『Tears to Tiara』

『Tears to Tiara』

『Tears to Tiara』は2005年にWIN用として、
リーフから発売されました。

なんか迷走してるなって感じの作品でしたね。



<概要>


ゲームジャンルはSRPGになります。

あらすじ・・・
―『青銅の時代』の終焉から1200年。
大陸では新たに勃興した『帝国』がその勢力を広げ、
かつての『古代王国』の領域までをも浸食しつつあった。
そんな中、ある部族の女の子、
‘リアンノン’が魔王復活の儀式の為、
帝国司祭によって生贄にされようになっていた。
儀式は‘リアンノン’の兄‘アルサル’によって阻まれたのだが、
結局、魔王‘アロウン’は復活してしまうことに…。

<感想>


ひとことで表現するならば、劣化うたわれってところでしょうか。

『うたわれるもの』も、いろいろ足りない部分のある作品ではあり、
特にPC98時代の作品を知っている人であれば、
2番煎じ的な印象になってしまいかねないことから、
あまり高い評価にはなりえない作品ではありました。
ただ、それでも、一枚絵の質やキャラの魅力など、
十分に良い点もあったわけで、
私もクリアまで一気にプレイしたものでした。

本作は、一本道や戦闘が微妙などの、うたわれの弱い部分は継承しつつ、
一枚絵の質やキャラの魅力といった、
うたわれの魅力が失われたような作品でした。
一応本作はエロゲなわけですし、ヒロインに魅力がない、
ストーリーにもあまり絡んでこないとなると、
どうしても不満を抱く人は出てくるでしょう。

<総合>


90年代のリーフの作品は、
個々の作品ごとには好き嫌いや不満などはあったのですが、
全体を通して何をやりたいかが伝わってきていたので、
応援したくなるブランドではありました。
しかしゼロ年代に入ってから、一体何をしたいのか、
ブランドの方向性も見えて来なくなりました。
本作なんかはその最たるものなのでしょう。

まぁ、それなりには作ってあるので、
他にプレイするものがなければ、ある程度は楽しめるでしょう。
ただ、印象が薄いので、優先度は低いって感じで。

2003年の天いなも、内容的には不満の残る作品でしたが、
絵やキャラは良かったので、印象に残る作品でした。
しかしそれ以後のリーフの作品は、
手堅くまとまっている作品はあれども、
無難で印象の薄い作品ばかりのように思うわけでして。
そうなると、私の中のリーフのエロゲというのは、
2003年頃で終わっているように思うのです。

ランク:D(凡作)



DL版


関連するタグ WIN /SRPG /


缶詰少女ノ終末世界        母爛漫      クダンノフォークロア
カテゴリ「2005」内の前後の記事
トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3261-c6e3c8e4
| ホームへ戻る |