『戦国の黒百合 ~ふたなり姫と忍ぶ少女達~』

『戦国の黒百合 ~ふたなり姫と忍ぶ少女達~』

『戦国の黒百合 ~ふたなり姫と忍ぶ少女達~』は、
2017年にWIN用として、言葉遊戯から発売されました。

前作から5年。多くの人の期待と不安が入り混じったであろう新作は、
こちらの予想以上に素晴らしい作品でした。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。
本作は、戦国の黒百合シリーズの3作目になります。
直接の続編ですので、必ず過去2作をプレイしてから、
本作をプレイするようにしてください。

あらすじ・・・
戦国ふたなり百合ADV「戦国の黒百合」シリーズ第三章。
戦国時代。謎の薬によってふたなりと化した朔姫は、
強烈な性欲に抗えず欲望のままに少女達を凌辱していた。
やがて自分を見失い、少女達の前から姿を消した朔姫。
忍の少女達に守られながら、新しい土地で人目を避け暮らしていたが、
そこで朔姫と“同じ身体をした少女”と出会ってしまう。
次々と明らかになる衝撃的な事実を前に、
忍の少女達はどう動くのだろうか。

<感想>


いや~一気に読み耽りましたね~
今世紀に入ってからの商業フルプライス作品のノベルゲーのような、
無駄な日常シーンとかそういうのが全然ありません。
最初からストーリーがどんどん進んでいきますので、
先が気になって読んでしまうのです。

そもそも本作は、フタナリ+百合という、極めて珍しい属性です。
そうなると、プレイするには、百合が大丈夫で、
なおかつフタナリもいける人でないと・・・ってのがあり、
必ずしも万人向けではないのでしょう。
そうした作品は奇をてらって作っただけとなりがちなのですが、
本シリーズは決して奇をてらっただけの作品ではありません。
百合とフタナリという属性が、
ストーリーに不可欠なものとして密接に絡んでくるのです。
18禁である必要性とストーリーとが一体となった作品、
これこそがアダルトゲームなんだよなと、
本作をプレイすることで、あらためて思いましたね。

もちろん、少年漫画にだって名作は多いし、
面白い少年漫画みたいなストーリーにエロを付けただけでも、
面白いエロゲにはなりうるのでしょう。
でもね、そうじゃないんですよ。
私の読みたいものは、そういうのではないのです。
漫画だって、アニメだって、小説だってあるのに、
何であえてアダルトゲームをやっているのか、
つまり私がアダルトゲームに求めているものは、
小説や漫画で表現しにくいアダルトなストーリーなのです。
その私の望みを充たしてくれるような作品は、
近年は減ってきています。
しかし、決してなくなったわけではありません。
そしてこのシリーズもまた、
私の望みを充たしてくれる作品の一つなのです。
久しぶりにアダルトゲームらしいアダルトゲームをプレイできて、
本当に良かったです。

<ストーリー>


さて、肝心の中身なのですが、
上記のとおり、本作はシリーズ3作目になります。
1作目が「起」で、2作目が「承」ならば、
本作はまさに「転」にあたるのでしょう。
過去2作において、男性以上の強さと気高さを備え、
圧倒的な存在感を放っていた主人公の朔姫。
しかし本作においては、まるでその影はなく、すっかり弱っています。
この作品、対比という点が非常に良く出ている作品なんですよね。
過去と現在というような同一人物間における対比であれば、
それは変化という言葉で表現され、
異なる人物間であれば、関係性という言葉で表現されるのでしょうが、
いずれにしろ、幾つもの対比が印象的かつ優れていた作品であり、
過去2作と本作における朔姫の違い、
彼女の変化したところ、或いはしなかったところは、
その最たるものなのでしょう。

他にも、本作においては、絹という少女が登場します。
絹は、朔姫より先に薬で男根が生えてしまった少女であり、
強い性欲を抑えられなくなっています。
その姿は、朔姫が恐れていた未来の自分の姿であり、
朔姫は彼女に優しく接することによって、
自分を慰め、また現実から逃れようとすることになります。

また、本作では、前半では朔姫と絹が中心なのに対し、
後半は蔓と棘の二人の忍が物語の中心になります。
「対」の存在のようでいて、
実は朔姫にとってそうでなかった二人の関係。
これまではあまり描かれていなかった二人の忍の関係が、
本作では濃く描かれています。
個人的には棘が好きなんでね、棘の辛そうな姿はこたえましたね。

