あさめしまえにゃんこ

あさめしまえにゃんこ

『あさめしまえにゃんこ』は1994年にSFC用として、
バンプレストから発売されました。

猫がメインで、しかもボードゲームという、
非常に珍しいタイプのゲームでしたね。



<感想>


人には勧めないよ、どうせ文句言われるだけだろうし。
別に名作だと言いたいわけでもないし、
客観的に優れたゲームだと思うわけでもない。

でも、密かに自分は好きなんだよな~ってゲームが、
誰にでもあると思います。

にゃん、にゃん、にゃ~んって、
猫の鳴き声で始まるこのあさめしまえにゃんこも、
そんな1本でした。

さてあさめしまえにゃんこというタイトルでは意味が分かりませんが、
このゲームは基本的にはオセロになります。
つまり、自分のコマとコマで相手のコマを挟めば、
その相手のコマも自分のものになるわけですね。

で、タイトルからもわかるように、
ゲーム中のコマが猫になっているのです。

もっとも、本作にはもう一つ特徴があって、
相手のコマに戦いを仕掛けることが出来ます。
そうするとFE系のSRPGみたいな戦闘画面に切り替わるのですが、
戦闘はジャンケン方式なのです。

つまり、オセロ+ジャンケンなわけですね。

このジャンケン部分の比重が大きいこともあり、
緻密に計画を練ってというわけにもいかないので、
結構というか、かなり運任せの要素が大きいゲームでした。
しかも操作性も微妙に悪かったですしね。
だから、いわゆるゲーム通みたいな人が厳しく文句を言い出したら、
きっと低い点数になってしまうと思います。
そういうわけですので、人には勧めにくいよなってなるのです。

でも、にゃんこの絵は可愛かったですし、
SFCにしては珍しく音声があって聴覚的にも楽しかったですし、
システムも練られてないけど多少の新鮮さはありましたから、
暇つぶしで気楽にやる分には良かったんですよね。
だから誰にも理解してもらおうとも思わないのだけれど、
何となく個人的には好きだったとなるわけです。

<総合>


総合では佳作ってところでしょうか。
いろいろ粗はあるのですが、一応元は取れたと思いますしね。
冒頭で誰にも勧めないと書きましたが、
私のようににゃんこ好きで、
ちょっと新鮮なお手軽ゲームに興味がある人ならば、
もしかしたら楽しめるかもしれませんね。

ランク:C(佳作)



関連するタグ SFC /TBL /


缶詰少女ノ終末世界        母爛漫      クダンノフォークロア
カテゴリ「1994」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/326-90176472
| ホームへ戻る |