『課外授業 -私立白麗女子学園-』

『課外授業 -私立白麗女子学園-』

『課外授業 -私立白麗女子学園-』は2017年にWIN用として、
BISHOPから発売されました。

良い意味でも悪い意味でも、らしくない作品といった感じでしたね。



<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
名門『私立白麗女子学園』で体育教師を勤める主人公は、
父親の命令により学園長の娘である一条咲耶との婚約を
強制的に結ばされた。
親の利害のためだけに取り決められた、
当人には納得のいかない婚約ではあったが、
主人公はある目的を達成させるためにこの縁談を承諾する。
その目的とは、自分が気に入った女を凌虐・調教し、
身も心も捧げてくるような牝奴隷に堕とし『支配者』となるという、
邪悪かつ淫猥な野望を果たすことだった。
すでに奴隷にした長谷部由麻を手駒とし、
得物に選定した四人の女子学生を支配してやろうと主人公は動き出す。
最初の標的は、自身の許嫁となった一条咲耶だった――

<感想>


まずは、個人的に良かった点から。
BISHOPは、原画は良いなと思えても、
無駄に濃い塗りが原画とマッチしておらず、
それで損をしているようなところがありました。
本作はそういう部分がなく、普通の塗りでしたので、
抵抗なく楽しめました。

次に、これは賛否分かれるかなというところですが。
今回は原画が二人います。
方向性も異なりますので、雰囲気が明らかに違います。
気にならない人は大丈夫でしょうが、
どちらかに違和感を覚えてしまうと、
楽しめる割合も半減してしまうのかなと。

他方で、プレイしていて気になった点ですが。
内容自体は、いつものビショップとあまり変わりません。
長くゲームを作り続けているブランドですし、
今回も水準以上の内容は有していると思います。
ただ、なんかボリュームとか全体的に、
過去作よりこじんまりとした印象を受けました。
このブランドは、細かなシステム周りなど、
少しずつでも進化を感じさせてくれていたのですが、
最近の作品には特に進化を感じられず、
それどころか本作ではパワーダウンしているように感じます。
ブランド全体としても、なんだかピークを過ぎて、
現在は下降しているような印象を受けるのです。

<総合>


総合では凡作でしょうか。

好きなキャラがいれば、それなりには楽しめると思いますけどね。
他所の抜きゲーとかと比べれば、
システム周りとかも充実していますから。
ただ、ブランド過去作よりトーンダウンしているように見えるのが、
今後のことを考えると、少し気になってしまいますね。

ランク:D(凡作)



DL版


関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「2017」内の前後の記事
トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/3234-d91a0d74
| ホームへ戻る |