『天使たちの午後 番外編』

『天使たちの午後 番外編』

『天使たちの午後 番外編』は1985年にPC88用として、
ジャストから発売されました。

美少女ソフト界においては、忘れることのできない作品である、
天午後初代の番外編になります。



<感想>


ここを何度も訪れている人であれば、
『天使たちの午後』が何であるかを今更説明する必要はないでしょう。
もし知らない人がいれば、
まずは『天使たちの午後』の記事を読んで下さい。

まぁ、何かと誤解も多い作品ですし、せっかくなんでね、
少しだけ説明しておきます。
もう今更良いよって人は、この段落は読み飛ばして大丈夫ですけど。
天使たちの午後というのは、
現在では美少女ゲームの元祖として名が挙がることの多い作品です。
そういう意味では、非常に重要な作品でもあります。
ただね、美少女ソフトとして、
可愛い美少女が出てきた最初の作品ということであって、
アダルトゲーム自体はもっと前から何本も出ているので、
決してアダルトゲームの元祖ではないのです。
また、ヒロインが女子高生で、一応学園を舞台にしているので、
今日の学園恋愛ものの元祖に位置付ける人もいるのですが、
天午後は全然そういう作品ではありません。
むしろ学園を舞台にした陵辱系の方に近いのです。
なので、何かと誤解と誤情報が蔓延している作品でもありますが、
それでも重要な作品であることに違いはないのでしょう。

さて、それを受けての本作なのですが、
この天午後シリーズ、後の作品を見てみると、
個人的な印象としては、番外編の方が出来が良いです。
シリーズ全体を通してオススメな作品は何かと聞かれれば、
私は「2 番外編」と「3 番外編」を挙げますしね。
私以外の人でも、そういう人は結構いると思います。
これらは、番外編とはなっているものの、
完全なオリジナルストーリーでしたし、
出来もナンバリングタイトルより良かったです。
もっとも、本作は文字通りの番外編でして。
初代本編で使えなかったCGを使った作品だったのです。

遊ぶ分には、テキストの付いたCGを見るだけなので、
これ以上にないくらいにシンプルです。
ややこしいのは、分類をするときにどう扱うかってことです。
これ、端的に言うならば、テキスト付のCG集なのです。
だから本作がゲームなのかと聞かれると、
正直なところ悩んでしまいます。
美少女ソフトであることは間違いないのだけれど、
美少女ゲームと言えるのかなぁ・・・
まぁそれを言い出したら、今日のエロゲも、
ゲームと言えるのかとなってしまうものが多いので、
難しいところでもありますけどね。
仮に本作がゲームにあたるとするならば、
そして今日の分類に当てはめるのならば、
本作はノベルゲームとなるのでしょう。
初代本編はコマンド入力式でしたが、
本作にはそんなコマンド入力とかなかったですし、
もちろんコマンド選択でもありませんしね。
クリックで次の画面を見ていくだけですから、
どうしてもノベルゲーとなってしまうのでしょう。
まぁ、紙芝居かと聞かれたら、
これは間違いなく紙芝居だと答えられそうですけどねw

<総合>


常々、エロゲにおけるノベルゲーは、
家庭用ゲーム機から波及したのではない、
ノベルゲーはそもそもエロゲ固有の文化であると述べています。
だって、92年の弟切草が登場する何年も前から、
エロゲではノベルゲーが幾つもあるわけですからね。
その起源をどこに求めるのかは、論者により変わりうるのでしょうし、
私自身も本作の時点でノベルゲーが確立と言う気にはなれませんが、
上記の様な内容の作品であるだけに、
本作に起源を求めることも可能ではあると思うのです。
そうなると美少女ゲームの元祖と呼ばれる作品の派生版が、
既にノベルゲーないし紙芝居であったということは、
ある意味象徴的な事といえるのかもしれませんね。



関連するタグ PC88 /ADV /ノベル系 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1985」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3265-a6ff2982
| ホームへ戻る |