『魔世中ハ我ノ物』

『魔世中ハ我ノ物』

『魔世中ハ我ノ物』は2002年にWIN用として、
たっちーから発売されました。

通称「まよちゅー」として、たっちーの人気を高めた作品ですね。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
主人公・緒方星四郎は、保険医という表の肩書きの傍ら、
両親の遺した莫大な遺産と兵器開発・密売の裏家業を受け継ぐ
資産家である。
幼少時から周囲より優れ、
世の中がつまらなくて仕方なかった星四郎はある日、
好奇心から古い書物に書かれた悪魔召喚の儀式を行う。
星四郎の前に姿を現した悪魔は彼の体を乗っ取ろうとするが、
星四郎は悪魔よりはるかに黒いその魂で、
逆に悪魔の力を取り込んでしまう。
こうして超常の力を得た星四郎は、今こそ己の欲望を満たすため、
世界を支配するための計画を実行に移していく。

<感想>


たっちーの処女作である『最後に奏でる狂想曲』は、
陵辱系というよりも、むしろ拷問系として、
業界に新しい風を吹き込みました。
本作も、その流れを受け継いでおり、
拷問系といえる過激な内容になっています。

『最後に奏でる狂想曲』は、インパクトこそありましたが、
ゲーム全体としては足りない部分も多い作品であり、
完成度という点では課題も残る作品でした。
たっちーの持ち味はそのままに、
ゲームとしての完成度も及第点レベルに達した作品となると、
おそらく本作辺りになるかと思います。
そういう意味では、意義のある作品と言えるでしょうね。

もっとも、ゲームとしての質は向上しましたが、
その代わりに、最初の作品ほどのインパクトはなくなったわけで、
その辺は何とも難しいところです。

<総合>


総合では佳作としておきます。

この作品も確か回収騒ぎがあって、一時入手困難だったはず。
処女作も含め、2001~2002年頃のたっちーは、
話題性は高くて注目されていたけれど、
作品の入手が困難で中古屋でも高かったわけでして。
何かふと懐かしくなってきますね。

ランク:C(佳作)



DL版


関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「2002」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3280-6fe7d843
| ホームへ戻る |