『火焔祭 (ほむらのまつり)』

『火焔祭 (ほむらのまつり)』

『火焔祭 (ほむらのまつり)』は1998年にWIN用として、
ソルシエールから発売されました。

日焼けした元気娘のスク水の焼けあとは最高でした。



<概要>


ゲームジャンルはコマンド選択式ADVになります。

あらすじとしては、フリーライターの主人公が、
秘湯の取材のために人里離れた山村を訪れたものの、
財布をなくし仲間ともはぐれて途方に暮れてしまいます。
そんな主人公を助けてくれたのが、
温泉旅館を切り盛りする4人の姉妹でした。
主人公はそこにやっかいになりながら取材を始めることにし、
やがて村にまつわる秘密にかかわっていくという、
サスペンス風の伝奇モノになります。

<感想>


ソルシエールは、主にPC98時代末期に活躍したブランドであり、
小粒だけれど、どこかしら変わった作品も多く、
個人的には結構好きなブランドでした。
ブランド前作にあたる『TAXI幻夢譚』は、
一つのシチュエーションから様々に分岐し、
今でも印象に残るくらい好きな作品でした。

『TAXI幻夢譚』まではPC98用だったのですが、
本作からはWIN用となりますので、
本作がWIN用としてはブランド初のオリジナル作品になります。
・・・が、結果的には、この作品以降、
ブランドが下降線を辿って行ったということなのでしょう。

さて、本作はマルチエンドのコマンド選択式になります。
もっとも、最初は強制BADであり、
2周目・3周目と重ねるごとに選択肢が増え、
それに応じてENDも増えていく形でしたので、
実質的なプレイ感覚としては1本道となります。
人気だった某伝奇ノベルの形を取り入れたのかもしれませんが、
個人的には失敗だったと思います。
しっかりとしたストーリーを構成できるのであれば、
実質的な1本道でも大丈夫なのでしょう。
しかしこの作品に、ヒロインごとの各シナリオを連結させた、
一本のまとまったストーリーはありませんでした。
きちんとまとまりきれていなかったですし、
全体のボリュームも少なかったのです。

マルチエンドのようでいて、それらが一つに収束するというのは、
その後のエロゲでも増えており、
名作と呼ばれる作品の多くも採用しているように、
大作感にもつながる有用な手法の一つではあるのでしょう。
しかし、全てのブランドに向いているわけではありません。
そもそもこのブランドの良さって、
小奇麗に纏め上げるところにあるのではないと思うのですよ。
『TAXI幻夢譚』のように、幾つものシナリオが用意され、
次はどうなるのだろうというワクワク感を与える方向の方が、
このブランドには向いていたと思うんですよね。
何か、荒れ球のストレート一本で勝負していた投手が、
中途半端にコントロールを気にし出して失敗したみたいな、
そんな印象を受けました。

そのため、内容としては酷評する人がいても、
何ら不思議ではないのですが、
1点だけ、それもその1点で全てが許されるくらいの、
強烈なインパクトがありまして。
それが、三女のスク水の焼けあとなのです。
本作には4人の姉妹が登場し、どのキャラも可愛いです。
その中で、三女は、褐色の肌をしています。
これは元気少女のため、日に焼けたからであり、
脱ぐとスク水部分だけが、見事に白い肌になっています。
この黒と白の対比が、非常に素晴らしかったのです。
この作品は、この場面だけのためにあると言っても、
決して過言ではないのでしょう。

<総合>


作品としては、総合評価としては、
結構厳しいことを書かざるをえない。
でも、個人的には結構好きなんだよなと、
そういう人が多そうな類の作品ですね。

確かに作品全体の出来からすると、
D-以下の評価となってしまうと思います。
ただ、スク水の焼けあとがね、
とにかく印象的でして。
それだけでも、ある程度満足できてしまったのであり、
主観的には何だかんだで好きな作品でもありました。

ランク:D(凡作)



関連するタグ WIN /ADV /コマンド選択式 /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「1998」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3284-a3a5f51c
| ホームへ戻る |