夢見館の物語

夢見館の物語

『夢見館の物語』は1993年にメガCD用として、
セガから発売されました。

いわゆる館物のADVで、
3Dで表示された館内を自由に探索していく作品でした。

ゲームジャンル:インタラクティブムービー
夢見館の物語

さて、3Dで表現されたCGを楽しむゲームとしては、
家庭用ゲーム機の中では先駆け的な存在の作品でしたね。
CGによるリアリティは従来の家庭用ゲーム機のADVの比ではなく、
その臨場感は抜群でした。
画質は粗かったのですが、ストーリーの持つ独特の雰囲気と相まって、
素晴らしい世界観を演出していましたね。

よくぞ家庭用ゲーム機で出してくれたものです。
根強いファンが付くのも十分に納得できますね。

かように、本作がゲーム機のADVの中で群を抜いていたことには異論がないです。
ただ、同年にはMYSTがありますよね。
それと比べちゃうと、どうしても様々な面で見劣りします。

まぁ、MYSTは日本語化されたのは翌年なので、
ここでは除外しても構わないでしょう。
そうだとしても、今度はPCのADVの存在が出てきます。

本作はインタラクティブムービーの類に属するわけですが、
PC(特にMAC)では既に何本も見かけられたジャンルでした。
それらの作品と比べるとね、
特に見劣りするわけでもないですが、
かといって格別抜き出た存在でもないんですよね。
世界観に惹かれたのは確かですが、
画面の質的には特に惹かれたわけでもないわけでして。
ゲーム機オンリーで来た人よりは、
うけたインパクトは少なかったように思いますし、
その点で点も伸び悩んだ感じです。
まぁ、トータル的にはRPGで言うところの初代ドラクエみたいな感じ。
私の印象としてはそんなところですかね。

因みに、翌年にはサターンで、
続編の『真説・夢見館 扉の奥に誰かが…』が発売されています。
私は先にPSを購入した関係もあって、ADVファンの友人が先に購入しました。
が、「やめとけ、あれは夢見館ではない」とだけ言って、
それっきり口を閉ざしてしまいました。
結局私はプレイしないままだったのですが、
評判はどこでも芳しくないようです。
1人でも絶賛する人がいればと思ったのですが、
ここまで酷評されるパターンも珍しいです。
一体どれだけ酷かったのかと、
今更ながらにちょっと興味が沸いてきた感じですね。

ランク:B(良作)

夢見館の物語

関連するタグ メガCD /ADV /インタラクティブムービー /


捻くれモノの学園青春物語   イブニクル2    きゃんきゃんバニープルミエール3
カテゴリ「1993」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/327-081c983a
| ホームへ戻る |