『JKおむchu』

『JKおむchu』

『JKおむchu』は2017年にWIN用として、
Grand Cruから発売されました。

独特の世界観はもちろんのこと、
ヒロインの声が非常にツボな作品でしたね。



<概要>


ゲームジャンルは、ノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
成績優秀、運動神経抜群、容姿端麗、
愛想も良く完全無欠なハイスペックな美少女。
というのが、娘である「栞菜」の周りからの評価のようだ。
だが、俺にとっては、親に対して罵詈雑言が日常茶飯事の、
後片づけも出来ない、だらしない小生意気JK。が実態の娘である。
そんな小生意気娘と相反するような、
若いのに気立ても良く男を立ててくれる「巨乳」で「女教師の卵」が、
付き合う彼女であり、再婚相手の「小鳥遊芽衣」だ。

彼女と再婚すれば、小生意気娘も見習うだろうと
一石二鳥以上に気持ち逸っていた俺であった。
が………その矢先に発覚した問題は、
その現実を根底から破壊させかねないモノであった……

夜中、寝室に忍び込み、おむつを撒いた尻を、
熟睡する顔に押し付け、お漏らししながらひとりえっちに耽るという
到底予想も出来ないトンデモ変態性癖を隠していた栞菜。
こんなこぶ付きでは、再婚相手の芽衣も逃げ出してしまう。
焦る俺は、再婚までにこの小生意気変態JKを、
徹底的に躾け直さなければと、股間を硬く決意するのであった。

<感想>


外面は完璧だけど、父に対しては罵詈雑言を浴びせるヒロイン。
そのヒロインには変態性癖がありまして。
それを知って躾直さなければと考える父が、
本作の主人公になります。

ここまでなら、まぁ特に変わったところもないように見えますが、
問題はそこから先でして。
娘を躾けるために、なぜか「犯す」という行動にでる主人公。
それでいて、やっちゃった後には、何故あんなことをしたのだと、
主人公は本気で後悔し反省するのです。
反省はするのだけれど・・・またヒロインが何かしでかすと、
娘を躾けなければと考え、
そこでなぜか、また娘を犯すという結論になり、
そして事後に後悔すると。
で、それがエンドレスなわけですねw

これを読んでいる人も、何だかわけがわからんかもしれませんが、
プレイした方もわけがわからんのでして。
主人公の中では一応理屈が通っているようですし、
それが丁寧に描写されているので、
何となくそれはそれで通っているような錯覚を覚えるのだけれど、
もうその思考過程が健常者のそれとは違うのです。
本当に狂った人の話を聞いたら、きっとこういう感じなんだろうなと、
そんな風に感じてしまう作品でした。

狂気を扱っていると呼ばれる作品は、
エロゲにはわりとあるように思います。
でも、大概はそれっぽく書いているだけであり、
読んでいてヤバさを感じる作品はほとんどありません。
そういう意味では、本作は、
久しぶりに本当に狂気を感じられた作品でした。

やっていること自体は、
一歩間違えればバカゲーになりかねないのですけどね。
バカゲーと狂気の境目を、
絶妙な位置で渡っているかのような作品でしたね。

<声優>


本作をプレイしていて、実は一番印象的だったのが、
ヒロインの声でした。
エロゲ声優にあまり興味はないのだけれど、
可愛いのに妙に色気のある声で、
誰だこれはと名前を調べましたからね。

私はエロゲ声優に詳しくないので、よくわからないのですが、
どうやら、表でも声優として活躍しているようで、
アニメの「くまみこ」の、「まち」の声優さんなんですかね。
まちは、見た目が炉利なので、
アニメを見ていた時はそういう目で見てなかったので、
あまり意識していませんでした。
でも、その声を本作であらためて聞くと、
エロ向きで実に良い声だなと、
個人的には凄く気に入りました。

<総合>


総合では良作でしょうか。

ストーリー等からすればB-くらいかなと思いますが、
とにかく声が気に入ったので、一つ上げておきます。
小粒な作品ではありますが、得る物のある作品でしたね。

ランク:B(良作)



DL版


関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「2017」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3249-2f2569e1
| ホームへ戻る |