『妖刀伝説』

『妖刀伝説』

『妖刀伝説』は1993年にPC98用として、
アルテシアから発売されました。

演出の優れた作品でしたね。
これを神谷右京シリーズで活かせたら良かったのですが。


youtoudensetu01.png

<概要>


ゲームジャンルはコマンド選択式ADVになります。
コマンドの数は必要によって増減するタイプであり、
基本的に表示される数も少ないことから、
実質的にはノベルゲーに近いものがあり、
読み進めることを意識した作りになっています。

物語上のジャンルとしては、伝奇モノになります。
人間と異なる世界に住む魔者が、
人と融合して魔化者となるという設定で、
主人公が立ち向かうって感じでしたね。

<感想>


アルテシアは、神谷右京シリーズの印象が非常に強く、
ほぼイコールの関係で意識している人も多いかもしれませんが、
神谷右京シリーズ以外にも作品はありまして。
本作もまた、その中の1本になります。

もっと早くに記事を書けば良かったのだけれど、
遅くなったことから、もう記憶が大分薄れてしまっています。
再プレイする機会があったり、
思い出すことができたら随時更新していきますので、
今回は簡易に書かせてもらいます。
それと、私は記事を書く際に、記憶喚起も含めて、
カタログ誌を参照することも多いです。
良く利用する本として、「美少女ソフト全カタログ」という本があり、
その本は97年まで、毎年のように発売されていました。
一応97年版が最新で、
90年~97年までの作品が掲載されています。
さすがに本数が多くなったのか、
97年版は上下巻の二分冊になっています。
ところで、新しい版が出れば、
古い版はもう不要かなとも思ったのですが、
どうもそうはいかないようでして。
本作は、「美少女ソフト全カタログ」の95年版には、
きちんと掲載されているのです。
しかしながら、97年版には、掲載されていません。
編集の段階で、何かしらのミスで落ちてしまったのでしょうか。
一番信頼できる書籍と思っていただけに、
これはちょっとショックです。
95年版も、まだ持っているはずなのですが、
どこに締まったのかが思い出せず、すぐには出せない状況です。

youtoudensetu02.png

さて、肝心の中身なのですが、
この時期では珍しい伝奇モノになります。
本作は、システム面は決して快適とまでは言えず、
トータルで考えるとプラマイゼロなところはありますが、
ストーリー自体はテンポが良かったです。
また、一枚絵の構図も良く、
戦闘シーンなどの演出もすぐれており、
単純にプレイしていて楽しかったですね。
個人的には、キャラデザが好みだったので、
その点でも好印象でした。

<総合>


このブランドは、WIN用のとか、
後の作品ほど演出が疎かになっていく傾向がありまして。
まぁ、シナリオ重視でシナリオで勝負なのだから、
それ以外は二の次ということなのかもしれませんけどね。
個人的には、本作を含め、初期の93年頃の作品とかの方が、
エルフ作品にも通じるような画面上の細かい演出とかがあって、
良かったように思いますね。

ランク:B-(良作)


関連するタグ PC98 /ADV /コマンド選択式 /


美少女万華鏡 -理と迷宮の少女-  Root Film   Summer Pockets REFLECTION BLUE
カテゴリ「1993」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3277-2d9c4b9e
| ホームへ戻る |