『お嬢様は学園の精液便所 ~寝取らせ・ぶっかけ・乱交生活日誌~』

『お嬢様は学園の精液便所 ~寝取らせ・ぶっかけ・乱交生活日誌~』

『お嬢様は学園の精液便所
~寝取らせ・ぶっかけ・乱交生活日誌~』は、
2017年にWIN用として、アンダームーンから発売されました。

ミドルプライスとかだったなら、良かったかもしれないですね。

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
最上級生の黒井公人は、学内売春組織の元締めの地位にある。
秘密を握られ逆らえない女生徒たちを教員や一部生徒、
学外の有力者にあてがい富と将来の保証を得ていた。
主人公を元締めたらしめている存在が大企業の社長令嬢であった
花麗沢レイナの存在である。
2年前のある夜、レイナをだまし討ちにして犯し、
その証拠写真を得た主人公はそれを使って
彼女を学内売春組織に上納し、
その肢体に群がる男たちの支持を受けて今の立場にある。
現在進行形でレイナに有力者優先で売春をさせ、
支持を固めていた主人公だったが、
ここに来て反主人公派の巻き返しが始まっていた。
一夜に一人ずつの相手のため、
順番待ちに焦れた者たちが反主人公派に取り込まれつつあるらしい。
自分の身を守るためにも緊急な対応の必要性に迫られていた主人公は、
レイナにより多くの男たちの相手をさせると共に、
新たな手駒の確保に乗り出すのだった。

<感想>


まず実用性的な観点から書きますと、
あまり寝取らせ感はなかったですね。
もっとも、乱交シーンは多いことから、
寝取らせ目的だと不満を感じやすく、
乱交目的であれば、満足しやすいように思います。

本作は、エロだけに特化したという、いわゆる抜きゲーではなく、
学内売春組織の運営をめぐって、
主人公が能動的に行動する作品でもありまして。
ストーリーと目的がハッキリしていることから、
個人的には好みの路線でありますし、
それなりに満足もできました。

だから本作がミドルプライスであったならば、
佳作くらいの印象になっていたと思います。
しかし、本作はフルプライスなんですよね。
フルプライスの作品とすると、全体的にボリューム不足ですし、
どうしても物足りなく感じてしまいます。

もちろん、ボリュームが少なかったとしても、
それを補えるほどの魅力や特徴があれば良いのですが、
エロに特化した作品ではないですし、
ストーリーもそれだけで満足しきれるほどのものでもないですし、
補えるだけの何かはありませんでした。
結論としては、どの部分もそれなりなんだけれど、
全体的に物足りないとなってしまうのです。

<総合>


総合では凡作としておきます。

これがロープライスとかミドルプライスであれば、
特に問題はなかったと思います。
コスパを度外視すれば、個人的には割と好きな作品ですし。
しかし、フルプライスでこれかという疑問が残ってしまい、
その点は残念でした。

ランク:D(凡作)



DL版



関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「2017」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3278-e6e74694
| ホームへ戻る |