<日記> 戦国の黒百合シリーズ最新作発売など

<日記> 戦国の黒百合シリーズ最新作発売など

戦国の黒百合シリーズの最新作、
『戦国の黒百合~ふたなり姫と忍ぶ少女達~』が、
5年ぶりに発売されました。

いや~長かったですね。でも、待った甲斐はありました。

<戦国の黒百合シリーズ>


1作目が2010年、2作目が2012年、
そして3作目が5年の歳月を経て、
7月20日に遂に発売されました。

5年は長いですよね。
前作発売時には高校生だった人が、
今はもう社会人になるわけですから。
だからシリーズ自体知らないって人もいるだろうし、
シリーズのファンであっても、期間があいたことで、
不安に思っていた人もいたでしょう。
しかし、そんな心配は杞憂に終わり、
3作目もとても面白い内容になっています。
したがって、まだ未プレイの人で、ストーリーを重視する人には、
ぜひともオススメの作品です。
もちろん、過去作のファンならば、絶対に楽しめます。

因みに私の評価は、順にA-、A、Aで、
いずれも名作扱いになります。
作品が出るごとに面白さが増しており、
完結編が今から待ち遠しいです。

まぁ、ここで私がオススメと言うのには理由があって、
一つは単純に、この素晴らしいシリーズを、
より多くの人に知ってもらいたいってことです。
もう一つは、むしろこっちが本音でもありますが、
マリみてでいうところの「レイニー止め」な気分を、
つまり、おい続きどうなるんだよ、早よ続きを・・・って気持ちを、
皆で分かち合いたいってことなのですw
3作目は、久しぶりに胸が痛くなるような作品で、
この気持ちを他の人と共有したいわけですよ。

いずれにしろ、この作品が完結するまでは、
少なくとも同人ゲーは引退できないでしょうね。

1)戦国の黒百合~ふたなり姫と隷属の少女~


2)戦国の黒百合~ふたなり姫と敵国の姫君~


3)戦国の黒百合~ふたなり姫と忍ぶ少女達~


パッケージ版(1~3同梱)


<2017夏アニメ>


2017年夏アニメが始まりました。
私はスタートダッシュで失敗してしまい、
ほとんどの初回放送を見損なってしまったことから、
今期はほとんど見ていません。
何かこれは見ておけってのがありましたら、
誰か教えてください。

さて、そんな中、今期の完全新作で見ているものが、
1本だけあります。
それが『ボールルームへようこそ』です。
予算が足りないのか、アニメは全然動いておらず、
あまり見る必要性を感じられないのですが、
これは原作は面白いのではと思いまして。
それで原作の方を読み始めたのですが、
予想通りに面白いですね。



関連するタグ 


美少女万華鏡 -理と迷宮の少女-  Root Film   Summer Pockets REFLECTION BLUE
カテゴリ「その他・雑記」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

戦国の黒百合、まさに待望の新作ですね。
戦国の黒百合やその他最近の気になったゲーム等について、少々語らせてもらいます。

・戦国の黒百合 ~ふたなり姫と忍ぶ少女達~
前作から5年という長いスパンにも関わらず、作品の世界にスンナリと入っていけて、一気に楽しめました。ストーリー・キャラの魅力ではダントツの作品でした。こんなに続きが待ち遠しいと感じられる作品に出会えたことが嬉しいですね。この気持ちはマリみてのレイニー止めに似てますねw

・fault - SILENCE THE PEDANT
先日体験版をプレイしましたが、2作目で見せた演出の進化に更に磨きがかかっており、こちらもぶっちぎりの面白さでした。予定通り年末に発売されれば、個人的に戦国の黒百合と合わせて、2017年の1・2位を独占しそうな勢いです。

・面影レイルバック
こちらも体験版をプレイしましたが、ハイクオソフトの過去作に比べて、テキストのテンポが悪くなっており、ストーリーも辛気くさい話の割合が多いため、あまり楽しめませんでした。よつのは、さくらさくら、ひとなつの、と過去作はどれも楽しくプレイできただけに、今回初めて微妙に感じたことが残念でした。

・タンテイセブン
こちらは体験版が面白く、発売日に買ったのですが…。katanさんも本作はプレイ済みと思いますが、数年に1本あるかないかの悪質な作品でした。発売前の期待と発売後の落差がヒドかったです。

・その他期待作
パープルソフトウェア最新作「アオイトリ」がスゴい楽しみです。スタッフも前作「アマツツミ」の好評に慢心せず、新しく挑戦しようという意気込みを感じられるので、かなり期待してます。あとはもうすぐSMEEの新作発表があるので、どんな作品なのか気になります。

・夏アニメ
とりあえず「NEW GAME!!」と「サクラクエスト」の2クール目を見てます。春アニメは面白い作品が多くて楽しめましたが、夏アニメはそうでもない感じです。最近はweb小説原作の作品が増えて、ヒドいものが特に多いような…。katanさんが以前の日記で紹介されてた「捏造トラップ」の原作は面白いですが、アニメは15分の枠でガッカリでした。「ボールルームへようこそ」は題材に惹かれましたが、アニメはいまひとつに感じたので、原作が気になってきました。

