で最後となるわけですね。

この「スピリッツ」では、まず「ねるとん編」と「海外旅行編」のどっちかを選択し、
年齢、外見、職業などの項目につき主人公をカスタマイズします。
そして用意された女の子の中から好きな子を選択し、ナンパするのです。

ゲームとしてはアイコンを選ぶとそこから3択が出現し、
その答えに応じて好感度が上下する仕組みでした。
ゲームジャンルとしてはADVとなるのでしょうが、
好感度の数値がカギを握るということで、
SLGにも通じるところはあるのでしょう。
ちなみに、この選択肢選びが非常に難しくて、
答えによっては1発でゲームオーバーにもなりますし、
セーブ&ロードが必須な作りでした。

見方によってはゲーム性が高いと言えるのかもしれませんし、
実際攻略のしがいはあったのですが、
あまりに難易度が高かったので情報無しのプレイはきつかったです。

<感想>


グラフィックは綺麗でキャラも可愛く、
上記のようにゲーム性も高いともいえる。
なので完成度は結構高かったのだと思いますが、
どちらかというとスピリッツはゲーム性重視のADVなわけでして。
ゲームにやりがいがある分、ストーリーはあってないようなものでした。
カクテルソフトはこの年に『NIKE』と『コズミックサイコ』という、
ストーリーの傑出した名作を輩出しています。
それらと比べちゃうと物足りなく感じちゃうかもしれません。
まぁストーリーを求めるのならNIKEはコズミックサイコで、
ゲームとしての歯応えも求めるなら本作でということで、
異なる方向性で限界に挑んだということなのでしょうし、
あとはユーザーの好み次第なのでしょうね。

Hシーンも2画面表示で迫力があったのですが、
個人的には少し好みとは違うので残念でした。
当時ってスクロールするゲームが結構あったけど、
本当に需要あったんですかね?

<総合>


総じて良くできたゲームではあったのですが、
難易度以外には大きな特徴もなかったわけでして。
なので総合では良作にとしておきたいと思います。
まぁ、古い作品ではありますが、近年はこういうゲームはないですからね。
今プレイしても、案外新鮮な感じでプレイできるかもしれませんね。

ランク:B(良作)

PC-9801 5インチソフト きゃんきゃんバニー スピリッツ

関連するタグ PC98 /ADV /コマンド選択式 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1991」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/329-b0d5af33
| ホームへ戻る |