さらに、人であることに価値を見出せず、
犬のように忠実に朔姫に仕えてきた蔓。
その彼女が人として生まれた意味を知り、
守りたいものがあると、自分の存在理由に気付いた瞬間、
そして同時にそれがもう叶わないと悟ったわけでして。
人であることを捨てて生きてきた彼女が、
実は一番人でありたかったのだと本心に気付いたところなど、
本当に胸が痛くなりました。
そして、誰よりも人間らしかった朔姫が人ならざるものになっていき、
人でいて人でない存在だった蔓が、朔姫を守りたいと思うことで、
人でありたいと強く願うようになる皮肉。
蔓の願いが実るのか、誰しも気になるところでしょう。

その一方で、信長の周りでこれまで頑張ってきた朔姫の代わりに、
その朔姫の抜けた穴を埋めるようにして孤軍奮闘し始めた濃姫。
その姿は、かつての朔姫を彷彿させるものでした。
濃姫が、このまま朔姫と同じ道を辿ってしまうのかは、
信長ならずとも気になるところです。

本作は、こうした、
意図がハッキリとした対比が幾重にも重なることで、
個々の対比から生じる強いメッセージ性と、
ストーリーや世界観の厚みとを両立させているのです。
本作には、意表を突くどんでん返しとか、
大掛かりな仕掛けがあるわけではありません。
一つ一つの設定はシンプルなのです。
しかし、それらが重なり合うことで、
厚みと深みの増した内容に昇華しているわけで、
それだけでも上手く考えて作っているなと、
本当に感心してしまいます。
エロゲにありがちなプロットの凝った作品とは異なるのだけれど、
違う意味で、プロットの非常に良く練られた作品と言えるのでしょう。
そしてまた、そのような小難しいことを抜きにしても、
とにかく読んでいて辛く、胸が痛くなる物語でした。

それから、このようなプロットを破綻することなく維持できたのは、
ストーリーとキャラ、テキストが優れていたからなんでしょうね。
プロットが凝った作品の場合、
えてして主人公の言動や行動理念に矛盾が生じがちです。
つまり、プロットは良いけど、
それをつなげたストーリーが駄目ということですね。
そしてエロゲの場合、鬱で重い展開にしたいがために、
主人公に不可解な言動をとらせる作品が多々あり、
大抵の場合、ヘタレ主人公だから仕方ないみたいな、
理由にならないような理由で済まされたりします。
つまりゼロ年代以降のシナリオゲーと呼ばれる作品の場合、
テキストはそこそこ書けているのですが、
ストーリーが駄目な作品が多いんですよね。
(まぁ、だからこそのシナリオ(テキスト)ゲーなのであり、
そもそもシナリオゲーという言葉自体、
元々一種の皮肉も込められて生まれたようなものですしね。)
本作の場合、主人公やキャラの根本に、
しっかりとした一本の芯が通っており、
その言動に不可解な部分がないのです。
もちろん物語の中で、キャラに変化が生じることもありますが、
それにはそれだけの理由がきちんと描かれているので、
読んでいて何の違和感も抱きません。
その結果、主人公らの言動という一本の太い筋ができあがり、
つまりはストーリーがそれだけ優れているとなるわけです。

また、そのように個々のキャラに芯が通っていることや、
何気ない会話の楽しさなども相まって、
キャラの印象も強くなっているわけです。
個人的には、本筋とずれますが、
秀吉とねねの夫婦漫才は楽しかったですね。
一人元気な棘は見ているだけで嬉しくなりますし、
濃姫のお茄子は、人気投票やったら誰か絶対入れるだろと思いますし、
適度に笑えるところがあるのも相変わらず良かったですね。

このようなキャラの表現を直接担うのがテキストであり、
本作は癖もなく誰でも楽しめると思います。
エロゲテキストの場合、大抵は個々人の好みの範疇におさまるので、
私はテキスト云々はあまり言わないようにしています。
しかし本作は、くどくせずシンプルに書いているのに、
それでもこちらが涙を流しそうになったことからすると、
上手いと言わざるをえないのでしょうね。
年月が経とうとも完成させようとする、
作者の作品に対する愛情はひしひしと伝わってくる、
そして朔姫たちが本当にいるかのように丁寧に描写を重ねている、
でも、それらがくどくなって空回りしないように、
無駄は削ぎ落してシンプルにできるところはシンプルにする。
それって、言葉にすることは簡単だけれど、
なかなかできることではないですからね。
本当に良く出来ていたと思います。

