『景の海のアペイリア』

『景の海のアペイリア』

『景の海のアペイリア』は2017年にWIN用として、
シルキーズプラスから発売されました。

アペイリアちゃんは可愛かったですね。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
名前も顔も居場所も知らない。実在するかさえわからない。
お前を必ず見つけ出す――
『このメールは未来から送信されている』
2045年冬。
双葉学園萌えるAI研究会に所属する桐島零一は、
偶然にも自我のある人工知能アペイリアの開発に成功する。
触れてみたい、とパソコンの中の彼女が言う。
零一はAI研究会の部員たちと共に、
デジタルの彼女に触れる方法を模索する。
そしてアペイリアの機能を使い、
完全没入型VRMMO【セカンド】を作った。
剣と魔法、科学の融合したその仮想世界は第二の現実で、
彼らは馬鹿騒ぎをしながら冒険を始める。
だが、【セカンド】は制御の利かない危険なゲームだった。
仮想世界に囚われたアペイリアを救うため、
零一たちは命懸けでログインするのだが……
自我を持った人工知能と彼女を開発した零一。
そしてその仲間たちが贈る、恋と青春の科学冒険ファンタジー。
――やがて彼は、一つの仮説に辿り着く。
アペイリアを奪おうとしている、何者かの存在に。

<感想>


SFで、より具体的にはタイムリープもので、
なおかつそれにVRMMOなども加わると。

いつものことではありますが、
SF系のこの手の作品は、発売時の初心者には絶賛され、
既に過去に同様の作品を経験している人には、
辛口に見られやすいように思います。
もしノベルゲーでなければ、
過去作とは違うのだと言いやすいのですが、
ノベルゲーだと、どうしても同じ土俵になってしまいますかね。
本作の出来自体は、一昔前のゼロ年代前半頃の、
いわゆるシナリオゲーとやらの大半よりは優れているので、
一昔前のいわゆるシナリオゲーが好きな人にはおすすめでしょう。
いやいや、当時の名作には及ばん・・・
という人もいるかもしれませんが、
それは一昔前の作品をやった時には単にまだ初心者であり、
それで当時の作品には衝撃を受けやすかったにすぎず、
今はそれから何年も経って目が肥えただけであり、
本作がゼロ年代前半のノベルゲーより何ら劣るわけではありません。

まぁ私の場合は、ゼロ年代頃のSFゲーとかを美化してないので、
似たような作品が出てきたなくらいにしか思わないのだけれど、
本作に対する率直な感想としては、
今の若者に受けそうなSF要素を、
いろいろと詰め込んだような作品であり、
良くも悪くもラノベ的作品だなということでした。
なので、ラノベ的な作品というところが引っかかる人は、
あまり楽しめないかもしれませんので、注意が必要です。
余談ですが、本作のライターは、
ラノベに行った方が成功しやすいように思いますね。

個人的には、若者に受けそうな要素をいろいろ入れてきたとして、
商業面も視野に入れたというのであれば、
作品としてありなのかなと納得はできているものの、
VRMMOの部分とかは、やってて単純に飽きやすいというか、
もう少しゲーム的な要素を加えるなどして、
何らかの工夫ができたのではと思ってしまい、
不満が残ってしまいました。

ところで、本作はSFということで、
専門的な用語とかも出てきます。
そういう作品が出る度に、
最低限の知識がないと~的な発言がされるのを見かけるのですが、
本作の場合は懇切丁寧に説明がなされていますので、
それでも別途知識が必要とか言われてしまうと、
さすがにそれはライターがかわいそうだろと思ってしまいます。
そういう意味では、説明は頑張ったとも言えるのですが、
その説明部分がストーリーに上手く溶け込んでいないんですね。
そのため、ライターの考えたSF理論の文章を、
そこだけ単独で読まされているような気になってしまいます。
そうなると、読んでいて苦痛に感じてしまう人も、
少しは出てきてしまうことが予想されます。
その意味では、テキストが上手くなかったと言えるのでしょう。

それと、仮にどこかで見たようなSF理論の寄せ集めであっても、
その上に盛り上がる展開があって、
しっかりラストまで描かれていれば、
一つの作品として仕上がっていると思いますし、
作品としては十分成功なんだと思います。
しかし本作の場合、ラストが弱かったことから、
その観点から評価できなかったのが残念でした。

そういうわけで、ストーリー面では不満も残る作品でしたが、
他方でキャラは、とても良かったです。
特にアペイリアちゃんは可愛かったですね。
また、主人公も、おバカな武器で闘い続ける姿は、
妙に好感が持てましたし。
キャラの魅力で、最後まで楽しめた感じですね。

<総合>


総合では佳作としておきます。

上記のとおり、本作の一番の魅力はキャラだと思っていますので、
体験版をプレイして楽しいなと思えるのであれば、
最後まで楽しめるように思いますね。

個人的には、VRMMOとか混ぜずに、
タイムリープとかに焦点を絞って欲しかったかなと。
削った分のボリュームは減っても構わないから、
その分ミドルプライスとかにして出してくれていたら、
良作と判断していたように思いますし。

まぁ、あとは、この手の作品でいつも言えることですが、
プレイ時期で印象が変わってくる作品だと思いますので、
もし俺はまだ初心者だというのであれば、
他人の意見など気にしたりしないで、
できるだけ早くプレイすることをおすすめします。

ランク:C(佳作)



DL版


関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


缶詰少女ノ終末世界        母爛漫      クダンノフォークロア
カテゴリ「2017」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3274-f0bc8fdf
| ホームへ戻る |