『妻の肉穴にホームステイするマッチョ留学生』

『妻の肉穴にホームステイするマッチョ留学生』

『妻の肉穴にホームステイするマッチョ留学生
~出張中のその裏で、妻は黒光り棒から溢れるほどの白濁を注がれ、
悦びに満ちたアクメ顔を晒していた~』は2017年にWIN用として、
ANIM.teamMMから発売されました。

今回はちょっと進化した感じですかね。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
大崎家では何度か留学生のホームステイを受け入れていた。
友人の紹介により、今回は長期間のホームステイを受け入れることに。
そしていよいよ留学生の青年がくる。
彼の風貌は筋肉隆々で長身であった。
でもその見た目とは裏腹に、挨拶も良くでき、真面目な子だった。
一方──
妻の明愛は風呂あがりに彼の裸を目撃し、その巨根を目にしていた。
そんな中、夫の享は長期の出張が決まる。
そうして妻と娘と青年の3人を残し、少しばかりの不安を残しつつも、
出張へと赴く。しかし、その裏で行われていた青年の行為の変化を、
享は知る由もなかった……
彼の欲望は徐々に過激になっていき、やがて……

<グラフィック>


まずは良かった点から。

ANIMの作品は、2年くらい前から、
AfterEffectsによるHアニメーションと、
E-moteによる立ち絵モーションを搭載しています。
そのため、他所の同系統作品よりも見た目は優れているのですが、
ここ最近の数作には、進化を感じられませんでした。
単にキャラを代えただけって感じだったんですよね。

本作にもHアニメとE-moteによる立ち絵はあり、
これらについては特に進化はしていません。
そのため、使われていないよりは良いけれど、
これらを上手く使いこなしているブランドよりは劣るので、
大きな長所にまではなりえないと。

むしろ本作で驚かされたのは、それ以外の部分でして。
立ち絵をシーンに合わせて表示させるというか、
キャラをカットインとして用いるというか、
言葉での表現方法はいろいろあるのでしょうが、
とりあえず同人のVENUSとかがやっている手法を、
本作でも少し取り入れていまして。
それにより、シーンとしてきちんと描かれている箇所が増え、
臨場感が増しました。

このブランド独自の魅力と呼べるほどには洗練されていないので、
大きな長所とまでは至らないのですが、
それでも進化を感じられたことは良かったです。

<感想>


問題があるとすれば、ストーリーの方なのでしょう。
まぁ、良くも悪くも寝取られ(NTR)のテンプレな流れなので、
それで全然構わないというのであれば、
無難に楽しめるとは思いますけどね。

NTRゲーも数が増えることで、テンプレ的な流れができてきました。
その一つとして、最初に主人公視点で描き、
その後にヒロイン等の視点で描くものがあります。
その構造自体は特に是非はないのでしょうが、
問題はその主人公視点の中身でして。
どうにも、主人公視点で中身のない作品が増えているようで、
最近はずっとそれが気になっていました。
単にヒロイン視点部分を伏せるだけならば、
そんな主人公視点は不要だと思うのです。
主人公視点でも楽しめる要素があれば良いのですが、
普通に会社に行って普通に帰ってくるだけでは、
読んでいてすぐに飽きてしまいます。
本作も同様であり、主人公視点は読んでいてつまらなかったです。

これがまだ同人であれば、プレイ時間も少ないので、
苦痛な時間も少しで済みますけどね。
しかし、同人と同じ構造を商業フルプライスでやられると、
単に苦痛な時間が増えるだけであり、作品のバランスも悪くなります。
つまりかかる構造は、同人だから許される構造でもあるのです。

<総合>


よくあるテンプレ同人NTRゲーをフルプライスでやった作品であり、
規模が大きくなったことで、
これら同人ゲーの欠点までもより際立ってしまったと。
そのため、ストーリーだけなら凡作もありえたのですが、
停滞していたグラフィックに進化の跡がありましたので、
総合では佳作というところでしょうか。

グラフィックで進化できたように、
次作ではストーリーでも進化してもらいたいものですね。

ランク:C(佳作)



DL版


関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「2017」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

NTRだったらホモとかないと新鮮味ないかも。
あと白人でヘアがあるのは結構珍しいかも。
剃ってる人多いし。
以前あった黒人なのに陰毛や体毛が直毛よりはマシだけど。
あっちはそれ以外は名作でしたがw

> NTRだったらホモとかないと新鮮味ないかも。

今年は、原点回帰というか温故知新というか、新しいわけではないけれど、なるほどな~と思えた作品もありましたし、ある種の発見はできたNTRゲーが出ていますね。
その一方で、最大公約数的な構造の作品も増えており、その点は危惧していますが。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3241-6b572345
| ホームへ戻る |