『お嬢様は素直になれない』

『お嬢様は素直になれない』

『お嬢様は素直になれない』は2017年にWIN用として、
ensembleから発売されました。

お嬢様ものがプレイしたくなって注目した作品であり、
気軽に楽しめる作品でした。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
主人公「近衛総一」は学生の身ではあるが、
依頼があれば対象を護衛する職業『ガード』として経験を積んでいた。
ある日、先輩ガードでもある母親に、
「あるお嬢様をひそかに護衛するので、
そのサポートとして学園に来てほしい」という
お願いをされ「嶺峰学園」に転入することに。
転入先は昔名門女学園だったというだけあって、
現在も男女比は1:9。周りは女の子だらけ。
しかもなぜか、総一の周りにはちょっと癖のある女の子が集まってくる。

最初はとっつきにくそうだった彼女達も、
親しくなるうちに自分しか知らない一面が見えてきて―
個性的な女の子に囲まれて、
総一の学園生活は一体どうなってしまうのか!?

<感想>


素直になれないとありつつも、
なんか最初から好感度は高めな気がして、
その点は気になるところではありますが、
まぁ普通に気軽に楽しめる作品だと思います。

あとは、好みの問題でしょうね。
極端な方向性のキャラを好む人には、
本作は地味に見えてしまう可能性は高いです。
逆に、そうでない人には向いているように思いますし。

どういうことかと言いますと、
世の中にはツンデレとかヤンデレとか、様々な属性がありますよね。
そして、えてしてそういう属性は、
極端な方が好まれるように思います。
しかし、ものには限度もあります。
例えばツンデレのツンにしても、
暴力だけで描写されるキャラもいますし、
そのような暴力ヒロインを嫌がる人もそれなりにいます。
リアリティを感じられない極端なキャラの行動ではなく、
ありえるなと思えるくらいの範囲でツンを表現する。
それが「素直になれない」という言葉になるのであり、
そのような描写の方が好きだという人も、
それなりにいると思うのですよ。
そして本作は、そういう人向けなんだと思いますね。

<総合>


私は久遠が一番好きだったのですが、
原画が好きで、体験版でもやって、
気に入ったキャラがいるようであれば、
特に不快になる要素もないですし、
無難に楽しめる作品といえるでしょう。
あとは、上記の様な、極端なキャラ付けではなく、
適度なありえる範囲を好むのであれば、
より楽しめるように思います。

ただ本作は、逆に興味のない人に興味を抱かせるような、
これといった特徴もない作品でして。
そのため総合としては、
良くも悪くも普通の作品といった感じになりますね。

ランク:C-(佳作)



関連するタグ WIN /ノベル系 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「2017」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3247-e6a962d7
| ホームへ戻る |