・余談
最近のマイブームが、今まであまり見てなかった昭和のロボットアニメを見ることなのですが、ガンダムを始め、イデオン、マクロス、ボトムズなど名作揃いでかなりハマってます。何か他にオススメなど有れば教えてもらいたいです。

長くなってしまいましたが、乱文失礼しました。

今期だと、個人的にはゲーマーズ!推しですね。
気に入ったので原作も読んでる途中なんですが、勘違いすれ違いモノのラブコメで中々面白いですよ

> ・戦国の黒百合 ~ふたなり姫と忍ぶ少女達~
> 前作から5年という長いスパンにも関わらず、作品の世界にスンナリと入っていけて、一気に楽しめました。ストーリー・キャラの魅力ではダントツの作品でした。こんなに続きが待ち遠しいと感じられる作品に出会えたことが嬉しいですね。

私自身は、たぶん4年くらい前にプレイしたような気がするので、発売日に買ってプレイした人よりは待つ時間は少なかったかと思うのですが、それでも長かったですね。総合ではfaultとかもあるので、何とも言えませんが、ストーリーとキャラに関しては、今年これ以上に楽しめる作品は出て来ないのではとすら思っています。本当に続きが待ち遠しい作品です。


> ・fault - SILENCE THE PEDANT
> 先日体験版をプレイしましたが、2作目で見せた演出の進化に更に磨きがかかっており、こちらもぶっちぎりの面白さでした。

私は体験版はぷれいしていないのですが、紹介を見た限りだと、P&Cの要素も加わってくるんですかね。そうであるならば、個人的にはますます期待したいところでもありますが。


> ・面影レイルバック
> こちらも体験版をプレイしましたが、ハイクオソフトの過去作に比べて、テキストのテンポが悪くなっており、ストーリーも辛気くさい話の割合が多いため、あまり楽しめませんでした。

このブランドの良い所の一つは、粗が気にならなくなるほどのテンポの良さにあると思うので、テキストのテンポが悪くなっているというのは、気掛かりですね。


> ・タンテイセブン
> こちらは体験版が面白く、発売日に買ったのですが…。

嘘屋さんの作品の懸念していた部分が、悪い意味で当たってしまった感じですね。嘘屋さんは、マニアックなジャンルでは、本当に素晴らしい作品を作ることもあります。しかし、注目を浴びた作品で、ことごとくこけている印象でして。そのため、いまいち知名度が伸びきれないように思うのです。


> パープルソフトウェア最新作「アオイトリ」がスゴい楽しみです。

パープルソフトウェアは、前作が良かったので、最新作にも期待したいですね。


> ・夏アニメ

「捏造トラップ」は、原作は面白いですが、アニメは短くて中途半端なので、すぐ見なくなりました。
「ボールルームへようこそ」も原作は面白いですが、アニメで何かプラスアルファがあるわけでもないですし、原作読んだらもうアニメは不要かもです。
今期のアニメは、面白い原作を知るためのきっかけにはなるけれど、知ってしまえばアニメ自体は見る必要がなさそうなのが多い感じですかね。
あと、今期は「セントールの悩み」もあって、これも原作は良くできているのですが、アニメ化以前に私は感想を書いていましたし、プラスアルファも少なそうなので、結局見ていません。


> ・余談
> 最近のマイブームが、今まであまり見てなかった昭和のロボットアニメを見ることなのですが、ガンダムを始め、イデオン、マクロス、ボトムズなど名作揃いでかなりハマってます。

ガンダムには異常なほどハマっていましたね~
他のロボットアニメも見てはいたはずなのですが、何十年も前に見たものですし、今はあまり記憶に残ってない感じですかね。
またいつか見てみたいものです。

> 今期だと、個人的にはゲーマーズ!推しですね。

ゲーマーズ!ですか。
放送開始前にはチェックしていたのですが、結局見れてないですので、今度チェックしておきます。
ありがとうございます。

faultの体験版で確認できた新しい追加要素について少し補足します。
画面上を探索するP&C部分(ここではアイテムの入手、アイテムの使用もできます)、街の全体図から移動先を選択するマップ移動画面、現実のLINEみたいにやりとりする通信クラフトでの会話画面など、所々でプレイヤーの介入できる部分が有ります。

情報ありがとうございます。
体験版をプレイしていなかったので、助かります。
いろいろ必要なところに必要なものを取り入れようとしているようで、その姿勢は私の非常に好むところであり、ますます期待したくなりますね。
もっとも、当然のことではありますが、いろいろ入れて、それが実際に面白くなるかは別問題ですけどね。気になったので、自分もプレイしてみたいと思います。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3239-0c0cc1c5
| ホームへ戻る |