さて、朔姫に異変をもたらした原因も分かったことで、
全体のストーリーも大きく進展しました。
朔姫は今後どうなるのか、
前作までの中心だった柚々や蕗姫はまた絡んでくるのかなど、
気になる点もまだまだ残っているのであり、
できるだけ早く続きが読みたいものです。

<グラフィック等>


このシリーズ、初代が発売された頃は、
高品質なCGに音声付きの同人ノベルということで、
それだけでも珍しかったものです。

ただ、1作目から7年になりますし、
その間に周りの同人ゲーもレベルアップしましたからね。
本作のCGや音声は相変わらず良かったのですが、
その部分だけを切り取って判断した場合、質だけでいうならば、
相対的には前作ほどのアドバンテージはないのでしょう。

もっとも、ゲームにおいては、
絵や音はそれぞれで分離しているのではなく、
テキストとの相乗効果により何倍もの効果を生み出せます。
本作では、蔓の最後のシーンのように、
ストーリーと相まって凄く印象的な場面もあり、
一枚一枚の絵のインパクトは十分にあります。
また、今回は基本CGも30枚以上あります。
この枚数は価格からすれば十分に多い量といえますので、
グラフィック等の総合的な満足度という観点でも、
十分と言えるのでしょう。

<総合>


本作単独で見ても、十分に名作と呼べるでしょう。
初期値をどこに設定するかで点数は人により異なるでしょうが、
1よりも2、2よりも3と、
作品ごとに面白くなっていっているとの印象は、
おそらくプレイしたほとんどの人が共通すると思います。

ストーリーでこれだけ楽しめた作品も久しぶりなので、
そういう意味では傑作扱いでも良かったのかもしれませんが、
まだ作品の途中であること、技術的な進化等は少ないことなどにより、
傑作評価は完結編にとっておきたいと思います。

かつて、マリみてファンたちの間で、
「レイニー止め」という言葉が生まれました。
今私は、その時と同じ気分になっているのであり、
なおかつ、レイニー止めの時以上に、
今後待たされることも確実なのでしょう。
古参の商業エロゲファンは、
『ランス10』が発売されたら引退するという人も結構います。
私も、商業のフルプライス作品は、
遅くとも来年には発売されそうな『ランス10』が発売されたら、
もう未練はないように思いますし、
引退するんじゃないかなと思っています。
しかし、同人は別でして。
少なくともこの戦国の黒百合シリーズが完結しないうちは、
引退したくともできないでしょう。
できれば私のゲーマー寿命が尽きる前に、
完結編が発売されることを望みます。

ランク:A(名作)



関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「2017」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

今回も期待以上に面白い作品でした。

ストーリーの優れた作品はいろいろ有りますが、ここまで各キャラクターの行動理念が練られてて、心の移り変わりをしっかりと描いた作品って、意外とほとんど無いんじゃないかと思います。

作者のそーびさんの作品を届けたいという想い、キャラクターに対する愛情が高まった結果だと考えると、前作からの長い期間も待ったかいが有りました。

タイトルにもあるように、「戦国」「百合」「ふたなり」という要素もかなり自然に組み込まれて、それぞれが必要不可欠なものとなっていますね。

まさにアダルトゲームだからこそ成立できる作品であって、巷に蔓延っているような、少年漫画にエロを足してゲームにしたような作品とは一線を画してますし、本作のような作品こそアダルトゲームの名作として語られるべきだと思います。

このシリーズの完結は絶対に見届けたいですね。

発売前は、もう何年も前の作品だしストーリー忘れちゃったよ、その状態で楽しめんのかなとか思ったものですが、キャラがしっかりしているから、そんなことも関係なくす~っと入っていけたんでしょう。

書き出すと長くなりそうだし、あんまり長く書くと愚痴っぽくなりそうなのでここでは書きませんが、端的に言うなら、こういうのこそアダルトゲームの名作として語られるべきなんですよね。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3245-c8d6316f
| ホームへ戻る |