『銀色、遥か』

『銀色、遥か』

『銀色、遥か』は2016年にWIN用として、
tone work’sから発売されました。

とてもボリュームのある作品であり、
だからこそそこが分かれ目になるのかもしれませんね。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
君と初めて過ごした冬。そして、10年後に過ごす冬。
静かに雪の降り積もる、幌路市。
最北の政令指定都市であるこの町では、4月の雪も珍しくはない。
中学 2年生の新学期、新見雪兎は新しい春を迎えようとしていた。
思春期の小さな出会いと、胸の高鳴り。
少年と少女の想いは、やがてきらめく結晶となる。
カナダからやってきた転校生・ベスリー。
無限の夢を追い続ける新入生・雛多。
演劇への憧れを抱くクラスメイト・椛。
銀鳥のごとくリンクを舞うフィギュアスケーター・瑞羽。
そして、義妹になったばかりの少女・雪月。
これは、その始まりと、ひとつのゴールの物語。
君と過ごす10年間。 3つの季節を巡る、恋の物語――

<感想>


本作は中学編、高校編、その後を描くアフター編と、
比較的長い時間を扱った作品になります。
今のエロゲは短期間を扱った作品の方が多いこともあり、
長期間であるというだけでも貴重といえるでしょう。
また、全体のボリュームも非常に多い作品ですので、
はまればかなり楽しめる作品になります。

まぁ、オールクリアまでが長い作品であっても、
好きなルートだけプレイして、
それで満足して構わないのであれば、それで良いのですけどね。
誰でもクリアできるノベルゲーが主流になって、
オールクリア必須とかいう作品が増えたこともあって、
それで全部クリアしなければ語るなとかいう輩も出始めたけれど、
そもそも昔のADVって、
クリアできないのも当たり前でしたからね。
だからオールクリアしていなくても、
自分がプレイした分で満足できたのならば、
それで良いのだというジャンルが本来のADVなのです。
可愛いなと思ったからその子のルートをやる、
シナリオの評判が良いからその子のルートをやる、
理由は何だって良いのです。
やりたいなと思ってプレイして、
それで楽しめればそれで良いのですよ。
だからまぁ、少しプレイして面白いと思った人ならば、、
このボリュームにより、更に楽しく感じただろうなと思います。

ただ、個人的には少し気になる点もありまして。
最初は楽しく感じた平坦な日常シーンも、
あまりに長いと途中でだれてしまう可能性は高くなります。
また、作中の期間が短期間であれば、
仮にその間だけ男性キャラが出て来なくても、
そういうこともあるだろうと理解はできます。
しかし長い年月を扱った作品だと、
その間に主人公の友人とか、
男とのからみが絶対に存在するはずであり、
男性キャラの出番が少ないと違和感が生じます。
また、せっかく異なる年代を扱うのであれば、
中学高校のように狭い範囲でではなく、
もっと幅広い年代で扱った方が、
メリハリが生まれて良かったと思うんですよね。

<総合>


恋愛ゲームには面白いと思える要素が多数ありますが、
じゃあその面白いと思える要素を全部詰め込めば、
更に面白くなるのかというと、必ずしもそうではありません。
いろんなものを組み合わせることにより齟齬や破綻が生まれ、
かえってマイナスに作用するケースも多々あるのです。

本作はストーリーにいろんな要素を盛り込み、
その結果大ボリュームの作品となったのだけれど、
そのせいで逆に違和感を覚える点も増えてしまい、
それでいてその部分のフォローがされていないわけでして。
だから、それらが気にならなければ非常に楽しめるのだけれど、
一度気になりだすと、そのボリュームが逆に仇になって、
かえって楽しめなくなる、
そんな作品だったように思いますね。

ランク:C(佳作)





関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「2016」内の前後の記事
トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3288-78a9ed43
| ホームへ戻る |