『あきゆめくくる』

『あきゆめくくる』

『あきゆめくくる』は2016年にWIN用として、
すみっこソフトから発売されました。

らしさは残っているのだけれど、
いろいろ勿体ない作品でしたかね。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
人工的なDNA【XNA】を組み込まれた、
普通の人間とは違う能力を持つ人々が住む近未来。
その中でも、政府から特別に危険と判断された6人の少年少女
……つまり僕らは、
とある都市に新設された学園に通わされることになった。
政府から僕らに突きつけられた軟禁を解くための条件は、学園からの卒業。
頑なに秘密とされている『ルルラン学園』からの卒業条件。
数々の手がかりを探し出して、僕らはひとつの推測を導き出す。
その条件とは、【ラブコメ】すること。
偶然女の子のパンツを見ちゃったり?
パンをくわえた登校中の女の子とぶつかる?
一緒にお弁当を食べたり、変な性格の妹がいたり?
【ラブコメ】っていったい、なんだろう?
人間以外の全てが同じ1日をループし続ける、
狂ってしまった世界を舞台に、
今世紀最初で最後の『量子力学ラブコメディ』の幕が上がる!

<感想>


今回は短評で。

量子力学ラブコメディとあるだけあり、
SF仕立ての作品になっています。

もっともSF分はおまけであり、
基本は下ネタ混じりのラブコメになります。

このシリーズ、結局ストーリーに関して言えば、
「はるまで、くるる。」が一番良かったかなぁ。
だんだんストーリー性が希薄になってる感じ。
まぁ、そのかわりに、キャラが強調されているので、
一概にどっちが良いとは言えないのかもですが。

ただ、このライターのファンが何を求めているかなんですよね。
もちろん、いろんな人がいるんだろうけれど、
ストーリー性を求める人の方が多いのではと、
個人的には思ってしまうわけでして。
そうなると、ちょっと方向性がずれてしまったのかなと。

<総合>


ライターの持つ独特のノリや世界観は健在であり、
決して悪い作品ではないので、
過去作を知らなければ十分に楽しめるようにも思います。

ただ、過去作をプレイしつつ、ストーリー性を求める人だと、
あえてやるまでもなかったかなみたいな感じでもありまして。

セールスを考えれば、
万人向けにキャラ重視も混ぜた方が良いのだろうけれど、
このライターは固定ファンもいて、
既にベテランの域に入っているわけで、
もっと自由に暴走させてあげても良かったのではと、
個人的には思ってしまいますね。

ランク:D(凡作)



DL版



関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


缶詰少女ノ終末世界        母爛漫      クダンノフォークロア
カテゴリ「2016」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3240-b5ad052a
| ホームへ戻る |