アダルトゲーム ベスト10 1993年 (次点等)

アダルトゲーム ベスト10 1993年 (次点等)

今回は番外編。

1993年のアダルトゲームのベスト10に入る前に、
惜しくも圏外となったけれど、忘れられない良作、
知っておいてもらいたい名作などを幾つか挙げておきます。

<1993年 次点等>


分裂守護神トゥインクル☆スターAct.1
PC-9801 3.5インチソフト 分裂守護神トゥインクルスター

・・・コマンド選択式ADV、スタジオ・トゥインクル
元バーディソフトのメンバーによるブランドの作品ですね。
場面ごとに応じた適切な工夫がなされた作品でした。
ADVとは、こうやって作るものだという、良いお手本であり、
細部にわたり配慮の行き届いた作品でした。
完結していれば、傑作にもなりえた作品でしたね。


禁断の血族
禁断の血族

・・・館モノ、コマンド選択式ADV、シーズウェア
今初めてプレイした人は、
これに似てもっと面白い作品があると言うかもしれません。
しかし、そうした意見は、極めてナンセンスです。
館モノも、SMもメイドもスカトロも他の要素にしても、
後にジャンルとして定着したものの多くが、
この作品に含まれているのです。
この作品が話題にならなければ、
後続の似た属性の作品も生まれなかったかもしれないことは、
本作の功績と共に覚えておかなければならないのでしょう。


ハートヒートガールズ
PC-9801 3.5インチソフトハートヒートガールズ

・・・SF、P&C式ADV、キャッツプロ
この作品のグラフィック、サウンド、演出と、
大作感は凄かったですね。
そして、そういう作品ほど、
えてして一般ゲーで出されるわけでして。
今でもそういうブランドは幾つかありますが、
時代は繰り返すってことですね。


マリオネットマインド
マリオネットマインド

・・・FT、コマンド選択式ADV、スタジオみるく
幾つかのシナリオがあり、それらを読んだ後に、
総まとめの、いわゆるトゥルールートが存在する。
そういう作品も今では珍しくなくなりましたが、
アダルトゲームブランドの作品で、最初に導入した作品となると、
この作品辺りになるのかなと。
ADVのゲームデザインに着目する人は、
スタジオみるくの作品は要チェックでしょうね。


カスタムメイト
PC-9801 3.5インチソフト カスタムメイト

・・・恋愛、コマンド選択式ADV、カクテルソフト
理想のヒロインがいないのであれば、自分で作ってしまえ。
そういうコンセプトの作品は今も幾つかありますが、
その元祖が本作でした。


マージナル・ストーリーズ
マージナル・ストーリーズ

・・・オムニバス、コマンド選択式ADV、フォレスト
『禁断の音律』というホラー作品は、
小粒だけれども印象に残る作品でした。
少し暗めのアングラな雰囲気の漂う、
エロとストーリーの両立した作品。
そういうPC98時代のアダルトゲームのイメージは、
本作をはじめとして、
この頃から出てきたように思います。


亜紀子プレミアムバージョン
亜紀子プレミアムバージョン

・・・エロ、コマンド選択式ADV、レッドゾーン
名前シリーズの1作目ですね。
原点回帰、ルネサンス、表現は何でも構わないのですが、
1993年のアダルトゲームの最大の変化は何かというと、
それは間違いなく、過激なエロの復活といえるのでしょう。
94年以降のアングラな雰囲気の漂う作品らも、
92年の規制の影響によるエロ薄時代を乗り越えての、
93年の過激なエロの復活があってこそです。
そういう意味では、93年のはじめに、
本作や『禁断の血族』が出たという事実は、
アダルトゲーム史においては非常に大きいことだといえます。

関連するタグ PC98 /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「備忘録」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3281-eb05d445
| ホームへ戻る |