『ゴールデンアワー』

『ゴールデンアワー』

『ゴールデンアワー』は、2017年にWIN用として、
NIKOから発売されました。

グラフィックは更によくなりましたね。
潜在能力は高い作品でした。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
サッカー全国大会地方予選決勝の直前、主人公の石森雄也は
怪我によりサッカーが出来ない体になってしまった。
それまでの目標を失った雄也は夢や希望、
そして、恋を半ば諦め、ただ時間を潰す日々を過ごす。
そんな雄也にも気になる女の子「広瀬夏未」が居たが
どうせ自分なんてと興味の無い振りをしていた。
いつも通り、放課後に街に出て時間を潰すため
ゲームセンターに向かう雄也は「ユキ」と名乗る少女と出会う。
彼女はとても似ていた。「広瀬夏未」に。
そして、初めて出会った筈なのに、どこかそうじゃない気がして…。
彼女は突然、雄也に告げる。「私があなたの恋を応援してあげる」
それは雄也とユキの止まっていた時が再び動き出した瞬間だった。
残り僅かな時間の中で…。

<グラフィック>


ここの系列の作品は、いつも首から下の身体の描き方と、
塗りに関しては凄く良いんですよね。
その長所は、本作にも受け継がれています。

それでいて、本作では、顔も含めた全体のバランスも良くなり、
一枚絵以外の立ち絵の使い方にも工夫が見られるようになり、
グラフィック全体が進化しています。
こういう進化を感じさせるブランドは、
次も期待したくなりますね。

あとは、これは人により意見が分かれるところでしょうが、
顔がどれも似ている、いわゆるハンコ絵に近いところがあるので、
合わない人は合わないのだろうなと。
その辺は、どうしようもないですかね。

<感想>


この作品、途中までは凄く面白かったです。
潜在的な魅力は十分にあると思います。

ただ、本作のヒロインは、等価な存在ではありません。
本作は、主人公の思い入れや、作品上で占めるボリューム、
ストーリー上の位置付けからも、
圧倒的にユキゲーなのです。
ユキのストーリーを見てしまうと、
他のヒロインのルートを見る気がしなくなるくらい、
ユキの存在が別格なのです。
したがって、本作に対する印象ないし評価は、
ユキルートの印象ないし評価と直結しうるのです。

そのユキルートなのですが、途中までは良かったんですね。
しかし、途中からファンタジー要素が入り始め、
それから微妙な感じになってしまいまして。
何で、ろくな説明もない、
取って付けたようなFT要素入れたのかなぁ・・・
最後までしっかりと現実路線で処理できていたら、
もっと魅力的な作品になったでしょうに。
何とも勿体なかったです。

<ロック>


以上のように、本作はユキメインの作品であり、
ユキルートを見てしまうと、
他のルートをやる気がなくなる可能性があります。
しかし、ユキルートにはロックがなく、
最初に攻略することもできます。

ルートのロックに是非に関しては、
私は一般論としては一概に断定できないと思っています。
安易にロックをかける作品もありますが、
私は、そのような作品には否定的です。
つまりね、例えば、Aという目標が提示されていて、
そのAに向かってこちらがいろいろ考えて進めているのに、
製作側の勝手な思惑からロックをかけられ、
興味のないBやCのルートを読まなければAを攻略できないのとかは、
ゲームであることの否定とも受け取ることができ、
私は作品として駄目だと思っています。
本作でいえば、主人公は広瀬夏未が好きで、
ユキは主人公と夏未の応援をするというストーリーで始まるわけです。
その当初提示された夏未という目的に向かっているのに、
夏未ルートにロックがかけられ、最後でないとクリアできないのなら、
それがゲームとして駄目なんだということです。
念のため補足しておきますが、
あくまで例として説明しているだけなので、
本作では最初から夏未ルートにはいけます。

本作の場合、上記のような状況ではありません。
ユキルートは、トゥルールートとして、
構造上は最後に見る方が良いです。
それでいて、ユキの当初の位置付けは主人公のサポートであり、
主人公の目的にはなっておらず、
サブ的、或いは隠れ攻略キャラ的な位置付けであります。
そうであるならば、ユキにロックをかけて、
最後に攻略できるようにして良かったと思うのですよ。
作品全体への印象にも影響しうるだけに、
この判断は良く考えてからすべきだったと思います。

<総合>


総合では佳作としておきます。

もっとも、いろいろ惜しいところもあり、
それはすぐに改善できるものでもありますし、
過去作よりも進化もしてきていますので、
次こそは良作・名作になるのではと、
期待を抱かせる作品でもありました。
なので、次は期待しているので、頑張って欲しいですね。

ランク:C(佳作)






関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


美少女万華鏡 -理と迷宮の少女-  Root Film   Summer Pockets REFLECTION BLUE
カテゴリ「2017」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3259-4cc64fe9
| ホームへ戻る |