『大きな栗の木の下で ~僕と彼女と水泳と~』

『大きな栗の木の下で ~僕と彼女と水泳と~』

『大きな栗の木の下で ~僕と彼女と水泳と~』は、
2017年にWIN用として、STUDIO KOMから発売されました。

何か妙に懐かしさを感じる作品であり、
主観的には好きな作品でしたね。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
主人公の高明は泳ぎが苦手でいつもイジメられている。
ある日、諦めて水泳部の部室を飛び出すが、
その時偶然、片思いの美夏とぶつかってしまう。
事情を聞いた美夏は高明に泳ぎを教えてあげると約束する。
こうして高明の一夏の小さな恋が始まる…。

<グラフィック>


何の情報も得ることができない中、
この作品に興味を持った理由は、グラフィックにありました。

まずはキャラデザですね。
本作のキャラは、頭身が高めであり、
90年代中盤頃までのアニメとかに多かったタイプになります。
私は、炉利も好きではありますが、
本質的には少し頭身が高いくらいの絵の方が好きであり、
今のエロゲの高校生と言いつつ小学生にしか見えないキャラは、
正直なところストライクゾーンのど真ん中とは離れてしまいます。
したがって、好きな絵柄となると、
90年代中盤の頃の美少女の絵となるのです。
本作は、今風の絵ではありません。
人によっては、古臭いタイプの絵に見えてしまうことでしょう。
しかし、個人的には好きな絵柄であり、
久しぶりにこういう絵の作品に出合えたように思いました。

それから、本作において注目した点として、
一枚絵の枚数が挙げられます。
何でも、基本CG105枚で、CG総枚数は288枚。
それでいて、プレイ時間は1時間程度とのこと。
そうなると、一枚絵の出てくる頻度が高いと推測され、
それで興味を持ったわけです。

エロゲに対し、「紙芝居」と例える人がいますが、
それは現在では間違っています。
つまり、以前は紙芝居だったけれど、
今はそう例えるのは間違っているといったところでしょうか。
確かに、80年代には一枚絵をひたすら見るタイプのノベルゲーがあり、
それはまさしく紙芝居でした。
90年代後半以降もノベルゲーが増えましたが、
90年代後半のノベルゲーでは、
一枚絵の質の向上に重点が置かれており、
その点を重視するのであれば、紙芝居と言えるのでしょう。
しかし、ゼロ年代以降、一枚絵の向上は優先度が下がり、
それどころか進化が停滞してしまい、
そのかわりに立ち絵の向上に力が注がれるようになりました。
また、全体のプレイ時間が伸びる一方で、
一枚絵の枚数はプレイ時間に比例しなかったこともあり、
ゲームをプレイしていて一枚絵の出る頻度が減り、
立ち絵でシーンを処理する時間が大半になっていったのです。
そうして出来上がっていった作品は、
一枚絵がたまにしか出て来ないのですから、
いわゆる紙芝居として連想されるものとは異なっているのであり、
むしろ人形劇に近いものといえます。
だから昔のノベルゲーに対し紙芝居というのは構わないとしても、
今のノベルゲーに対しては、
人形劇と言わないと実情を反映していないように思うのです。

さて、かように人形劇型ノベルゲーが氾濫する今日において、
本作は、まさしく紙芝居型ノベルゲーでした。
1時間程度のプレイ時間の中で、
100枚以上のCGが表示されるわけですからね。
一枚絵が次々と出てくる光景は、
人形劇ではなく紙芝居なのです。

まぁ、紙芝居と人形劇とで、どっちが上とか、
本質的には優劣はないですけどね。
ただ、人形劇の時代になってからも長いので、
いかにも紙芝居って感じの作品は逆に珍しく、
プレイしていて新鮮に感じられました。

<感想>


ストーリー自体は、普通のボーイミーツガールですね。

全体のボリュームが少ないこともあり、
無駄な要素やだれる要素もなく、
最後まで一気に楽しめるのですが、
他方で、一つのストーリーとして盛り上がるためには、
どうしてもボリューム不足と言わざるをえないわけで、
トータルでは、価格も考慮すれば、
可もなく不可もなくといったところなのでしょう。

<総合>


非常に小粒な作品ということもあり、
総合では、一応佳作としておきます。

しかし、セール中に買えばワンコインで買えますからね。
そう考えると、価格に対するプレイ時間は、
決して短いものではありません。
他方で、CG枚数はフルプライス級なわけですから、
CG枚数の観点からはコスパは抜群に良いと言えます。
したがって、その辺を重視するのであれば、
良作扱いでも構わないと思いますし、
主観的にも一周して逆に新鮮に感じられたということで、
良作扱いでも良いのかなという気もしますね。

ランク:C(佳作)



関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「2017」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

このコメントは管理者の承認待ちです

作画、そんなにいいですか?
男性の身体かけないのは…。
それを含めて90年代っぽいですが。

作画が良いとは特に書いていませんが、
ただ単に極端に炉利すぎない点で好みの絵柄であるというだけです。
あとは、一枚絵中心で進行するのが久しぶりだなってことで、
気になったというわけですし。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3253-d9fcfbba
| ホームへ戻る |